トリプルメディアとは

study

トリプルメディアとは

トリプルメディアとは「オウンドメディア」「アーンドメディア」「ペイドメディア」の3つのメディアを組み合わせて企業とユーザーとのコミュニケーション戦略を構築する考え方のことです。

2009年頃から日本でも提唱され始めた概念で、マスメディアにおけるマス広告に対抗するような概念として象徴的なものでした。

トリプルメディア

オウンドメディア(Owned Media)

オウンドメディアとは、企業が所有し企業の統制下で運営するメディアのことです。

例えば、企業のホームページや企業のSNSアカウントやマイページ、企業のブログなどがあげられます。

こちらで解説:オウンドメディアとは / エクスコア Webma

アーンドメディア(Earned Media)

アーンドメディアは企業が直接生成・運営しない、ジャーナリストやインフルエンサー、フォロワーなどによって生成されるメディアのことです。

またその際には、企業はメディアを生成する側には金銭などの報酬は送りません。

こちらで解説:アーンドメディアとは / エクスコア Webma

ペイドメディア (Paid Media)

報酬を支払い広告をしてもらうタイプのメディアです。

検索エンジンの検索結果に表示されるリスティング広告や、TwitterやFacebookなどのSNS広告などはペイドメディアにあたります。

広義にはマスメディアなどのマス広告などもペイドメディアにあたります。

こちらで解説:ペイドメディアとは / エクスコア Webma

普及の背景

トリプルメディアという言葉は、マーケティングに携わる方であれば一度は聞いたことがある言葉かもしれません。

なぜこのトリプルメディアという言葉は注目・普及されたのでしょうか。

もともとは欧米でPOEMと呼ばれる戦略として提唱されたもので「トリプルメディア」という言葉は日本独自のものになります。

2009年に提唱された言葉ですが、普及の背景にあるのは「マスメディアにおけるマス広告の効果が減少してきた」というものです。

現在でもテレビCMなどのマス広告は、効果的な手法として大企業を中心に利用がされていますが、インターネットが登場する前はマス広告は企業のマーケティング活動にとっては欠かせない手段でした。

しかし、インターネットが登場してからテレビの視聴率の減少などマス広告にとっての逆風が吹き始めました。

そこで企業がWebサイトを起点としたマーケティングであるWebマーケティングが注目されるようになり、その流れの中で提唱された概念が「トリプルメディア」だったのです。

次にインターネット広告も登場当初はバブル的に広告効果が高い状況だったのですが、効果が低減しはじめます。

特にディスプレイ広告は2008年前後をピークにクリック率が低下しました。

そこで「オウンドメディア」コンテンツマーケティングという言葉と共にが注目され始めました。

またSNSなどのソーシャルメディアなどで、オウンドメディア上のコンテンツなどが拡散されるなどされるようになり、企業のトリプルメディア戦略でもシェアやバズることを狙いにいくコンテンツも登場するようになりました。

この中で「アーンドメディア」の範疇にあったSNSなどでの拡散は「シェアードメディア」として分類がされるようになりました。

トリプルメディアの現在

トリプルメディアは現在では、4つのメディアから成り立っています。

それは「オウンドメディア」「アーンドメディア」「ペイドメデイア」に加えて「シェアードメディア」と呼ばれるものです。

欧米では、POEMという名称からPESOというモデルに名称に代わり、POEMは「Paid」「Owned」「Earned」「Media」の4つの頭文字からPESOは「Paid」「Earned」「Social」「Owned」の4つの頭文字から名付けられています。