美容室の集客にリスティング広告は効果的?|広告運用のコツも伝授

study

「美容室の集客にリスティング広告は効果的か?」

「リスティング広告はどのように運用すればいいのか?」

とお悩みではないでしょうか?

年々、美容室は増え続けているので、集客が難しくなっているかと思います。

今回の記事では、集客に悩まれる美容室の経営者 や広報担当者に向けて、リスティング広告の効果や運用ポイントについて記載しております。

以下は、記事の内容です。

記事の内容

  • リスティング広告とは何か
  • 美容室の集客にリスティング広告は効果的か
  • リスティング広告運用のコツ

この記事を読むことで、 リスティング広告の概要や運用ポイントについて理解できます。

また、広告運用以外のWEB施策についても記載しておりますので、 集客について理解を深めたい経営者や広報担当者は、ぜひ最後までご覧ください。

目次

リスティング広告とは

リスティング広告とは、検索されたキーワードに連動して表示される仕組みのWeb広告です。

美容室 リスティング広告とは

たとえば画像のように「ヘアサロン 東京」と検索すると、検索結果画面に東京にあるヘアサロンの広告が表示されます。

リスティング広告は、ユーザーの検索キーワードに連動します。

そのため、キーワードに関心のある人へのアプローチが可能です。

ユーザーへうまくアプローチできると、美容室の認知度拡大や売上に繋がりやすくなります。

Web上の集客において、リスティング広告は費用対効果の高い施策といえるでしょう。

美容室の集客にリスティング広告は効果的か?

リスティング広告は、美容室の認知度拡大や売上に繋げられる可能性を秘めています。

ただし、うまく運用する必要があります。

美容室 効果

参考:美容室・ヘアサロン選びのきっかけや決め手は? | HAIRLOG SPECIAL

上の画像は、 「美容室やヘアサロンを知る主なきっかけ」を調べた調査結果です。

「ヘアサロン検索・予約サイト」からのきっかけが、一番多い結果となりました。

つまり、美容室はWeb上での集客に力を入れるべきであることがわかります。

美容室 厚生労働省

参考:令和元年度_衛生行政報告例_概況-厚生労働省

ですが、2枚目の画像でわかるとおり、美容室は年々店舗数が増えています。

そのため、たくさんある美容室のWebサイトに、自社サイトが埋もれてしまう現状です。 

ですが、他社サイトに自社サイトが埋もれてしまわないようにする施策があります。

それは「リスティング広告」です。

前述のとおり、リスティング広告は検索キーワードに連動して、検索結果画面の上部に表示されます。

そのため、ユーザーに美容室の存在を認知されやすくなります。

リスティング広告は効率的に集客をおこなえる施策といえるでしょう。

では、リスティング広告をうまく運用するには、具体的にどのようにおこなえばいいのでしょうか?

次の章では、美容室がおこなうべきリスティング広告運用のコツをお伝えしますね。

美容室がおこなうべきリスティング広告運用のコツ

この章では、リスティング広告を運用する上でのコツをお伝えします。

以下は、今回紹介する運用のコツです。

リスティング広告運用のコツ

  1. コンバージョンボタンをわかりやすい場所に設置
  2. コンテンツを充実させる
  3. 地域名をキーワードに含む
  4. マッチタイプを絞る
  5. 除外キーワードを設定する
  6. ターゲットに沿った広告文にする
  7. 広告配信地域の設定をする
  8. Googleマイビジネスに登録する
  9. 広告表示オプションを設定する
  10. ローカル検索広告を利用する
  11. リマーケティング広告を利用する

