トリプルメディア戦略とは?マーケティング成功のために知っておきたい3つのメディア

study

「トリプルメディアとはどういうメディア?」「トリプルメディアはビジネスにどう活用できるの?」とお悩みではないでしょうか。

トリプルメディアは、マーケティングにおける3大メディアを総称した言葉です。

Webマーケティングのメディアについて語る場合、欠かせない言葉なのでしっかり覚えましょう。

この記事では、以下のトピックを解説します。

この記事のトピック

  • トリプルメディアとは
  • 新しいメディア戦略「PESOモデル」とは
  • トリプルメディアの活用事例
  • トリプルメディアの活用方法

トリプルメディアとは何か、活用のやり方を詳しく知りたいWeb担当者の方は必見の内容です。

ぜひ最後までご覧ください。

トリプルメディアとは?理解しておきたい3つのメディア

トリプルメディアとはユーザーが接触するメディアを3つに分類したフレームワークです。

3種類のメディアは以下3つのメディアの総称です。

トリプルメディアを構成する3つのメディア

  • オウンドメディア
  • アーンドメディア
  • ペイドメディア

3種類のメディアをうまく活用することで、売上向上・会社の認知拡大・顧客づくりを成功させやすくなります。

では、そもそも3種類のメディアとは、それぞれどのようなメディアでしょうか?

1つずつ解説していきますね。

トリプルメディアの種類1.
オウンドメディア

オウンドメディアとは自社で保有するメディアのことです。

たとえば、企業のWebサイトやInstagram等のSNS・パンフレット・ブログ・メルマガなどが挙げられます。

オウンドメディアの主な目的は、企業の顧客獲得とブランディングです。

オウンドメディアは自社でコントロールできるため、自社のターゲットに対して情報や世界観を自由に伝えることができます。

そのため、売上獲得やブランディングを目的に取り組まれるのです。

あなたも企業や商品のWebサイトを見て、商品を購入したり世界観を好きになったことがあるのではないでしょうか?

そのようにターゲットに寄り添った情報発信で、自社の売上とブランデイングに貢献するメディアがオウンドメディアなのです。

またオウンドメディアはトリプルメディアのなかで唯一、自社でコントロールできるメディアです。

そのため、あらゆるメディア戦略やマーケティング活動で軸になることが多いので、企業が注力したいメディアであると覚えておきましょう。

トリプルメディアの種類2.アーンドメディア

アーンドメディアとは、ユーザーが企業情報を他のユーザーや企業に向けて発信するメディアです。

口コミサイトやブログ、SNSでの投稿などが挙げられます。

アーンドメディアの目的は、ユーザーの力で信頼・評判を得ることです。

アーンドメディアはユーザーによって企業や商品の評価が発信されるので、企業が発信する情報よりも信頼性が高いとされています。

たとえば飲食店を探すときに、口コミサイトでお店の評価を確認したことはないでしょうか?

アーンドメディアは企業が商品やサービスの信頼性を高めてもらうためや、自社プロダクトをより良くするために使われます。

ユーザーが企業情報を発信することで、企業への信頼や評判に繋がるメディアだと覚えておきましょう。

トリプルメディアの種類3.ペイドメディア

ペイドメディアとは企業が広告費用を払い、広告を掲載するメディアです。

Web広告・テレビCM・折込チラシなどが挙げられます。

ペイドメディアの目的は企業や商品の認知拡大や売上向上です。

特に認知拡大の効果は絶大で、ユーザーの意思に関係なく広告を表示できるため、幅広いユーザーに企業や商品を一気に認知してもらえます。

この記事を読んでいる方の中にも、テレビCMや電車広告を見て、企業や商品をいつの間にか知っていたという経験がある方がいるのではないでしょうか?

認知拡大の他にも売上向上を目的に利用することもできるので、さまざまな媒体を検討してみましょう。

トリプルメディアのなかでは唯一、掲載自体にコストが発生するということもあわせて覚えておきましょう。

トリプルメディア戦略を活用するためのポイント

この章ではトリプルメディアを活用するためのポイントをメディアごとに解説したあと、3つのメディアのかけ合わせ方を紹介します。

順番は下記のとおりです。

  1. オウンドメディアの活用法
  2. アーンドメディアの活用法
  3. ペイドメディアの活用法

1つずつ詳しく見ていきましょう。

各メディアの活用方法1.オウンドメディアの活用法

オウンドメディアは顧客獲得やブランディングに効果があると前述しました。

そのため、特に顧客層を拡大したい企業や、顧客との接点をもっと増やしたい場合にはオウンドメディアの活用がおすすめです。

オウンドメディアはトリプルメディアの中で唯一、自社でコントロールできるメディアです。

コンテンツの制作費はかかりますが、広告費はかからないため、自社がメインターゲットにしたいユーザー層への認知拡大や、接点を増やしたい場合にはオウンドメディアを活用するとコストパフォーマンスも高くなりやすいでしょう。

