WebサイトのPVとは?マーケターが知っておくべき分析の方法と目的

study

PV(ページビュー)とは

みなさん「PV」という言葉を見かけたことはありますか?

サイト解析だけでなく、日常生活のなかでも登場してくることが多いと思います。

PVはサイトの状態を把握したり、改善する際に使う重要な指標です。

今回はそのPVとは一体どういったものなのか、PVを増やすためにはどうすればいいのかといったことを紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

PV(ページビュー)とは? 

PV(ページビュー)とは、ウェブサイト内の特定のページをユーザーが閲覧した回数のことをいいます。

ご自身のサイトがどのくらい閲覧されているのかを知りたいときに使う指標です。

PV数は、ユーザーやその訪問回数に関係なく、表示されたページの合計数を表しています。

PV数が多いほど、それだけユーザーに自社サイトを見てもらえているということです。

そのためweb集客において伸ばしていきたい数値ともいえるでしょう。

下の図を見てみましょう。

PVとは

このユーザーは、

トップページ→サービス案内→トップページ

という経路でサイトを移動しています。

この場合のPV数は「3」とカウントされます。

PVはユーザーのパソコンやスマートフォンに表示されたページの数を表しているため、実際にサイトを訪れたユーザー数とは違います。

またページを更新(リロード)すると、そのぶんPV数も増えますので注意が必要です。

PV数の目安

サイトの効果測定においてPV数を参考にする人は多いと思います。

ただ結論からお伝えすると、「これだけのPV数があればOK」といった明確な目安はありません

そのサイトのジャンルや目的、ターゲットによって異なるためです。

一方でPV数が多いということは、それだけユーザーにとって価値のあるサイトだと判断できます。

サイトの改善後、PVは伸びたかどうかという視点で評価してみましょう。

訪問別PV数とは?

PVと関連した指標で、「訪問別PV数」というものがあります。

訪問別PV数とは、1回の訪問で閲覧されたページ数のことです。

サイトを訪れたユーザーが、一人あたり平均何ページ閲覧したのかを知ることができます

計算方法は下記のとおりです。

訪問別PV数の計算式

訪問別PV数=サイト全体のPV数÷訪問者数

また1回の訪問で同じページを複数回見た場合も、訪問別PV数にカウントされます。

この訪問別PV数では、PV数やユニークユーザー数だけでは判断しづらい、実際のサイトの利用状況や閲覧状況を把握することができるのです。

下記数値で分析して見ましょう。

 改善前改善後
サイト全体のPV数3,000PV5,000PV
訪問者数2,000人2,500人

それぞれの訪問別PV数は

改善前:3,000PV÷2,000人=1.5PV/人

改善後:5,000PV÷2,500人=2PV/人

サイト全体のPV数・訪問者数に加えて、訪問別PV数も伸びているということがわかりました。

サイトを改善して、1人あたりに見てもらえているページ数が増えたと評価できますね。

サイト内の質を高めて、より多くのページをユーザーに見てもらいたいというときに有効的な指標ですので、ぜひ使ってみてください。

WebサイトのPV(ページビュー)を増やす6つの方法

続いてPVを増やす方法について説明します。

今回は6つピックアップしました。

  1. SEO対策をおこなう
  2. 広告を出稿する
  3. SNSマーケティングをおこなう
  4. 他サイトからリンクを貼ってもらう
  5. 自社サイトの回遊性を改善する
  6. ブックマークしてもらう

1つずつ解説します。

PVを増やす方法1SEO対策をおこなう 

たくさんのユーザーにサイトを見てもらうためには、サイトへの入口をたくさん設ける必要があります。

その1つ目の方法はSEO対策です。

SEOの順位が上がれば、自然とサイトへの流入数が増えます

難しい対策にはなりますが、下記のような施策をおこなってみてはいかがでしょうか。

・モバイルフレンドリーに対応させる

・キーワード対策をおこなう

・コンテンツの質を上げる

PV数を上げるための定番の対策ですので、できる範囲から始めてみましょう。

PVを増やす方法2.広告を出稿する

広告を出稿することもPV数を増やすために大切な施策です。

とはいえ一言で広告といっても、リスティング広告や、ディスプレイ広告、動画広告、SNS広告など種類はたくさんありますよね。

ご自身の業界やターゲット層に合った広告を出してユーザーにアプローチしてみましょう。

たとえば水漏れ・鍵開けといった緊急性のあるサービスであればリスティング広告、化粧品などであれば美容意識の高い女性ユーザーが多いInstagram広告などが相性良いですね