1つずつ紹介しますね。

リスティング広告運用のコツ1.コンバージョンボタンをわかりやすい場所に設置

コンバージョンボタンをWebサイトのわかりやすい位置に設置しましょう。

コンバージョンボタンとは、 予約や売上などの成果に繋げるためのボタンです。

コンバージョンボタンの例

  • 「予約」
  • 「資料請求」
  • 「お問い合わせ」
  • 「購入」

Webサイトのわかりやすい位置にコンバージョンボタンを設置しないと、ユーザーはボタンの存在に気付かず、Webサイトを離脱する可能性があります。

美容室 Webサイト離れる理由

参考:b2b-web-usability-report-2015.pdf

上の画像は、KoMarketeingアソシエイツが調査した「購入者がWebサイトから離脱する理由」の結果です。

ユーザーがWebサイトから離脱する理由として「情報・内容がない」「連絡先情報がない」が多い結果となりました。

「連絡先情報がない」が多いとは、すなわち、ユーザーがお問い合わせボタンを見つけられなければ、Webサイトを離脱する可能性が高いことを指します。

また、お問い合わせボタンだけではなく、予約や購入などのユーザーが起こしたい行動を促すボタンがなければ離脱する可能性は高まります。

そのため、コンバージョンボタンは必ずユーザーがわかりやすい位置に設置することが重要です。

たとえば、コンバージョンボタンは画像のように、Webサイトや LPのファーストビューに設置すると、ボタンを見つけやすくなります。

また、ファーストビュー以外にも、リンク先の随所にボタンを設置することで、さらにコンバージョンへ繋げやすくなるでしょう。

リスティング広告運用のコツ2.コンテンツを充実させる

広告のリンク先であるWebサイトのコンテンツを充実させましょう。

以下は、コンテンツの例です。

コンテンツの例

  • ヘアカタログページ
  • スタッフの紹介ページ
  • メニュー
  • ブログ
  • 口コミ

コンテンツを充実させる理由は、ユーザーは Webサイトを見て予約をするか決める傾向があるからです。

美容室 公式ホームページ チェック

参考:美容室選びで「公式ホームページをチェックしますか?」のアンケート調査 | HAIRLOG SPECIAL

画像は、ユーザーが美容室を選ぶ際にWebサイトをチェックするかの調査結果です。

結果、Webサイトまでチェックするユーザーは、全体の66%でした。

ユーザーは美容室選びで失敗をしたくないため、美容室の雰囲気や技術、 評判を知ろうとします。 

そのため、Webサイトのコンテンツやデザインを充実させることが必要です。

たとえば、ヘアカタログページでは施術後の写真を多く載せる、ブログを更新させるなどが挙げられます。

ユーザーが安心して予約ができるように、まずは自社サイトのコンテンツを充実させましょう。

リスティング広告運用のコツ3.地域名をキーワードに含む

リスティング広告に登録するキーワードには「地域名」を含みましょう。

理由は、ユーザーが美容室を探す際に、地域名を含んだキーワードで検索しやすいからです。

以下の画像をご覧ください。

美容室 地域名

画像は美容室のキーワードを含んだ月間の検索ボリュームを表した画像です。

地域名を含んだキーワードで検索されていることがわかります。

そのため、 キーワードを考えるときには地域名を含めることも意識すると良いでしょう。

たとえば、 以下のようなキーワードで考えるとユーザーから検索されやすいです。

地域名を含んだキーワード

  • 地域名×美容院
  • 地域名×メニュー
  • 地域名×美容院×年齢

まずは上記のテンプレートに当てはめて、広告を作成してみましょう。 

リスティング広告運用のコツ4.マッチタイプを絞る

マッチタイプとは、登録したキーワードがどのような語句で検索されたときに広告表示されるかを決める機能です。

「完全一致」「フレーズ一致」「部分一致」の3種類で、それぞれ広告表示範囲が違います。

広告に登録するキーワードが決まったら、キーワードのマッチタイプを絞りましょう。

キーワードのマッチタイプを絞らないと、意図しないキーワードでの広告表示をされてしまう可能性があるからです。

たとえば、登録キーワードが「ヘアサロン 埼玉」の場合、 マッチタイプを絞らないと「ヘアサロン アルバイト」「ヘアサロン 大宮」などの意図していないキーワードで表示されることがあります。

