集客効果あり!税理士がリスティング広告を運用するためのノウハウ7選

study

「リスティング広告で税理事務所への集客を促したい」

「税理事務所の認知度を上げるためにリスティング広告運用のポイントが知りたい」

とお考えではないでしょうか?

税理士は昔から活躍されているベテランの方が多い分、事務所への集客が難しいですよね。

この記事では、事務所の認知度や集客に悩んでいる税理士さんに向けて、リスティング広告の運用ポイントを解説しています。

下記は記事の内容です。

この記事の内容

  • スティング広告をおこなう重要性について
  • 税理士がリスティング広告運用するときのポイント

記事の内容を読むことで、集客効果を出すための広告運用ポイントや、広告運用で注意するべき点が理解できます。

「他事務所よりも集客を促したい」「たくさんの方に事務所の存在を知ってほしい」とお考えの事務所経営者や広報の方は、ぜひ最後までご覧ください。

リスティング広告とは

リスティング広告とは、インターネット上で検索されたキーワードに連動して表示されるWeb広告です。税理士 リスティング広告たとえば上記の画像のように「税理士 東京」と検索すると、検索画面の上部に、東京にある税理事務所紹介サイトの広告が表示されます。

リスティング広告は、検索キーワードに連動するため、キーワードに興味があるユーザーにサービスをアピールできます。

そのため、集客や認知度拡大をおこなう施策としておすすめです。

税理士がリスティング広告をおこなう重要性 

税理士が集客するのであれば、Webサイトを開設するだけではなく、リスティング広告を運用することも視野に入れておくべきです。

なぜなら、Webサイトを持っていても他社サイトに埋もれてしまうからです。

そのため、Webサイトが自然検索で上位表示されていなければ、自社サイトをユーザーに見つけてもらうのは難しいでしょう。

ですが、リスティング広告をおこなえば、自社の認知度拡大や集客に繋がる可能性を広げられます。

リスティング広告は広告費を支払うため、最短で即日にWebサイトを上位表示させられます。

また、ユーザーの検索キーワードによって連動する広告なので、 キーワードに興味を持っているユーザーに対して自社をアピールすることも可能です。

そのため、リスティング広告は集客をおこなううえで費用対効果の高い施策といえるでしょう。

もし、Webサイトを持っていて集客に繋がっていないのであれば、リスティング広告をおこなうことも考えておきましょう。

税理士がリスティング広告を運用するための重要ポイント

この章では、税理士はリスティング広告を運用するための重要なポイントを解説しています。

どれも広告運用するうえで大切なことなので、しっかり理解して運用に活かしましょう。

以下は今回紹介するリスティング広告の重要ポイントです。

リスティング広告運用の重要ポイント

  1. 成果のハードルを下げる
  2. わかりやすい場所にコンバージョンボタンを設置
  3. 広告の配信エリアを設定する
  4. キーワードのマッチタイプを絞る
  5. 除外キーワードを設定する
  6. キーワードごとにリンク先を変える
  7. 広告表示オプションを設定する

1つずつ解説いたしますね。

リスティング広告運用のポイント1.成果のハードルを下げる

リスティング広告運用する際は、成果のハードルを下げましょう

成果のハードルを下げるとは、ユーザーが行動に移しにくいと思うゴールを、行動に移しやすいものに変えることを指します

たとえば、 Webサイトで求めるゴールが「有料相談」の場合、ユーザーは相談しても解決できなかった場合の可能性を恐れ、行動に移すことは難しいと考えられます。

ですが「無料相談」や 「資料請求(無料)」などにゴールを設定すれば、有料サービスよりハードルは低くなるのでユーザーは気軽に行動しやすくなります。

確実に成果を出すためにも、まずは成果のハードルを下げましょう。

リスティング広告運用のポイント2.わかりやすい場所にコンバージョンボタンを設置

広告のリンク先のウェブサイトには、ユーザーにわかりやすい位置にコンバージョンボタンを設置しましょう。

コンバージョンボタンとは、いわゆる成果に繋げるためのボタンです。

たとえば、

コンバージョンボタンの例

  • 「資料請求」
  • 「無料相談」
  • 「LINE登録」

などの書かれたボタンが挙げられます。

コンバージョンボタンを見やすい場所に設置するか、わかりやすいデザインにしないと、ユーザーはボタンの存在に気付きません。税理士 ファーストビューたとえば、上記画像のようにファーストビューに設置すれば、ユーザーはボタンの存在に気付きやすくなります。

