Webの重要指標「CV」とは?Webサイト別の定義とCVRについて

study

Webサイトの重要指標となるCV(コンバージョン)を解説します。

CV(コンバージョン)とは

Conversionの略称で転換・変換・変化を指します。Webマーケティングでは、「最終的な成果」を意味します。

訪問ユーザーを商品購入による顧客に転換させた数」や「商品・サービスを認知させた上で資料請求や会員登録といった行動させること」ともいえるでしょう。

期待する行動にユーザーが応じることという意味で使用されます。

サイトごとに異なるCV(コンバージョン)の定義

CV(コンバージョン)はサイトごとに成果とする定義が異なります。

例えば、下記のサイトでの定義はつぎの通りです。

ECサイト→「商品購入」

高額商品を扱うサイト→「お問い合わせ」「資料請求」

メディアサイト→「会員登録」

上記の定義を成果として計測し、サイト内の何を伸ばせば成果が出せるのか?といった施策を様々な視点から仮設を立てて改善を繰り返し行います。

Webサイトの場合は、CV(コンバージョン)に実際貢献しているページはごく一部しかないともいわれています。どんなページからもCV(コンバージョン)が発生するわけではないということですね。

そのため、ランディングページからCV(コンバージョン)させるページと、ページ遷移・誘導させてCV(コンバージョン)させるページなど、それぞれ目的を割り切った設計が必要になります。

WebサイトからCV(コンバージョン)を増加させるためには、CV(コンバージョン)に貢献しているページへの誘導といった導線調整などの検証や改善なども重要となってきます。

コンバージョン率(CVR)について

最後に、CV(コンバージョン)の獲得にかかる費用の計算について説明します。

費用感を知ることで実りあるWebマーケティングにつなげていきましょう。

インターネット広告やサイトの費用、訪問数に対する効果を示す数字として使用されるのがコンバージョン率(CVR)です。

ECサイトを例にとり、コンバージョン率(CVR)の計算方法を紹介していきます。

例えば、「商品の購入数」をCV(コンバージョン)と定義したECサイトがあるとします。

この場合のコンバージョン率(CVR)は「コンバージョン数」÷「訪問数」になります。

「100人」が訪れ、「5人」が商品を購入したとすると、コンバージョン数は「5件」です。コンバージョン率(CVR)は、訪問者数100人に対して5人が購入したので「5%」となります。

また、広告費として「10,000円」の費用をかけていました。

そうすると、CV(コンバージョン)「1件」の獲得にかかったコストは下記の通りです。

10,000円 ÷ 5件 = 2000円

コンバージョン率(CVR)を計算することでWeb広告などあらゆる施策の効果測定が可能です。