ペイドメディアとは

study

ペイドメディアとは

ペイドメディアとは、費用を支払って広告を掲載する媒体のことを指します。

たとえば、テレビCMなどのマス広告や、Googleなどの検索エンジンの検索結果に表示するリスティング広告、FacebookやTwitterなどのSNSに表示をするSNS広告など、すべてペイドメディアにあたります。

ペイドメディアは2009年頃から日本でも浸透を始めた「トリプルメディア」戦略の文脈で使われる言葉です。

ペイドメディア

トリプルメディアとは

トリプルメディアとは「Owned Media:オウンドメディア」「Earned Media:アーンドメディア」「Paid Media:ペイドメディア」の3つのメディアを組み合わせるメディア戦略のことです。

トリプルメディアはインターネットの普及や消費者の価値観の多様化によるマス広告の効果減少などを背景に注目された言葉になっています。

現在では「アーンドメディア」の中でも、SNSでのシェアなどの拡散は「シェアードメディア」として分離する形となっています。

ペイドメディアで重要なこと

ペイドメディアは、トリプルメディア戦略上で効果が落ちてきたという文脈で語られることが多く特に2010年前後ではその傾向は顕著でした。

しかしながら、費用を支払い広告をすること自体、企業にとってはユーザーとの重要なコミュニケーションの1つであることは間違いありません。

ペイドメディアで重要なことは、どんなサービス・製品をどの媒体にどのように広告するのか戦略を立てることです。

マーケティング計画の中で、事業環境分析を明確にし、市場の細分化・標的市場の設定・市場ポジショニングを経て、マーケティング・ミックスを考える際に4Pのバランスの整合性をとることが重要です。

ペイドメディア、つまり広告を出せば効果が出ると考えるのではなく、適切なプロモーション・コミュニケーション戦略を立てることが重要になります。