ボタンをクリックしてもらうためにも、ボタンの設置場所やデザインには注意を払いましょう。

リスティング広告運用のポイント3.広告の配信エリアを設定する

広告を配信するエリアを決めましょう。

理由は、サービスを受ける確率が低い人に、広告表示させないようにするためです。

たとえば、埼玉にある税理士事務所に、わざわざ北海道に住んでいるユーザーが業務を依頼するとは考えにくいですよね。

そのため、リスティング広告は、サービス利用の可能性がある地域に広告を配信することが重要です。

例えば、税理士事務所が渋谷にある場合は、渋谷やその周辺の地域、または東京や隣接する都道府県に範囲を絞るといいでしょう。

事務所を利用する可能性があるユーザー広告配信するためにも、配信地域は絞りしましょう。

リスティング広告運用のポイント4.キーワードのマッチタイプを絞る

広告を出稿するためのキーワードが決まったら、マッチタイプを絞りましょう。

マッチタイプとは、設定したキーワードに対して広告の表示範囲を決める機能のことを指します。

マッチタイプには種類があり、それぞれ広告の表示範囲が異なります。

マッチタイプの種類

  • 完全一致
  • フレーズ一致
  • 部分一致

※「絞り込みフレーズ一致」は2021年7月以降、マッチタイプのアップデートにより設定不可となります。

そのため、当記事で紹介するマッチタイプは、アップデート後の種類です。

マッチタイプを絞らなければ、意図しないキーワードで広告を表示されることがあるため、注意が必要です。

たとえば「税理士 新宿」の登録キーワードに対して部分一致を使用した場合、「税理士 新宿 アルバイト」「税理士 関東」など、広範囲のキーワードで広告表示される可能性があります。

ですが、マッチタイプをフレーズ一致にすれば、部分一致よりもある程度広告の表示範囲が絞られます。

ユーザーによる不要なクリックを起こさないためにも、マッチタイプは絞っておきましょう。

リスティング広告運用のポイント5.除外キーワードを設定する

キーワードのマッチタイプを絞ったあとは、除外キーワードも設定しましょう。

除外キーワードとは、広告表示して欲しくないキーワードを設定する機能です。

除外キーワードを設定することで、ユーザーからの意図しないキーワードでの広告表示を防げます。

意図しないキーワードとは、主に企業に対するネガティブな言葉や、おこなっていないサービスなどです。

除外キーワードの例

ネガティブな言葉→怪しい、高額、詐欺
おこなっていないサービス→試験、バイト、オンライン相談

除外キーワードを設定しなければ、 ネガティブな印象を持たれてしまうこともあるので、しっかり設定しましょう。

リスティング広告運用のポイント6.キーワードごとにリンク先を変える

広告のキーワードごとにリンク先を変えるように設定しましょう。

なぜなら、広告内容とリンク先が違っていると、ユーザーはWebサイトから離脱する可能性があるからです。

広告内容に興味がありクリックしたのに、リンク先が違っているとユーザー自身でページを探さなければなりません。

そのため、ユーザーが途中で興味のあるページを探すのが面倒と感じたら、閲覧をやめて他社のWebサイトへアクセスする可能性があります。

自社のWebサイトに滞在してもらうためにも、広告内容とリンク先は合わせるようにしましょう。

また、リンク先のページを変えるだけではなく、相談内容ごとのLPを作成してリンク先に設定しても良いでしょう。

リスティング広告運用のポイント7.広告表示オプションを設定する

広告に自社の魅力を多く記載するためにも広告表示オプションを利用してみましょう。

広告表示オプションとは、広告に記載しきれなかった魅力を広告文以外の所に記載できるオプション機能です。

オプションは11種類あり、それぞれ使用できる用途が異なります。

税理士が広告表示オプションを使うのであれば「電話番号表示オプション」「サイトリンク表示オプション」がおすすめです。

電話番号表示オプション

電話番号表示オプションの画像
広告に自社の電話番号を記載できる機能です。

スマートフォンであれば、電話番号をタップするだけで電話をかけられます。

そのため、電話でのお問い合わせを増やせる可能性があります。

サイトリンク表示オプション

サイトリンク表示オプション 税理士
サイトリンク表示オプションとは、サイト内の特定ページへのリンクを表示できる機能です。

そのため、ユーザーは興味があるリンク先を自分で選択でき、サイト内へのアクセスへと繋がります。

自社の経営に合わせたオプション機能を利用して、ユーザーに企業の魅力を伝えられるように工夫しましょう。

リスティング広告は代理店への依頼がおすすめ!

