リスティング広告で使用できる記号と注意点|効果的な記号の使い方もご紹介

study

リスティング広告を出稿する時に「記号が原因で広告審査に落ちてしまった」「審査に落ちずに、早く広告を出稿したい」などのご経験・お悩みはありませんか。

広告文に使う記号を間違えるだけで、広告掲載期間が先送りになるのは避けたいですよね。

広告の掲載期間が先送りになると、売上にも影響が出る可能性も十分に考えられます。

そこでこの記事では、広告に使う記号を明確化するために以下の内容を記載しています。

この記事で学べること

  • 広告に使える記号一覧
  • 使用する記号の注意点
  • 広告に使える記号のテクニック 


「わかりやすい記号の一覧表がほしい」「記号で時間を取られたくない」という広告運用者の方はこの記事をブックマークしていただくと、今後の広告を作成しやすくなります。

ぜひ最後までご覧ください。

Google広告・Yahoo!広告の共通記号一覧

以下の表はGoogle広告とYahoo!広告の共通記号一覧です。

全角・半角ともに共通している記号に絞って表にしました。

両媒体で出稿する場合は下記の表を参考にすると、広告を作成しやすいです。
ぜひ活用してください。

Google広告・Yahoo!広告の共通記号一覧

記号

全角

半角

、。(句読点)

!(感嘆符)

?(疑問符)

()(括弧)

【】(すみつき括弧)

×

,.(カンマ、ピリオド)

:(コロン)

%(パーセント)

&(アンパサンド)

/(スラッシュ)

#(シャープ)

・(中黒、中点)

¥(円マーク)

×

−(ハイフン)

参照:[ブログ記事] Google 広告で使用できる記号一覧 – Google 広告 Community
入稿規定(PC・スマートフォン・タブレット)(検索広告) – ヘルプ – Yahoo!広告

Google広告・Yahoo!広告で使える記号一覧

下記はGoogleとYahoo!で使える記号の一覧表です。

使える記号と使えない記号を簡単にまとめました。

広告を作成するときは、ぜひ下記の表を参考にしてください。

青色文字→Google広告の備考 赤色文字→Yahoo!広告の備考 黒文字→Google・Yahoo! 共通の備考

Google広告・Yahoo!広告で使用可能な記号一覧

記号

Google

Yahoo!

備考

カタカナ
ひらがな

半角カタカナは使用不可。

英数字

※①②、ⅠⅡ、ⅰⅱなどは使用不可。

。、(句読点)

 

,.(カンマ、ピリオド)

 

(感嘆符)

※タイトルは使用不可。
広告文は1つまで使用可能。
「!?」「!?」は承認可。

(疑問符)

※連続での使用は不可。
「?!」「!?」は承認可。

” “ ’ ’(引用符)

※名詞・語句を区切るのであれば使用可能。

1.タイトルを区切る必要性がない場合
→不承認
2.広告文区切るために使用する場合
→使用可能

` ´(引用符)

 ※半角は不可

%(パーセント)
&(アンパサンド)
#(シャープ)
/(スラッシュ)
:(コロン)
;(セミコロン)
−(ハイフン)

 

()(括弧)

 

【】(括弧)

全角のみ使用可

※説明文とタイトルに各1回ずつ使用可能。
アドカスタマイザーデータ自動挿入リストは使用不可。

「」『』[]〈〉《》«»(括弧)

全角のみ使用可能

※説明文とタイトルに各1回ずつ使用可能。
アドカスタマイザーデータ自動挿入リストは使用不可。

+ - ± × ÷ = ≠ ∞ (計算記号)

※+−のみ半角使用可

$(ドル記号)

 

¥(円マーク)

全角のみ使用可

@(アットマーク)

 

・(中黒、中点)

全角のみ使用可

…(省略記号)

※全角のみ使用可

~、〜(チルダ)

※全角のみ使用可

〜(から)

※全角のみ使用可

®™(商標記号)

※全角のみ使用可

→←↑↓⇒(矢印)

×

 

ギリシャ文字
キリル文字

※全角のみ使用可

参照:[ブログ記事] Google 広告で使用できる記号一覧 – Google 広告 Community
入稿規定(PC・スマートフォン・タブレット)(検索広告) – ヘルプ – Yahoo!広告

Google広告・Yahoo!広告で記号を使用する注意点

この章では、Google広告とYahoo!広告で記号を使用する際の注意点を媒体別にまとめています。

記号の不適切な使い方や、記号を使える場所が指定されている場合もあるので、入念に確認しましょう。

Google広告で記号を使用する注意点

記号や句読点を不適切な用途で利用した場合、広告審査で掲載が許可されません。

Google広告では不適切な表現を下記のように定めています。

許可されない句読点や記号を不適切な方法、または本来の用途と異なる方法で使用している広告

例: 広告見出しでの感嘆符(!)の使用、句読点または記号の繰り返し、本来の意味や目的とは異なる方法で使用している記号、数字、文字(例:「@ home」のように「at」の意味で使用する「@」)、上付き文字の標準外の用法での使用、標準的でない記号や文字(例: アスタリスク(*))の使用、箇条書きや省略記号の使用、数字や記号、句読点を人目を引くために過剰に使用すること(例: 花 87、花 HANA、花!!!、*花*束*、は。な。た。ば。)、広告文での複数の感嘆符または疑問符の使用

無効な文字やサポートされていない文字

例: 絵文字、半角カタカナ

引用:編集 – Google 広告ポリシー ヘルプ

わかりやすくまとめると、下記の8つを伝えています。

Googleで記号を使用する際の注意点

注意点

タイトルで感嘆符の使用

今話題の猫カフェ!新宿駅から徒歩5分

記号や句読点を繰り返し使用

初心者必見!!

