リスティング広告とSEOの違いとは?自社に合った施策の選び方

study

Webサイトへの流入を増やしたいときに、「リスティング広告」「SEO」どちらの施策を行うべきなのか疑問に思っている方は多いのではないでしょうか?

どちらも検索エンジンを利用したWeb集客の施策ですが、具体的にどのような違いがあるかをご存知の方は以外にも少ないものです。

あなたもこの記事を読んでいるということは、このような疑問や悩みを抱えているのではないでしょうか。

  • どちらの施策を行えばいいのかわからない
  • 自社に適した施策を行いたい
  • 2つの違いを明確に知りたい

この記事では、上記のようなお悩みをお持ちの方に対して、リスティング広告とSEOの違いと、それぞれの施策がおすすめのケースも紹介します。

これからWeb集客に注力して、Webからの売上を伸ばしていきたいというWeb担当者の方は、ぜひご一読ください。

 

リスティング広告とは?

リスティング広告とは、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンで検索されるキーワードに連動して表示される広告です。

具体的には、検索をした時に検索結果の上部に表示されており、通常の検索との差別化をするために小さく「広告」と表示されているものです。

リスティング広告はその名の通り、広告の一種なので費用が発生します。

ユーザーがクリックするたびに費用が発生するPPC広告(クリック課金型広告)なので、露出するだけで費用が発生する広告と比べると、比較的安価に運用可能です。

費用に関しては後ほどSEOとの違いも踏まえて、詳しく解説しますね。


SEOとは?

SEOは、Search Engine Optimizationの略で、日本語では「検索エンジン最適化といわれています。

検索エンジンで検索キーワードに対して適切なコンテンツを作成することで、Webサイトを1ページ目に表示させて集客する手法です。

検索エンジンというと、Google・Yahoo!・Bingなどさまざまですが、Googleがシェアを9割ほど占めています。(参考:世界40カ国、主要検索エンジンシェア【PC、モバイル】

そのため『SEO対策=Googleの検索エンジンへの対策』として一般的に認識されています。

リスティング広告とは違って、上位表示自体には費用は発生しないため、Webサイトやコンテンツを自社で制作できれば、費用をかなり抑えて集客を成功させることも可能です

ただし、Googleが検索アルゴリズムを公開しているわけではないため、確実に上位表示される方法はありません。

そのため、SEO対策を実施しても効果が出ない場合もあると覚えておきましょう。

 

リスティング広告とSEOの違い

次にリスティング広告とSEOの違いについて、より具体的に詳しく解説します。

2つの施策の違いを理解し、自社の予算やマーケティンの目的に適した施策を選びましょう。

リスティング広告とSEOの違いは主に5つです。

 

リスティング広告とSEOの違い

 

リスティング

SEO

掲載位置

広告枠自然検索枠

クリック率

平均値はSEOより低い平均値はリスティング広告より高い

費用

有料無料

表示スピード

即日で表示も可能トップページの表示に数ヶ月かかる場合もある

コントロール性

高い低い

それぞれの違いについて詳しく解説します。

リスティング広告とSEOの違い1.掲載位置

リスティング広告とSEOは、どちらも検索結果画面に表示されますが、掲載位置が違うと覚えておきましょう。

リスティング広告が広告枠に表示されるのに対し、SEOは自然検索枠に表示されます。

以下の画像でいうと青色で囲まれている箇所が広告枠、赤色で囲まれている箇所が自然検索枠です。

リスティング広告とSEO掲載位置

 

検索結果画面で「広告」と書かれたWebページを見たことがある方も多いのではないでしょうか?

実は「広告」と書かれているものはすべてリスティング広告です。

対してSEOは自然検索枠に表示されるものです。

自然検索枠はリスティング広告よりも下部にあり、10個のWebページが表示されることが多いです。(検索キーワードやユーザーなどによって変動することもある)

10個のWebページはGoogleのアルゴリズムによって並びが決められており、検索ユーザーの悩みや疑問を解決すると判断されたWebページが上位表示されます。

このようにリスティング広告とSEOでは、掲載位置が違うと覚えておきましょう。

そして、掲載位置が変わるとWebサイトへの流入数も大きく変わります。

なぜなら、掲載位置によってクリック率が異なるからです。

 

リスティング広告とSEOの違い2.クリック率

リスティング広告はSEOと比較してクリック率が低いケースがほとんどです。

あなたも検索画面の広告と書かれた箇所を嫌った経験があるのではないでしょうか?

