5フォース分析とは

study

ファイブフォース分析とは

ファイブフォース分析とはマイケル・ポーターが「競争の戦論」の中で提唱した「売り手の交渉力」「買い手の交渉力」「競争企業間の敵対関係」「新規参入業者の脅威」「代替品の脅威」という5つの要因がその業界における収益性を決めるというものです。

ファイブフォース

1:売り手の交渉力

売り手の交渉力とは、原材料や部品などを調達する際の売り手に交渉力があるか、という分析です。

売り手に強い交渉力があった際には、原材料調達費が高騰するため収益性が低くなります。

2:買い手の交渉力

商品を購入する顧客に交渉力があるか、という分析です。

買い手が強い状態の場合、値引き交渉などにさらされ収益性が低くなります。

3:競争企業間の敵対関係

業界内の競争に関する分析です。

競争状態が激しければ収益性は低くなりえます。

4:新規参入業者の脅威

新規参入業者に関する分析です。

新規参入者が多ければ、競合企業が増える可能性があり、

競争状態が激しくなった場合に、収益性は低くなりえます。

5:代替品の脅威

既存製品以外の製品が現れた場合に関する分析です。

自社製品以外でユーザーのニーズを満たす商品が出てきた場合に、業界内の収益性が下がる可能性があります。

ファイブフォース分析の利用方法

環境分析は外部から内部が基本になります。

PEST分析3C分析などを行い、市場を明確にした際に、ファイブフォース分析を用いてその市場や業界における収益性を確認したり、自社の収益性が高くなるような戦略を策定する際に用いられます。

また市場や業界は常に変化をしていくため、ファイブフォース分析は常に最新のものを計測すること、またその変化を観測しておくことが重要になります。