記号・文字が一般的ではない

*(アスタリスク)

上付き文字が一般的ではない

省略記号・箇条書きの使用

人目を引くために記号・数字・句読点を使用

花 87、え。ん。ぴ。つ。

複数の疑問符、感嘆符の使用

使用許可が降りていない文字の使用

絵文字、半角カタカナ

※Yahoo!での括弧記号は一部の記号・条件のみ連続使用が認められています。
Googleでは括弧記号の連続使用についての記載が無いため、連続して括弧記号を使用したい場合は問い合わせてみると良いでしょう。

参照:編集 – Google 広告ポリシー ヘルプ

Yahoo!広告で記号を使用する注意点

記号を使用する際の注意点があります。
Yahoo!広告が定めている不適切な記号を使用すると、広告の掲載はできないので注意しましょう。

下記はYahoo!広告で掲載不可となる記号の使用例です。
括弧以外の記号と括弧記号に分けて説明いたします。

括弧以外の記号が掲載不可となる使用方法

掲載不可の使用方法

記号を装飾のように活用

Σダイエットサプリで減量成功?

顔文字の使用

(・ω・)

機種依存文字の使用

㈱、①

1つの広告で3回以上もしくは連続的に同じ記号を使用

合格者多数!!
安い!速い!安心!お問い合わせはこちらから

使用不可の記号が固有名詞に含まれている

エクスコア㈱

 

括弧記号が掲載不可となる使用方法

掲載不可の使用方法

全角・半角を組み合わせて使用

(公式)ホームページ

異なる括弧の組み合わせで使用

(公式】ホームページ

括弧が片側のみの使用

公式》ホームページ

括弧が逆に配置されている

》公式《ホームページ

括弧が1広告内で3組以上使用されている

「Google」、「Yahoo!」、「Bing」

同種の括弧記号を連続使用している

「Google」「Yahoo!」

Yahoo!では、同じ種類の開き括弧と閉じ括弧がある状態を1つの記号として扱います。
ですが、一部の括弧記号なら片側だけの括弧の使用が可能です。

片側括弧を使用できる括弧記号

( )(全角、半角)

 

片側括弧の使用可能例

()全角括弧を使用

エクスコア広告)

() 半角括弧を使用

エクスコア広告)

基本、同じ種類の記号を連続して使用はできませんが、括弧記号のみ異なる種類の括弧記号であれば連続使用ができます
また、一部の括弧記号のみ連続使用が可能です。

連続使用が可能な括弧記号

()(半角)

 

括弧記号の連続使用例

使用状況

使用可否

使用例

異なる括弧記号を連続して使用する場合

(エクスコア広告)(〇〇広告)

※全角と半角の括弧記号は異なる記号のため連続での使用可。

()(半角)を連続で使用する場合

(エクスコア広告)(〇〇広告)

※()(半角)のみ連続使用が可能です。

片側の括弧を連続して使用する場合

×

(( 

参照:文字、記号を使用する際のルール – ヘルプ – Yahoo!広告

ユーザーに届く効果的な記号の使い方

ユーザーに伝えたいことを強調できる記号の使い方を2つご紹介いたします。

効果的な記号の使い方

  • 文言を強調したいとき→【】(すみつき括弧)を使用する
  • 情報量を多くしたいとき→/(半角スラッシュ)を使用する


※媒体社の方針で、使える記号が変わることもあるのでご注意ください。

文言を強調したいとき

【】(すみつき括弧)のなかに文言を入れることで、文字を強調できます。
下記の使用例のように、存在感のある括弧のなかに文字を入れることで、目線が括弧内へ向かいます。
広告のタイトルに入れると、特に目を引きやすいです。
ぜひ、試してみてください。
 リスティング広告 記号のコピー.jpg

情報量を多くしたいとき

 /(半角スラッシュ)を文章の間に入れることで、情報を分けられます。
半角にするのは、文章スペースを拡大し、少しでも多くの情報を入れるためです。

また、文を区切ることで、情報が整理しやすくとても読みやすい文になります。
文章が長くなりそうなときに使うといいでしょう。

リスティング広告 記号2.jpg

【まとめ】記号を効果的に使って審査に受かろう

今回の記事では、「広告に使える記号一覧表」「記号を使用する際の注意点」「広告に使える記号のテクニック」について書かせていただきました。

広告一覧表は

広告一覧表の内容

  • Google・Yahoo!の共通で使える記号
  • Google・Yahoo!で使用可能な記号


の2つにわけて記号の使用可否を見やすくしました。

また、記号を使うときの注意点も記載しています。
Google広告とYahoo!広告の注意点をよく確認して、ルールに沿った広告を作成しましょう。

広告に使える記号のテクニックとして、今回は2つ紹介しました。
記号を効果的に使うことで、読者の目を引く広告ができます。
ぜひ、活用してください。

記号を使ったテクニック1.すみつき括弧

【】(すみつき括弧)
括弧内に入れた文字が強調されて見える。

記号を使ったテクニック2.半角スラッシュ

/(半角スラッシュ)
文章の間に入れることで情報を分断し、読みやすくなる。

今回の記事は広告の作成に役立つ情報を揃えました。

ブックマークしておくと、広告作成時にすぐ内容を読めるのでおすすめです。

ぜひ、参考にしてください。