あなたと同じように広告はユーザーから嫌われることが多いため、クリックされないことが多いのです。

対してSEOはリスティング広告よりもクリック率が高い傾向にあります。

SEOは広告ではないため、ユーザーから嫌われることも少なく、表示される文言も広告感のない文言であることが多いため、広告よりもユーザーへのストレスが低いことでクリック率が上がると考えられます。

それぞれのクリック率の平均を見てみましょう。

リスティング広告の業界別クリック率(0610修正)

引用:Google Ads Benchmarks for YOUR Industry [Updated!]
(グラフはGoogle Ads Benchmarks for YOUR Industry [Updated!]の数値をもとに弊社が独自に作成)

 

SEOコンテンツの順位別クリック率 (Google検索)

参考:Announcing: 2017 Google Search Click Through Rate Study
(グラフはAnnouncing: 2017 Google Search Click Through Rate Studyの数値をもとに弊社が独自に作成)

2つの表を比べるとわかる通り、平均値ではSEOの方がクリック率が高いです。

SEOで1〜3位に表示された場合、Webサイトへの流入数はリスティング広告よりもSEOの方が多いでしょう。

ただし、SEOで上位表示されたとしても4位以下では、リスティング広告の方がクリック率が高くなるケースもあります。

次に費用を見てみましょう。

 

リスティング広告とSEOの違い3.費用

軽く前述した通り、リスティング広告は掲載自体に費用が発生し、SEOは表示自体に費用が発生しません

リスティング広告はPPC広告なので、広告がクリックされるたびに費用が発生します。
つまり、クリックされなければ費用は発生しません。

とはいえ、クリックされなければ広告の意味がないため、クリック率が高い広告を作ることは必須であり、それに伴い広告が掲載される期間は継続的に費用が発生します。

一方でSEOは掲載自体に費用はかかりません。

コンテンツやWebサイト制作に人件費や外注費が発生しますが、SEOはクリックされても費用は発生しないため、継続的なコストは発生しないのです。

 

リスティング広告とSEOの違い4.表示スピード

リスティング広告はキーワードや入札金額など広告入稿の設定を行えばすぐに掲載されます。

早い場合には広告を決めた日に広告掲載も可能です。

それに対して、SEOでの上位表示は時間がかかります。

一般的にはSEOで結果が出るのは3ヶ月程度かかると言われているのです。

中長期的な施策ではありますが、表示自体に費用が発生しない分、上位表示には時間がかかると割り切る気持ちが大切でしょう。

そのため、キャンペーンなどと連動して、決まった日付に集客をしたい場合などはリスティング広告が有効です。

 

リスティング広告とSEOの違い5.コントロール性

リスティング広告とSEOは掲載のコントロール性も大きく違います。

この記事でいうコントロール性とは、「掲載位置をコントロールしやすいか」という意味です。

この観点であれば、コントロール性が高い施策はリスティング広告でしょう。

リスティング広告は費用が発生するということもあり、SEOと比べるとコントロール性が高く、狙った掲載位置に掲載しやすいです。

SEOはGoogleのアルゴリズムが掲載順位を決めているため、コントロールすることが難しく、上位表示を狙ったからといって必ず掲載されるわけではありません。

ここまでをまとめると、

リスティング広告とSEOの違いまとめ

  • リスティング広告・・・継続的に費用が発生し、クリック率も低いがSEOよりも掲載が簡単で即日から効果がある
  • SEO・・・効果が出るまでに数ヶ月単位で時間がかかり、必ず上位表示されるわけではないが、継続的な費用も発生せず、上位表示されればWebサイトへのアクセスが大きく増加する可能性がある

それでは、企業は一体どのように2つの施策を選べば良いのでしょうか?

リスティング広告とSEOの選び方を見てみましょう。

 

リスティング広告とSEOの選び方

2つの施策の違いはわかったけど、「結局どっちの施策を選んだらいいの?」と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方のためにリスティング広告とSEOの選び方について解説します。

結論からいうと、どちらの施策の方が優れているという優劣はありません

どちらも良し悪しがあるため、優劣で考えるよりも向き不向きで考える方が良いです。

自社の事業目的や商材にあった施策を選びましょう。

 

