リスティング広告のクリック率から見る改善が必要なケースと5つの改善方法

study

リスティング広告 クリック率

リスティング広告で思うような結果が出ず、一人悩んでいませんか?

リスティング広告の重要な指標の一つにクリック数がありますが、自社のリスティング広告のクリック率が多いのか少ないのかわからないですよね。

リスティング広告で自社の商材・サービスを認知してもらうには、まずは広告をクリックしてもらわなければいけません。

そこで重要な指標がCTR(クリック率)です。

クリック率を高められると、Webサイトへのアクセスを増やすことができます。

しかし、クリック率の目安や改善方法がわかっていなければ、対策をすることはできません。

そこでこの記事では、リスティング広告の平均クリック率リスティング広告のクリック率を改善する方法について紹介します。

リスティング広告を出稿していて、クリック率に課題を感じている担当者の方は、ぜひご一読ください。

CTR(クリック率)とは?

まずは、クリック率についておさらいしていきましょう。

クリック率とは、CTR(Click Through Rate)と一般的には表記されます。
(※以下、クリック率を『CTR』と表記します)

その名の通り、広告表示回数に対するクリックされた回数の割合を示す広告指標です。

CTRが高ければ高いほど、広告が表示された回数に対して、クリックしてくれたユーザーが多いということです。

つまり、CTRが高いということは、広告文やクリエイティブがユーザーにとって魅力的であるということがわかります。

そして、CTRは以下の計算式で求めることができます。

CTRの計算式

CTRの計算方法

CTR(クリック率)=CTs(クリック数)÷Imp(インプレッション数)

インプレッション数が10,000、クリック数が50の場合

先ほどの計算式に当てはめて考えてみると、50÷10,000=0.005(0.5%)がCTRということがわかります。

Impとは、検索エンジンで広告が表示された回数を示す指標です。

ただし、広告のタイトルや説明文に魅力がなければ、どれだけImpが上がってもクリックされることはなく、広告としての意味がありません。

つまり、CTRを高めるためにはImpだけではなく、クリックされる数を増やすことが必要です。

CTRが高まれば、それだけクリック数が増えてくるため、サイトを訪れてユーザーへの認知を高めることや、コンバージョンに繋げる可能性が高くなるのです

リスティング広告の平均CTR(クリック率)

さっそく、リスティング広告の平均CTRを見ていきましょう。

アメリカはボストンの広告代理店ワードストリームは、業界別にリスティング広告のCTRを報告しています。

リスティング広告の業界別クリック率(0610修正)

参考:Google Ads Benchmarks for YOUR Industry [Updated!]

(グラフはGoogle Ads Benchmarks for YOUR Industry [Updated!]の数値をもとに弊社が独自に作成)

今回は代表的な業界のリスティング広告の平均CTRについて解説します。

デート・出会い業界

デート・出会い業界とは、出会い系アプリやマッチングサービスなどのサービスを提供する業界です。

デート・出会い業界のCTRは6.05%で、他の業界と比べて高いです。

旅行やオート(自動車)

旅行業界のリスティング広告のCTRは4%、自動車業界は4.68%で、比較的高いことがわかります。

それだけ、旅行について興味を持っている人や、自動車業界において興味を持っているユーザーが多いということでしょう。

Eコマースや雇用サービス

ネットショップのリスティング広告のCTRは2.69%、雇用サービスは2.42%です。

これらの分野については「今すぐ購入」「今すぐ必要」というものよりも、「いつか購入しよう」「いつか転職しよう」という、「今すぐ客」ではないユーザーが多いということも理由の一つとして挙げられるでしょう。

労働人口減少に伴い、これからも売り手市場が続く中、広告を出して人を雇いたい企業と、働き手の温度差は激しいのかもしれません。

CTR(クリック率)の改善が必要なケース

CTRを高めることはとても重要なことですが、そもそも自社のCTRを改善する必要があるのかという点に疑問を持っている方もいるでしょう。

CTRの改善が必要なケースは以下の2つのケースです。

CTRの改善が必要なケース

  • コンバージョン数が低迷している
  • CTRが極端に下がったとき 

それぞれ解説します。

コンバージョン数が低迷している

CVできるキーワードでコンバージョン数が低迷している場合には、CTRを改善するべきです。

なぜなら、コンバージョン数は見込み客の獲得や売上に繋がる重要な指標だからです。

コンバージョン数は、クリック数とコンバージョン率で決まります。

つまり、コンバージョン数を改善するためには、クリック数とコンバージョン率のどちらかを改善するしかないのです。

そのため、CTRを改善し、クリック数を相対的に改善することでコンバージョン数を改善できる可能性があるのです。

CTR(クリック率)が極端に下がったとき

CTRが極端に下がった際にもCTRの改善が必要です。

これはCTRが悪いと、流入するユーザー数が下がり、コンバージョン数にも影響を与えるためです。

CTRが悪いということは、『広告で表示されているタイトルや内容に魅力的でない』『訴求しているポイントがそもそもズレている可能性がある』などの要因でコンバージョンに至らないというケースが考えられます。