PVを増やす方法3SNSマーケティングをおこなう

SNSマーケティングとはTwitter、Instagram、Facebook、LINEといった人気のSNSで、ユーザーとコミュニケーションをとりながら、ファンを増やしたり購買に繋げる活動のことです。

このSNSマーケティングもPV数向上のための対策の1つであり、導入する企業が増えています。

具体的な活動を5つ挙げてみました。

  1. SNSアカウントを運用する
  2. SNSで広告を配信する
  3. フォローやハッシュタグなどを活用したキャンペーンを実施する
  4. インフルエンサーを起用する
  5. SNSユーザーのリアルな声を商品・サービスに反映させる(ソーシャルリスニング)

国内でのLINEのアクティブユーザーは8,400万人、Twitterでは4,500万人など、年々SNSを利用者は増加傾向にあり、ネット集客において重要な対策になってきています。

PVを増やすためにも、これを機にSNSも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

PVを増やす方法4.他サイトからリンクを貼ってもらう

他サイトからリンクを貼ってもらうという方法もPV数を上げる際に有効的です。

被リンクとも呼ばれる対策です。

たとえば自社やそのサービスに関するインタビュー記事を書いてもらい、そこにリンクを貼ってもらうという手段もあります。

過去と比べるとかなり難しくなりましたが、被リンクを増やすことはSEO対策にもつながります

ただ、何でもかんでも被リンクを増やせばいいというものではありません。

必ず考慮しておきたいのは、それが「質の良い被リンク」であるかという点です。

逆に質の悪い被リンクというのは、自社サイトと関連性の低いリンクやSEOを目的とした相互リンクといった、いわばユーザーにとって価値のないサイトからの被リンクのことです。

こういった被リンクはユーザーからの評価は期待できないですし、SEOにも悪い影響を与える可能性がありますので注意しましょう。

また誰かから自然に被リンクされるように、「引用したい」「みんなに共有したい」と思われるようなサイト作りにも力を入れましょう。

PVを増やす方法5.自社サイトの回遊性を改善する

自社サイトの回遊性を改善することも、PV向上の手助けになります。

回遊性とは、サイトを訪問したユーザーがそのサイト内をどのくらい閲覧してくれたかを測る指標のことです。

回遊性が良くなると、そのぶんPV数・訪問別PV数が上がります。

代表的な対策として、トップページを充実させることが一つ挙げられます。

ユーザーが求めている情報を、目に留まりやすい言葉や画像で盛り込むなど、コンテンツを充実させることです。

こうすることでユーザーの直帰率を減らし、PV数増加が期待できます。

そしてもう一つ大切なのは、コンテンツの「行き止まり」を作らないことです。

たとえば大手通販サイトAmazonで、「この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています」という言葉につられて、他の商品もつい見てしまった経験はありませんか?

このように、他に見てほしいページがあれば、積極的に内部リンクを設置して、ページ同士を行き来しやすくしてみましょう。

PVを増やす方法6.ブックマークしてもらう

最後に紹介する方法は、ブックマークをしてもらうことです。

ブックマークしているサイトは、他のものと比べて訪問する回数が増えるということはなんとなくイメージできますよね?

