SWOT分析とは

study

SWOT分析(スウォット分析)とは

事業環境を「Strength:強み」「Weakness:弱み」「Opportunity:機会」「Threat:脅威」という4カテゴリに分類することで、戦略の策定を行う際に用いられる事業環境分析フレームワークの1つです。

分類の方法として「内部要因」「外部要因」と「好ましい傾向:プラス要因」と「好ましくない傾向:マイナス要因」の四象限のマトリックスに分けるかたちになります。

  • 「Strength:強み」:内部要因*好ましい傾向:プラス要因
  • 「Weakness:弱み」:内部要因*好ましくない傾向:マイナス要因
  • 「Opportunity:機会」:外部要因*好ましい傾向:プラス要因
  • 「Threat:脅威」:外部要因*好ましくない傾向:マイナス要因
SWOT分析

内部要因・外部要因とは

内部要因については、自社でコントロールできる環境要因のことをさします。

強みと弱みを分析する際にはVRIO分析を用いることもあります。

VRIO分析とは「Value:経済価値」「Rarity:希少性」「Inimitability:模倣困難性」「組織:Organization」の4つの単語の頭文字をとったものになります。

外部要因については、「人口動態」「経済」「政治」「文化」「技術」などのマクロ環境要因や「供給業者」「仲介業者」「顧客」「競合他社」「その他ステークホルダー」などのミクロ環境要因に分類されます。

マクロ環境要因の分析ではPEST分析というものもよく用いられます。

PEST分析は「Political Environment:政治法律」「Economic Environment:経済」「Social Environment:社会」「Technological Envionment:技術」の4つの頭文字をとってるマクロ環境分析で使われるフレームワークの一種です。

またミクロ環境要因の分析では3C分析「Consumer:顧客/市場」「Conpetiter:競合」「Company:自社」も用います。

3C分析であれば、「Consumer:顧客/市場」「Conpetiter:競合」が外部要因、「Company:自社」が内部要因になります。

好ましい傾向(プラス要因)・好ましくない傾向(マイナス要因)

様々集めた情報を、プラスかマイナスかを判断する軸となります。

このプラスやマイナスについては、事業内容や市場環境、時代の変化によっても「プラスなのかマイナスなのか」が常に変化します。

これらに留意しながら分析を行います。

事実と解釈

3C分析やPEST分析は、事実を収集して整理するという役割を持ちますが、SWOT分析は「好ましい傾向:プラス要因」と「好ましくない傾向:マイナス要因」という解釈が加わる点が異なります。

この事実に対する解釈が、他社との戦略の差別化に繋がるという点を理解するとSWOT分析が有効に利用することができるようになるでしょう。

SWOTを掛け合わせる

 強みと機会:会社の強みを生かしどのように機会を最大限に活かせるのかを考えます。

 強みと脅威:強みを活かし脅威を避ける、もしくは脅威を機会に変えられるかを検討します。

 弱みと機会:機会を活かして弱みを克服する戦略を考えます。

 弱みと脅威:こちらは撤退を視野にいれ、いかに脅威からの影響を抑えるのかを考えるべきポイントです。

まとめ

SWOT分析は、事業環境分析でのマーケティングミックス策定の最終準備段階で用いられることが多いです。

基本的には、事業環境分析は外部から内部へ分析を行い、事実から解釈を導きます。

よってマクロ環境からミクロ環境に関する情報を収集し、それらの事実に独自の解釈を加えることで戦略策定に結びつけるものになります。

ですので、PEST分析を行い3C分析を行なってから、SWOT分析を実施するという流れで利用されることが多いものになります。