リスティング広告がおすすめなケース

リスティング広告がおすすめケースは、主に4つです。

  • 短期間で効果を出したい
  • 一時的な効果で十分
  • リソースに余裕がない
  • SEO対策が難しい

リスティング広告はSEOと比べると、施策を始めてから効果が出るまでの時間が短いです。

また、広告の掲載は費用に左右されるため、短期間のみ掲載するという使い方もあります。

そのため、なるべく早く効果を出したい場合や、キャンペーンに合わせて一時的に効果があれば良いと言う場合にはリスティング広告が有効でしょう。

また、リソースに余裕がない場合にもリスティング広告がおすすめです。

リスティング広告はSEOよりも簡単に利用できます。

設定の方法などを一度覚えてしまえば、すぐにでも広告出稿ができるため、リソースがない場合にはリスティング広告を利用するとよいでしょう。

さらに、SEO対策が難しい場合もリスティング広告が有効です。

SEOの競合が多すぎる場合や、競合サイトが大手企業が運営している場合はSEO対策を行っても上位表示が難しいケースもあります。

そのような場合には、効果が出るかわからないSEO対策を行うよりも、コストが多少高くなってもリスティング広告を選ぶ方が賢明でしょう。

 

SEOがおすすめなケース

SEOがおすすめなケースは主に3つです。

  • 中長期間で継続的に効果がほしい
  • リソースに余裕がある
  • Webサイトへのアクセスを大きく増やしたい

SEOは効果が出るまでに数ヶ月単位で時間がかかる分、その効果も中長期的です。

そのため、継続的な効果がほしい場合や中長期的に対応できるリソースがある場合は、おすすめの施策といえるでしょう。

また、Webサイトのアクセスを大きく増やしたい場合にもSEOがおすすめです。

世の中に存在するWebサイトのほとんどはSEOからの流入が多くを占めています。

近年ではSNSからの流入がアクセスの多くを占めるケースもみられますが、SNSのフォロワーが少ない場合は、SNSだけでSEOを補うことは難しいです。

つまり、Webサイトにアクセスを増やしたい場合にはSEOに取り組むことは避けられないのです。

 

リスティング広告とSEOは併用するべき?

ここまで解説して、「リスティングとSEOはどちらか一方を活用していれば良い」と考えていらっしゃいませんか?

実はリスティング広告とSEOは併用することが理想なのです。

リスティング広告とSEOの最大の違いは、効果が出るまでの時間です。

SEOは中長期的な施策なので、短期的な効果は見込めません。

そこで、SEOの効果が現れ始めるまでは、短期的に効果が見込めるリスティング広告を利用すると、それぞれの特徴を生かした戦略で事業を進められます。

また、SEOで効果が出てきた際にもリスティング広告が活躍する場面はあります。

たとえば、自社の名前や自社商品名などの指名検索の場合です。

指名検索の場合は、自社のページがSEOで1位表示されていることがほとんどです。

この場合にもリスティング広告を利用することで、ユーザーのアクセスを促し機会損失を減らすことができます。

「地名+店名」などの場合も同様ですね。

キーワードにもよりますが、自社名や店舗名が入った指名検索の場合は、クリック単価も高騰しづらいため、大きなコストにもなりません

 

大切なのはリスティング広告とSEOの特徴を理解して、うまく併用していくことです。

どちらが良い、どちらが悪いという優劣はないので、自社にあった施策から取り組んでみてましょう。

 

リスティング広告とSEOを併用したらSEOに影響がある?

リスティング広告とSEOを併用すればSEOに影響があるというウワサを耳にしたことはありませんか?

じつはこのウワサは嘘です。

リスティング広告とSEOを併用してもなんの影響もありません。

Googleは自社が運営するYouTubeチャンネル「Google Webmasters」で、そのウワサを否定しています。

Googleは「世界中の情報を整理し世界中の人がアクセスできて使えるようにすること」を理念にしているため、広告主を検索エンジンで有利にするなど自社の理念を捻じ曲げる行為はしないでしょう。(参考:Google – About Google, Our Culture & Company News

リスティング広告とSEOを併用したいと考えている方も、安心して施策に取り組んでください。

 

【まとめ】予算や目的に応じて施策を使い分けよう

Web集客でよく利用されるリスティング広告とSEOの違いについて解説しました。

2020年のパンデミックの影響もあり、Web集客の需要はさらに加速し、あらゆる業界でWebマーケティングを無視できなくなりました。

今回紹介したリスティング広告とSEOは、Web集客の基本的な施策です。

Webサイトはあるけれど、リスティング広告にもSEOにも取り組んでいない企業はもちろん、すでに取り組んでいる企業もこれを機に、今後のWebマーケティング戦略を見直してみてください。