アーンドメディアとは

study

アーンドメディアとは

アーンドメディアとは、企業によって直接生成されず、ジャーナリストやインフルエンサー、フォロワーなどによって生成されるメディアのことです。

企業は、自身でそのメディア生成に関わらず、他の個人や企業などに金銭などの報酬は提供しない形で作られていきます。

アーンドメディアという概念を理解するためには、トリプルメディア戦略というものを理解しておくとよいでしょう。

アーンドメディア

トリプルメディア戦略とは

企業がWebマーケティングを展開する上でとるべきメディア戦略のことで、オウンドメディア、アーンドメディア、ペイドメディアの3つのメディアを総称しトリプルメディアと呼ばれています。

2009年の時点で日本においても「トリプルメディア」というキーワードは普及していきました。

なぜトリプルメディアという言葉が普及したのでしょうか。

またその重要性はなんでしょうか。

トリプルメディア普及の背景

トリプルメディアが注目された背景には企業のWebメディア戦略へのニーズ拡大があったといえます。

これまで企業とユーザーのコミュニケーションは、マスメディア(テレビ、新聞、雑誌など)から発信される形でのマスコミュニケーションが一般的でした。

しかし、インターネットが普及する中で企業がWebサイトを持つことが当たり前の時代になり、Webサイトを起点としたマーケティング、いわゆるWebマーケティングが急拡大する中で、マスメディアに代わる「トリプルメディア」という観点から、象徴的な言葉として浸透しました。

「オウンドメディア」「アーンドメディア」「ペイドメディア」と呼ばれる、特徴の異なる3つのメディアに関して、うまく組み合わせることで企業とユーザーの適切なコミュニケーションをとるべきと考えるのがトリプルメディア戦略です。

・オウンドメディア(Owned Media)

オウンドメディアとは、企業が企業自身で生成するタイプのメディアです。

例えば、企業のホームページや、企業のSNSのマイページ、企業ブログ、などがあげられます。

こちらで解説:オウンドメディアとは / エクスコア Webma

・ペイドメディア(Paid Media)

ペイドメディアは、企業が媒体側に金銭を支払い掲載するタイプのメディアです。

リスティング広告や、SNS広告、広義ではマスメディアによるマス広告もペイドメディアになります。

こちらで解説:ペイドメディアとは / エクスコア Webma

・アーンドメディア(Earned Media)

アーンドメディアとは、企業によって直接生成されず、ジャーナリストやインフルエンサー、フォロワーなどによって生成されるメディアのことです。

TwitterやFacebookなどはアーンドメディアに含まれます。

・シェアードメディア(Shared Media)

2012年頃から提唱されたものでSNSなどでシェアされる形で拡散するタイプのメディアをシェアードメディアと呼びます。

もともとはアーンドメディアに分類されているものでしたが、シェアードメディアに切り離される形となりました。

こちらで解説:シェアードメディアとは / エクスコア Webma

POEMとPESO

トリプルメディアの呼称は日本独自のものです。

欧米では、POEM(ポゥム)やPESO(ペソ)の呼称が用いられます。

POEMは、「Paid」「Owned」「Earned」Media の頭文字をとっており、日本における「トリプルメディア」と同じ意味合いを持ちます。

対してPESOモデルは「Paid」「Owned」「Earned」に「Shared」が組み込まれたモデルになっています。