「ローカル検索」とは?順位が決まる仕組みと上位表示する対策方法

study

「ローカル検索って何?」
「どうやったら上位に掲載されるんだろう?」

Googleなどの検索エンジンで、特定の検索語句で検索されたとき、自分の店舗名が上位に掲載されたらうれしいですよね。

ローカル検索を意識することで、広告費を支払わなくても上位に掲載され、店舗への集客を増やせます。

この記事では、ローカル検索で順位が決まる仕組みや、ローカル検索を活用すべきメリットを紹介します。

特定の検索語句で検索されたとき、自分の店舗名を上位に掲載したい方は、ローカル検索の仕組みを完璧に理解しておきましょう。

ローカル検索とは?

ローカル検索とは『検索する場所によって異なる検索結果が表示される仕組み』のことです。

Googleはユーザーの利便性を第一に考えており、地域ごとに最適な情報が表示されたほうが利便性が高くなるため、検索結果が異なる仕様にされています。

たとえば、「草津 コンビニ」という検索語句で、草津周辺にあるコンビニの場所を調べたとしましょう。

「草津」という地名は、滋賀県と群馬県に存在しており、滋賀県で「草津 コンビニ」と調べた人と、群馬県で「草津 コンビニ」と調べた人とでは、検索結果が異なります。

ローカル検索(滋賀)

ローカル検索(群馬)

 

「草津 コンビニ」と検索したとき、群馬県草津町と滋賀県草津市で、同じ検索結果が表示されたら、ユーザーにとって利便性が高いとは言えません。

そのため検索語句ごとに最適化された検索結果を表示させ、ユーザーごとに適切な情報を届けられるような仕組みにされているのです。

なお、ローカル検索で検索結果に表示される枠を「ローカルパック」と言います。

ローカルパック

ローカル検索結果には3店舗の情報が掲載される仕組みになっており、この3枠に店舗情報が表示されることで、『検索』の特性上、行動意欲の高いユーザーへ自店舗の情報が表示されるため、集客に繋がります。

ローカル検索で掲載順位が決まる仕組み

ローカル検索では、以下の指標によって、掲載順位が決まります。

  • 関連性
  • 距離
  • 知名度

この指標は、Googleが公式に発表しているものです。

参考:Googleマイビジネスヘルプ

ローカル検索で掲載順位を上げたい場合は、必ず理解しておきましょう。

関連性

関連性とは『検索語句とビジネス情報のマッチ率』を指します。

ビジネス情報は、どのようなビジネスを行っているかを証明する情報のことです。

たとえば、あなたが渋谷区で美容室を経営していた場合、「渋谷 美容室」と検索されたときには関連性が高くなり、ローカル検索の結果に出てきやすくなります。

一方、「大阪 美容室」と検索されたときは関連性が低くなり、ローカル検索の結果に出てこなくなります。

ビジネスの情報は、Googleは「Googleマイビジネス」、ヤフーは「Yahoo!プレイス」に登録できます。

関連性を高めるためには、以下のビジネス情報を正確に入力し、かつ常に最新の状態に設定しましょう。

  • ビジネス名(店舗名)
  • ビジネスカテゴリ(店舗の営業内容)
  • 住所
  • 電話番号
  • ウェブサイト

特に『ビジネス名(Name)』『住所(Address)』『電話番号(Phone)』はNAP(ナップ)と呼ばれ、設定できる情報の中でもGoogleから重要視されています。