また、リスティング広告に設定しているキーワードが、そもそも検索されていないという可能性も考えられます。

いま設定しているキーワードから別のキーワードに変更するなどの施策も検討してみましょう。

直帰率が高い場合にも、CTRを改善しなければいけません

これは、広告をクリックした後にユーザーがサイトを訪れ、魅力を感じないと思って直帰してしまっていることが考えられます。

直帰率が高いということは、ターゲットとするユーザーへのアプローチができていないケースが考えられるため、タイトルの変更やキーワードの変更など、広告文のCTRから見直していく必要があります。

特に、ファーストビューで離れてしまうユーザーが多い場合には、注意が必要です。

リスティング広告のCTR(クリック率)を改善する5つの方法

ここからは、リスティング広告のCTRを改善するための5つの方法についてご紹介していきます。

CTRを改善する5つの方法

  • キーワードを追加・停止する
  • 広告文を追加・削除する
  • 広告表示オプションを利用する
  • 除外キーワードを設定する
  • 入札単価を上げる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

CTR(クリック率)を改善する方法1.
キーワードを追加・停止する

CTRを改善する方法として1つ目に挙げられるのは、「キーワードの追加・停止」です。

クリックされる可能性が低いキーワードを停止し、クリックされる可能性が高いキーワードを追加することで、全体のインプレッション数は変動せずクリック数は増えるため、CTRが上がるのです。

具体的な例で説明すると、以下の様な例が挙げられます。

  • キーワードA:CTR1%(インプレッション100、クリック数1)
  • キーワードB:CTR1%(インプレッション100、クリック数1)

上記のキーワードでは、200回のインプレッションに対して2回のクリック数があるため、CTRは1%です。

そのキーワードを以下のように変更した場合、クリック数は上がります。

  • キーワードC:CTR2%(インプレッション100、クリック数2)
  • キーワードD:CTR3%(インプレッション100、クリック数3)

上記の場合、200回のインプレッションに対して5回のクリック数となり、CTRは2.5%です。

単純な例ですが、上記のように、同じインプレッション数でも、クリック数を稼げるキーワードに変更することで、CTRも上がります。

つまり、CTRの低いキーワードを停止し、CTRが高いキーワードを追加することが必要なのです。

CTR(クリック率)を改善する方法2.
広告文を追加・削除する

CTRを改善するためには、広告文の追加・削除も必要です。

広告をクリックするユーザーは、広告のタイトルや文章を読んで一瞬の判断でクリックするかどうかを決めます。

つまり、CTRが低い場合、ターゲットユーザーに魅力を感じさせる広告文がではない可能性が高いです。

そのため、広告文の追加や削除を行う必要があるのです。

広告文を追加・削除すると、以前の広告文と比較してCTRを改善・最適化ができます。

広告文を追加・削除するには2つのポイントを意識しましょう。

広告文を追加・削除するときの2つのポイント

  • ターゲットではないユーザーにクリックしてもらわない
  • ターゲットユーザーにクリックしてもらう

CTRの改善も勿論ですが、ターゲットではないユーザーがクリックすると、コンバージョンに繋がらず、無駄な費用が発生します。

そのため、ターゲット以外のユーザーを勘違いさせてしまうような広告文は避けばければいけません。

ターゲットやペルソナを明確にし、ターゲットとなるユーザーにクリックしてもらえる広告文であれば、CTRを改善することができるでしょう。

CTR(クリック率)を改善する方法3.
広告表示オプションを利用する

CTRを改善する3つ目の方法は「広告表示オプション」です。

広告表示オプションは広告文以外に、さまざまな情報を表示するための設定で以下のようなものがあげられます。

広告表示オプションの例

  • 電話番号表示オプション(電話番号の表示)
  • コールアウト表示オプション(サービスや商品に関する情報の表示)
  • 住所表示オプション(住所や営業時間の表示)
  • 価格表示オプション(サービスや商品の価格を表示)
  • その他

広告表示オプションを表示させることにより、より多くの情報をユーザーに届けられるため、CTRを向上させたり、広告ランクが向上し、広告枠の中で上位表示できる可能性もあります

