EFOとは

study

EFO(イーエフオー)とは

EFOとはEntry Form Optimizationの頭文字をとったもので、入力フォーム最適化という意味になります。

EFOがなぜ注目されているのでしょうか。

それはエントリーフォームを改善することで、Webサイトの目的が達成されやすくなるからです。

なぜならエントリーフォームページのエントリーフォームが原因でユーザーが離脱することが実際にあるからです。

例えばWebサイトの目的が「サイトの会員登録」「資料請求」などであった場合、ユーザーにエントリーフォームに情報を入力してもらうことが目標になってくると思います。

しかし、ユーザーがエントリーフォームでの入力にもたついたり、面倒を感じたりした場合、エントリーフォームを閲覧したのちに、ユーザーはそのWebサイトを離脱をする可能性があります。

そういったエントリーフォームが原因となる離脱率を下げることを目標にする行為をEFOと言います。

EFOの事例

EFOに関しては「作業を減らす」「ゴールを明確にする」「わかりやすくする」ということがポイントです。

  • 入力項目を減らす
  • フォームを段階に分けて登録させる
  • 入力項目の個数を明示し入力された場所をカウントする
  • 入力アシストをしてあげる
  • フォーム入力に特典をつける
  • 入力済項目と未入力項目をわかりやすくする
  • フォームでの入力間違いをその場でわかりやすく指摘する

などがあげられます。

フォームを改善するだけでも、Webサイトのコンバージョン率が向上することがありますので見直してみるとよいでしょう。

しかし、当然ながらエントリーフォームに情報を入力してもらうことだけがビジネスのゴールではありません。

エントリーフォームから登録されたユーザーとどのようなコミュニケーションをとっていくのかの全般を設計して最適なエントリーフォームを構築しましょう。

自社のサイトはEFOをそもそもやるべきなのか

では、自社のWebサイトがEFOをするべきなのかどうかを検討しましょう。

主にチェックするポイントは以下の3点です。

1:エントリーフォームに到達するまでの導線

「エントリーフォームに到達するまでの導線」に関しては、そもそもエントリーフォームにユーザーが到達しているのかという点です。

エントリーフォームを改善するよりも前にチェックするべきポイントです。

エントリーフォームへの導線がひかれているページでの「ヒートマップツール」の確認や、エントリーフォームへ繋がるリンクの位置や、ボタンの色、大きさなどが最適がどうかをチェックする必要があります。

エントリーフォームへの導線を設計し、エントリーフォームのページ流入の母数を増やしましょう。

2:エントリーフォームページでのサイト離脱率

「エントリーフォームページでのサイト離脱率」に関してはいうまでもありません。

サイト回遊をしているユーザー、つまりエントリーフォームページで直帰せず離脱をしたユーザーに関しては、エントリーフォームが原因で離脱している可能性が高いです。

その際には、エントリーフォームを見直してみることをお勧めします。

3:エントリーフォームページでのサイト滞在時間

「エントリーフォームページでのサイト滞在時間」については、滞在時間が長い場合でも離脱を生んでいる場合にはエントリーフォームへの入力している最中に離脱をしている可能性があります。

その際にもエントリーフォームの改善を行う必要がでてくるでしょう。

フォーム離脱率の計算方法

フォームの離脱率については以下の計算式で計算することができます。

エントリーフォームページがセッションの最後のページになった回数÷エントリーフォームページのすべてのページビュー数