PV数を増やしたいサイトをブックマークしてもらえるよう、積極的に呼びかけましょう。

ただ、単に「ブックマークしてください」と伝えても、そのサイトをブックマークしたいと思えるようなクオリティでないと、ユーザーは応じてくれません。

また見たいと思えるサイトになっているか、ユーザー目線に立って見直してみましょう。

GoogleアナリティクスでPV(ページビュー)を確認する方法

ここからは肝心なPVの確認方法を紹介します。

PVはGoogleアナリティクスで調べることができます

Googleアナリティクスとは、Googleが提供する無料のアクセス解析ツールです。

アカウントを作成し、すべてのページにトラッキングコードを設置することで、簡単に確認できるようになります。

今回は確認方法のみをご紹介します。

管理画面左の「ユーザー」内にある「概要」をクリックすると、下記のような画面が表示されます。

アナリティクスの画面右上で指定した期間のPV数を確認することができるのです。

PVの確認方法1

ユーザー>概要 より

また「行動」→「サイトコンテンツ」→「すべてのページ」を選択すると、各ページのPV数を確認することも可能です。

PVの確認方法2

行動>サイトコンテンツ>すべてのページ より

PV数以外にも、ユーザーやセッション、直帰率などもありますのでぜひチェックしてみてください。

PV(ページビュー)とセッション・アクセス・ユニークユーザーの違い

ここまでPVに関して紹介してきましたが、よく似た下記3つの指標についてまとめました。

  1.   セッション
  2.   アクセス
  3.   ユニークユーザー(UU)

混同してしまわないように1つずつ整理していきましょう。

1.セッション

セッションとは、ユーザーがサイトにアクセスしてから離脱するまでの一連の行為のことを言います。

ユーザーはサイトを訪問すると、このような行動をとりますよね。

  1.   サイトに入る
  2.   サイト内の他のページを見る(または見ない)
  3.   他のサイトに移動する(離脱する)

この流れすべてをひとまとまりにして、1セッションとカウントします。

またセッションには下記3つの特性がありますので、カウントする際に注意しましょう。

  1.   同じサイト内でも、最初のアクセスから30分以上経過してから別のページに移動すると、別のセッションになる
  2.   サイトを離脱し、もう一度そのサイトにアクセスした場合は、別のセッションになる
  3.   サイト訪問中に日付が変わると、別セッションになる 

セッション

2.アクセス

アクセスとは、訪問数のことをいいます。

ただ、「訪問者数」とは違うので注意が必要です

たとえば一度サイトを訪れたユーザーが、別のタイミングで再度訪問した場合、アクセス数は2とカウントされ、重複が生まれるためです。

そのため純粋は訪問者数を知りたい場合は、次に紹介するユニークユーザーという指標を活用しましょう

3.ユニークユーザー(UU)

ユニークユーザー(UU)とは、サイトを訪問し、アクセスのような重複を排除した真のユーザー数のことです。

ある1人のユーザーが、いつ、どのタイミングで、何回、どれだけのページを移動しても、カウントされるユニークユーザーは1です。

ただ、同じユーザーでもパソコンからスマートフォンなど、デバイスが変わると別でカウントされるため注意しましょう。

まとめとして、PVと新しく紹介した3つの指標がどのようにカウントされるのか、ユーザーの行動歴から整理してみましょう。

ある日、2人のユーザーがサイトを訪れたとします。

ユニークユーザー_修正版_2

この日のそれぞれの指標は下記のようにカウントされます。

PV数:4

セッション数:3

ユニークユーザー:2

少しややこしいですが、ひとつひとつ整理し、サイト分析にうまく活用していきましょう。

【まとめ】PV(ページビュー)を増やしてWebマーケティングを成功させよう

今回はサイト解析で役立つPVについて紹介しました。

最後に注意点として、PV数が多ければ多いほど良いと決めつけるのはあまり望ましくありません

後半に紹介したセッションやユニークユーザーも同時に確認しながらサイトの改善をしていきましょう。

とはいえPV数が伸びているということは、そのぶんユーザーに自社やそのサービスを知ってもらえる機会が増えているということです。

PV分析を活かしたサイト運用で、webマーケティングを成功させていきましょう!