広告枠でより上位に表示できれば、CTRをさらに改善できる可能性もあります。

CTR(クリック率)を改善する方法4.
除外キーワードを設定する

4つ目の方法は、「除外キーワードの設定」です。

除外キーワードとは、特定のキーワードを含めてユーザーが検索したときに、広告を表示させない設定です。

除外キーワードを設定することで、ターゲット以外のユーザーへの広告表示を停止し、無駄なクリックを減らすことができます。

たとえば、『マウス』という言葉を聞いて、あなたは何を思い浮かべますか?。

ある人は「パソコンのマウス」を思い浮かべますが、ある人は「ネズミ」を思い浮かべるのではないでしょうか。

パソコンのマウスを探している人をターゲットにしている場合、後者の「ネズミ」を検索している人はターゲットになりません。

そのため、マウスと合わせて「かじる」と検索している人や、「撃退」などと合わせて検索している人はターゲットから外すべきでしょう。

このように除外キーワードを設定し無駄なターゲットを除外することで、CTRを高められる可能性があります。

CTR(クリック率)を改善する方法5.入札単価を上げる

CTRを改善する方法で、最後に紹介するのは「入札単価を上げる」という方法です。

リスティング広告では広告の表示位置が入札単価や広告の質によって決まります。

入札単価が全てではないですが、入札単価が高いほど、上位表示される可能性も高くなり、ユーザーの目に付きやすくなります。

そのため、入札単価を上げることによって、検索するユーザーにアプローチできるため、CTRの向上も期待できます。

リスティング広告のアクセス数を増やす他の方法

もしあなたが『アクセス数が改善できればどんな施策でもいい』『とにかくWebサイトのへの流入を増やしたい』と考えているのであれば、次の方法もおすすめです。

リスティング広告のアクセス数を増やす他の方法

  • Impを増やす
  • CPCを下げる
  • 予算を増やす

リスティング広告のアクセス数はCTRを上げることで増やせますが、それ以外の施策でもアクセス数を増やすことができます

それぞれの方法について詳しく解説します。

Imp(インプレッション)を増やす

Impを増やすことによって、アクセス数も必然的に増やすことができます

CTRが1%の場合、Impが100回の場合にはアクセス数は1ですが、Impが10,000回だったとき、アクセス数は100です。

つまり、CTRが同じでも、Impという母数が上がることによってクリック数、アクセス数は上がるのです。

そのため、Impの多いキーワードを設定するということも、リスティング広告の施策の1つとして挙げられるでしょう。

CPC(クリック単価)を下げる

CPC(以下、クリック単価)を下げることによってアクセス数を改善できます。

クリック単価は、『広告が1回クリックされたときに発生する単価』のことです。

CPCの計算式は以下の通りです。

CPCの計算式

CPC(クリック単価)=広告費÷クリック数

広告費が100,000円の場合で、クリック数が10のとき、クリック単価は10,000円です。

この場合でクリック単価が1,000円になれば、クリック数が100となります。

つまり、単純に同じ広告費でアクセス数が増えるということです。

そのため、クリック単価を下げられればアクセス数は増えるのです。

クリック単価を下げるためには、検索ボリュームが大きいビックワード以外にも、検索ボリュームが比較的少ないミドルワードスモールワードでリスティング広告を出稿する必要があります。

予算を増やす

リスティング広告でWebサイトへのアクセス数を増やすうえで、一番わかりやすい方法としては、予算を増やすということです。

リスティング広告の予算を増やせば、CPCが同じでもアクセス数を増やすことができます。

リスティング広告の広告費は、以下の計算式で求められます。

リスティング広告の広告費の計算式

広告費 = CPC(クリック単価)× クリック数

広告費が増えると、同じCPCでもクリック数を相対的に増やすことができるため、Webサイトへのアクセス数が増えるのです。

ただし、広告費をむやみに増やすことは、無駄遣いになるので計画的に増やすように心がけましょう。

予算を増やすためには、しっかりとロジカルに上層部に説明をする必要があるため、ロジックツリーなどを利用して広告戦略を見える化することがおすすめです。

【まとめ】リスティング広告のCTRを改善してアクセス数を最大化しよう

リスティング広告の広告効果を最大化するために、CTRやアクセス数は注目するべき指標です。

まずはリスティング広告の平均CTRを確認して、あなたが運用している広告が平均と比べてどのような状態かを把握しましょう。

そして、CTRを改善する必要があると判断できる場合には、改善に取り組む必要があります。

CTRを改善することで結果的にCV数が増え、Webから見込み客を獲得したり売上を発生させることができます。

リスティング広告の効果を最大化するためにも、CTRをはじめとした指標の改善策に取り組んでいきましょう。