ここまで読んでいただいたなかで、「リスティング広告を自分たちで運用するのは難しいかもしれない」と思われた方もいらっしゃるかと思います。

初めてリスティング広告を運用するとなると、覚えることが多すぎて気が遠くなりますよね。

ですが、代理店に依頼すれば、気が遠くなるような作業もすべて任せられます。

ぜひ、代理店に依頼することも視野に入れてみてください。

代理店に広告運用を依頼するおすすめの理由

  • おすすめな理由1.工数と時間がかからない
  • おすすめな理由2.広告運用の最新情報を手に入れられる

1つずつ解説しますね。

おすすめな理由1.工数と時間がかからない

代理店に依頼すれば、工数や時間をかけることなく企業は広告を出稿できます。

たとえば、

広告作成でおこなう設定の例

  • キーワードの選定
  • 広告文・タイトルの作成
  • ターゲットの設定

など広告を作成するのに設定が必要です。

自社だけで広告を出稿するとなると上記すべての過程を踏まなければなりません。

ですが、代理店に依頼すれば広告の作成から出稿・運用に至るまで代行してくれます。

その結果、企業は時間を割くことなく広告の出稿ができ、自社のサービスに専念できます。

おすすめな理由2.広告運用の最新情報を手に入れられる

依頼する代理店がGoogleやヤフーの正規代理店の場合、正規代理店でしか得られない情報を共有してもらえます。

以下が得られる情報の例です。

正規店で得られる情報の例

  • リスティング広告の新機能
  • 競合店の情報
  • リスティング広告の事例

情報を得ることで、さらに広告運用に活かせるようになります。

リスティング広告の旬な情報を教えてもらえるのも、広告代理店に依頼するメリットといえるでしょう。

リスティング広告の代理店をお探しならエクスコアへ

株式会社エクスコアでは、リスティング広告の運用代行もおこなっています。

2,000社以上のWeb広告の運用・販売を手がけてきた弊社のノウハウを駆使し、お客様のビジネスに合わせたプランを作成いたします。

エクスコアのサービスに興味をお持ちの方は、ぜひこの先もお読みください。

エクスコアのリスティング広告運用の強み1.充実したサポート体制

エクスコアの最大の強みは、お客様へのサポート体制が充実しているところです。

広告運用は常に効果が出ているか分析し、改善しながら企業の成果へ繋げなければなりません。

そのため、エクスコアでは弊社独自のマーケティング戦略を用いた施策を用意しています。

エクスコアのサポート例

  1. マーケティング戦略を用いた広告設計
  2. ペルソナに合わせたキーワード選定
  3. 広告作成企業の業種・サービスに合わせたヒアリング
  4. 月に一回以上の運用報告
  5. 10パターン以上の分析レポートの用意

などをおこなえます。

広告運用のプロとして、お客様のビジネスをさらに活性化できるよう誠心誠意サポートいたします。

エクスコアのリスティング広告運用の強み2.薬機法管理者の資格保持者による広告・Webサイト制作

薬機法は内容が複雑なので、自分たちで広告やWebサイトを作るのは難しいですよね。

エクスコアでは、薬機法に抵触しない、かつ成果を上げるための施策を簡単におこなえます。

弊社には薬機法管理者の資格保持者が在籍しており、お客様の広告・LP・Webサイトのすべてを管理しております。

そのため、薬機法という制限がある中でも、集客や売上獲得に繋がる施策が可能です。

エクスコアのリスティング広告運用の金額

以下、エクスコアのリスティング広告運用にかかる費用です。

ぜひ、参考にしてください。

エクスコアのリスティング広告にかかる費用

最低利用金額

10万円/月

最短利用期間

3ヶ月

初期費用

0円

手数料※

広告費の約20%

レポート

月1回〜


※手数料は広告費によって変動します。

業種・業界によって広告費のて適正価格は変動します。

【まとめ】リスティング広告運用のポイントを理解し集客・収入に繋げよう

当記事では、税理士がリスティング広告を運用するための運用ポイントを紹介してきました。

リスティング広告運用のポイント

  1. 成果のハードルを下げる
  2. わかりやすい場所にコンバージョンボタンを設置
  3. 広告の配信エリアを設定する
  4. キーワードのマッチタイプを絞る
  5. 除外キーワードを設定する
  6. キーワードごとにリンク先を変える
  7. 広告表示オプションを設定する

ポイントを押さえることで、広告費の削減やユーザーへのアプローチに繋がります。

ぜひ、積極的に取り入れてください。

もし、リスティング広告運用をおこなうのが難しい場合は、広告代理店に依頼するといいでしょう。

代理店でしたら、自分の時間を割くことなく広告運用できます。

弊社でも、リスティング広告運用をおこなっておりますので、気になる方は以下のバナーをクリックしてお問い合わせください。