たとえば、コンテンツSEOで集客をおこなった場合、自社商品を知っている健在そうはもちろん、自社商材を知らない潜在層にもリーチすることができます。

オウンドメディアはトリプルメディアの中でも軸になるメディアなので、まずは目的を明確にして活用しましょう。

各メディアの活用方法2.アーンドメディアの活用法

アーンドメディアはユーザー投稿型のメディアなので、客観的な評価を受けたい場合に活用したいです。

企業ではない第三者の評価をユーザーが目にすることで、商品や企業への信頼が高まり、商品を購入してもらいやすくなります。

これは心理学でウィンザー効果といい、どの企業もウィンザー効果を狙って、口コミサイトやレビュー機能があるサイトに登録して、自社商材の評価を高めようとしているのです。

あなたも飲食店を探すときに、口コミサイトで点数が高いお店を選ぶことがあるのではないでしょうか?

そのように、第三者の評価には大きな力があり、アーンドメディアの特徴ともいえるでしょう。

ただし、アーンドメディアの力はネガティブに働くこともあります。

第三者からの評価が低い場合には、購入をやめてしまったり、企業イメージを損なってしまう可能性もあるのです。

とはいえ、ポジティブな口コミがもらえれば、自社のマーケティングを大きく支えてくれる武器になるので、自社商材に関連するアーンドメディアがある場合には、ぜひ活用してみてください。

各メディアの活用方法3.ペイドメディアの活用法

ペイドメディアは認知拡大・売上向上・ブランディングに効果が期待できます

トリプルメディアの中で唯一、使用自体に費用が発生するペイドメディアは、費用が発生する分、他のメディアと比べて即効性があり、目的達成も早くできる可能性があります。

そのため、1秒でも早く成果を出したい場合には、ペイドメディアを活用することをおすすめします。

たとえば、認知拡大を目的にオウンドメディアとペイドメディアを同時に始めた場合、効果が先に現れるのはペイドメディア であることがほとんどです。

これは認知拡大に限った話ではなく、売上向上・ブランディングに関しても即効性でペイドメディアを上回ることはほぼ不可能です。

そのため、コストをかけてでも即効性を重視する場合にはペイドメディアを活用すると良いでしょう。

トリプルメディアより新しいメディア戦略「PESOモデル」

PESOモデルとはユーザーが接触するメディアを4つに分類したものです。

近年、海外のマーケティングでも新しい戦略モデルとして注目されています。

PESOモデルは下記のメディアで構成されています。

PESOモデルを構成する4種類のメディア

  • オウンドメディア
  • アーンドメディア
  • ペイドメディア
  • シェアードメディア

PESOモデルではトリプルメディアにある「アーンドメディア」を分割し、「アーンドメディア」「シェアードメディア」としました。

アーンドメディアは広報活動やPR、シェアードメディアはSNS上のユーザーによる口コミを指します。

アーンドメディアを2分割したことで、より具体的な戦略を考えられるようになります。

トリプルメディアから進化したPESOモデルも、Webマーケティングを学ぶにあたって覚えておきましょう。

【まとめ】トリプルメディアを理解して効果的なマーケティング戦略を

トリプルメディアとはユーザーが世の中のメディアを3つに分けたものです。

トリプルメディアを構成する3つの要素

  • オウンドメディア・・・自社で保有するメディア
  • アーンドメディア・・・ユーザーが企業や商品の情報を発信するメディア
  • ペイドメディア・・・費用を出して広告を掲載するメディア

3つのメディアの特徴を活用し、それぞれの不得意を補い合うことでマーケティングがしやすくなります。

「PESOモデル」はユーザーが接触するメディアを4つに分割したものです。

PESOモデルを構成する4つのメディア

  • オウンドメディア
  • アーンドメディア
  • ペイドメディア
  • シェアードメディア

トリプルメディアにシェアードメディアが加わった、新しいマーケティングの戦略モデルです。

3つのメディアを活用する際は、オウンドメディアを中心に、アーンドメディアとペイドメディアをうまく組み合わせましょう。