SEMとSEOとの違いとは?SEMが効果的な場面と分析ツール

study

SEMとは

今回は、リスティング広告やSEOなど様々なWebマーケティング施策で用いられるSEMについて解説します。

SEMとは

SEMとはSearch Engine Marketingの頭文字をとった略称です。

日本語に訳すと「検索エンジンから自社ホームページへの来訪者や購入を増やすマーケティング手法」のことです。

検索連動型広告ともいわれています。

SEMとSEOの違い

SEMと混同しやすい単語にSEOがありますが、Webマーケティング初心者にとってはSEMとSEOの違いがわかりにくいかもしれません。

その違いは何かについて説明していきます。

SEM:Yahoo! JAPANやGoogleなどの検索エンジン全般から、ユーザーを自社のwebサイトに呼び込むことを目的としたマーケティング手法

SEO:Yahoo! JAPANやGoogleなどの検索エンジンの検索結果の上位に表示させたり、より多く露出させるマーケティング手法

SEOをSEMと並列した言葉だと認識されている方もいるかと思いますが、それは間違いです。

上記のようにSEOはSEMのマーケティング手段の1つであり、SEMはSEOやリスティング広告を含む上位的概念のことを意味しています。

費用面でも違いがあります。

SEOでの集客に対しては費用は発生しないのに対して、SEMの場合は広告であるため有料となります。

SEMの活用が効果的な場面

▶︎ 「いますぐ情報が欲しい!」というような顕在化したニーズに対して直接的にアプローチが可能です。

検索ボリュームの多いワードに網を張り、しっかりとユーザーをサイトへ誘導することができます。

▶︎ 検討期間の長い商材については、Yahoo! JAPANやGoogleディスプレイ広告が有効です。

広告主のサイト以外の広告枠に出稿出来るため、商品・サービスについて検討段階にあるユーザーを行動段階に引き上げることが可能です。

SEMの分析ツールを紹介

SEMの仕組みを説明したところで、最後にSEMを分析するにはどんなツールが用いられているのかパターン別で種類を紹介します。

自社分析ツール

・Google Analytics

サイトの流入数や現在のサイトを閲覧しているユーザーの数など、トラフィックの分析が可能。

・Google Search Console

オーガニック検索(自然検索)の掲載順位・クリック率(CTR)を調べることが可能。Google Analyticsとの連携が可能なので、より詳細な分析ができます。

競合分析ツール

・SimilarWeb

対象サイトを入力するとその類似サイトの流入パターン等を分析・推測。ツール内に反映することが可能。

キーワード分析ツール

・キーワードマニア

暗号化されたキーワードさえも可視化して分析が可能。