そのため最低でもこの3つの情報は設定してください。

可能であれば、そのほかの情報も設定しGoogleマイビジネスの情報を充実させましょう。

あなたのビジネス情報を、検索エンジンに正しく認識してもらうために必要な情報です。

距離

距離とは『検索語句で入力した場所(もしくはユーザーの現在地)から店舗の所在地までの距離』を指します。

検索で指定された場所(もしくはユーザーの現在地)から、近くにある店舗ほど優先して検索結果に表示されやすくなります。

たとえば、「渋谷 美容室」のように地域名が検索語句に含まれる場合は、地域名と店舗の距離が近いほど、上位に表示されやすくなります。

一方、「美容室」のように検索語句に地域名が含まれない場合は、ユーザーの現在地情報と店舗の距離が近いほど、上位に表示されやすくなります。

ただし、ユーザーがパソコンで「美容室」と検索した場合は、Googleがユーザーの現在地情報を認識できません。

その場合は「IPアドレス」「Wi-Fiネットワーク」「モバイルデータ」で場所を推測し、検索結果を表示しています。

距離の関連性を高めるためにも、店舗の住所を正確に入力しましょう。

知名度

知名度は『店名やサービス名が一般的に知れ渡っているか』を指します。

知名度が高いほどローカル検索では、上位に表示されやすくなりますね。

知名度の高さは、Googleが「他サイトから貼られているリンクの数」「口コミの数」「他サイトで紹介されているかどうか」などで評価しています。

また、オフラインでの知名度の高さも影響します。

たとえば、カフェの業界では「スターバックスコーヒー」「ドトールコーヒー」「サンマルクカフェ」などは、知名度が高いと言えるでしょう。

知名度が低い場合は、知名度を上げるための施策を行う必要があります。

ローカル検索を活用する2つのメリット

次に、ローカル検索を活用するメリットを2つ紹介します。

  • マップ検索からアクセスを集められる
  • 店舗の知名度がアップする

それぞれ解説します。

インターネットから自店舗への集客ができる

ローカル検索を活用することで、インターネットを利用するユーザーを自店舗へ集客できます。

ユーザーは、スマートフォンやパソコンを活用して、Google・Yahoo!といった検索エンジンや、Googleマップといった地図サービスから、店舗情報を調べるためです。

ローカル検索を意識して、店舗のビジネス情報を充実させておけば、インターネット上でユーザーの目に触れる機会が増えるため、インターネットから集客を増やせます。

店舗の知名度がアップする

Googleの検索結果に、店舗名の露出が増えることで、知名度がアップします。

検索語句によっては、一ヶ月に1,000回以上検索されることもあり、掲載される順位が1つ違うだけでも、ユーザーの目に触れる回数が大きく違うためです。

また、最近は「近くの〇〇」という地域名や場所名を含めない検索語句で検索するユーザーも増えてきました。

グーグルトレンド

たとえば、東京の渋谷区で「近くのカフェ」と検索したときは、ユーザーの位置情報に基づいて渋谷近辺の店舗が表示されます。

ローカル検索で上位に表示されていれば、「地域名+〇〇」といった地域名が含まれない検索語句以外からもユーザーの目に触れる機会が増えるため、知名度アップに繋がるでしょう。

特定の地域で検索結果を確認する方法

特定の地域でローカル検索の検索結果を知りたいときは、Google広告の「広告プレビューと診断」を活用することで調べられます。

(「広告プレビューと診断」を使うときは、Google広告のアカウントが必要になります。Googleに広告を出稿し、広告費を払わないと使えないので注意してください。)

まず、Google広告の画面を開いてください。

Google広告

赤枠のツールから、「広告プレビューと診断」をクリックしてください。

クリックすると、以下のような画面が出てきます。

グーグルトレンド

この画面に検索したい地域や検索語句を入力、もしくは選択してください。

  • 検索語句を入力してください:美容室、歯医者など
  • 地域:調べたい地域
  • 言語:日本語(Japanese)
  • デバイス:モバイルorパソコンorタブレット
  • 視聴者:どのオーディエンスにも含まれていないユーザー

「広告プレビューと診断」を活用することで、東京にいても、北海道や大阪、福岡といった離れた地域での検索結果を確認できます。

ローカル検索で上位表示する方法

ローカル検索で検索上位を目指すためには「ローカルSEO」を意識する必要があります。

ローカルSEOとは、ローカル検索で上位に掲載されるために行う施策のことです。

「この対策を行えば必ず上位に掲載される」という方法はありませんが、Googleが推奨している対策を行えば、他の店舗よりも上位に掲載される可能性はあります。

ローカルSEOについては、「〇〇」をご覧ください。

ローカル検索で広告を出稿できる

ローカル検索の検索結果に広告を出稿することも可能です。

これを「ローカル検索広告」と言い、パソコンとスマートフォンでは、以下のように表示されます。

ローカル検索広告はリスティング広告の1種で、住所表示オプションを設定することで、ブラウザでの検索結果・Googleマップの検索結果に広告を表示できます。

ローカル検索広告

赤枠で囲まれた部分が「ローカル広告」です。

ローカルSEOの対策をしなくても、広告費さえ支払えば上位に表示でき、短期間で来店数や問い合わせ数の増加が見込めます。

ローカル検索広告を出稿するためには「Googleマイビジネス」「Google広告アカウント」が必要です。

それぞれ無料で登録できます。

ローカルSEOが進むまでは、広告を出稿して来店数や問い合わせ数を増加させる方法もありです。

広告費を準備できる場合は、有効的に活用しましょう。

【まとめ】ローカル検索を意識して店舗への集客を増やそう

店舗への集客を増やすためにはローカル検索を活用しましょう。

GoogleやGoogleマップへの露出が増えることで、ユーザーの目に止まり、来店のきっかけになるためです。

ローカルSEOを意識して対策を行えば、上位に掲載される可能性が高まるため、積極的に取り組みましょう。