ローカル検索とは

study

ローカル検索とは

ローカル検索とは、検索する場所によって異なる検索結果が表示される仕組みのことをいいます。

ユーザーの利便性を第一に考えるGoogleにとって、地域ごとに検索結果が異なった方が利便性が高いと考えるためこのような機能が存在します。

 

例えば、「近くの美容室」という検索ワードでは当然、位置情報に基づいて検索結果を変えていきます。

ローカル検索とは

当然「近くの」という言葉がなくとも、例えば「草津 コンビニ」などの検索では滋賀の草津と、群馬の草津では違う検索結果を表示することになります。

 

ローカル検索での掲載順位が決定される仕組みについて

掲載順位が決定する仕組みについて、以下のGoogleマイビジネスの公式ページに掲載されています。

(公式ページ:https://support.google.com/business/answer/7091?hl=ja)

 

掲載順については、以下の3つの要素を元に決定されます。

・関連性

検索語句とローカルリスティングの関連性の高さが高いほど、評価があがります。

よってマイビジネスに掲載する情報を豊富にし、最新に保てば保つだけ、上位表示が期待できます。

 

・距離

検索語句で指定された場所、もしくはユーザーがいる位置からも距離に基づいて検索結果の順位が変動します。

 

・知名度

一般的に知名度が高い建造物などは、上位に表示されやすくなります。

またインターネット上での知名度も重要です。

口コミの数や口コミの評価、SEOでの表示結果、またリンクや記事なども評価の対象となります。

 

異なる地域の検索結果を表示したい場合には

自分が今いる地域とは違う地域での検索結果を見たいときにはどのようにすればよいのでしょうか。

GoogleはGoogle広告の機能で広告プレビューツールというものを提供しています。

こちらはGoogle広告を利用しているユーザーが使えるツールになっており、特定の地域を設定することで自然検索結果を含む、検索広告の一覧を表示することができるようになっています。