つまり、集客とは関係ない、または集客の妨げとなるキーワードで広告表示される場合があることを指します。

そのため、ある程度マッチタイプを絞ることが必要です。

リスティング広告に慣れていないうちは、「フレーズ一致」というマッチタイプがおすすめです。

フレーズ一致は、登録したキーワードを含み、かつ、ユーザーの検索意図と合っている場合に広告が表示されます。

そのため、マッチタイプのなかでも使いやすい種類といえるでしょう。

リスティング広告運用のコツ5.除外キーワードを設定する

マッチタイプを設定し終わったら、次は除外キーワードを設定しましょう。

除外キーワードとは、広告表示したくないキーワードを設定する機能です。

マッチタイプよりもピンポイントで、広告表示させたくないキーワードを決められます。

除外キーワードは「店舗でおこなっていないサービス・事柄」「ネガティブなキーワード」を設定すると良いでしょう。

除外キーワードの例

店舗でおこなっていないサービス・事柄→「メンズ」「バイト」
ネガティブなキーワード→「批評」「悪い」「クレーム」「下手」

リスティング広告運用のコツ6.ターゲットに沿った広告文にする

美容室のターゲットに向けた広告文を作成しましょう。

なぜなら、万人受けする広告文は、 ユーザーの心に刺さらないからです。

あたり前ですが、「年齢」「性別」「こだわり」「悩み」は人によってそれぞれ異なります。

そのため、ユーザーの求めている内容が含まれていない広告は、自分事のように思えません。

結果、美容室への集客に繋がりにくくなります。

広告文を作る際には、まずどのようなターゲットに来てほしいか考えてから、作成しましょう。

リスティング広告運用のコツ7.広告配信地域の設定をする

広告を配信する地域の設定をおこないましょう。

地域を設定する理由は、美容室を利用する可能性があるユーザーに、なるべく広告表示できるようにするためです。

たとえば、美容室は東京にあるのに東北地方へも広告出稿すると、 広告を見てくれる人が増える分、広告予算が減りやすくなります。

広告予算が減るなかで、美容室を利用しにくいユーザーに広告表示しても、利益には繋がりません。

そのため、美容室を利用できそうなユーザーに絞って、広告配信をするのがおすすめです。

広告配信をするなら、美容室のある地域・都道府県で配信すると良いでしょう。

リスティング広告運用のコツ8.Googleマイビジネスに登録する

Googleマイビジネスに登録しましょう。

 Googleマイビジネスとは 、Googleが提供している無料ツールです。

ビジネスや組織の情報を登録でき、Google検索やGoogleマップに情報を表示できます。

Googleマイビジネスに登録したほうがいい理由は2つあります。

Googleマイビジネスに登録すると良い理由

  • Googleマップに店舗情報を掲載できる
  • 広告表示オプション(住所表示オプション)を利用できる

Googleマップに店舗情報を載せると、ユーザーが「地域名+業種名」で検索したときに 、店舗情報を見てもらいやすくなります。

以下の画像のように 地図も表示されるので、ユーザーが美容室の場所をすぐに確認できるのもメリットです。

Googleマイビジネスimg

二つ目の広告表示オプションとは、リスティング広告に設定できるオプション機能です。

のちに紹介する住所表示オプションは、 Googleマイビジネスに登録しないと設定できません。

住所表示オプションを利用すれば、 広告からも美容室の位置を確認できます。

そのため、ユーザーの利便性が上がります。

多くのユーザーに美容室を知ってもらうためにも、 Googleマイビジネスに登録して集客方法の幅を広げましょう。

リスティング広告運用のコツ9.広告表示オプションを設定する

広告表示オプションは、広告文に載せきれなかった美容室の魅力やサービスを記載できる機能です。

Google広告のオプションは全部で11種類、Yahoo!広告は4種類あり、それぞれ異なる内容でユーザーに店舗の魅力を伝えられます。

また、広告の表面積が広くなるため、ユーザーに広告の存在を認知されやすくなるメリットがあります。

そのため、リスティング広告を作成する際は、広告表示オプションも利用すると良いでしょう。

美容室が広告表示オプションを使用するなら、以下のオプションがおすすめです。

美容室におすすめの広告表示オプション

  • 電話番号表示オプション(Yahoo!「電話番号オプション」)
  • サイトリンク表示オプション(Yahoo!「クリックリンクオプション」)
  • 住所表示オプション
  • 価格表示オプション
  • プロモーション表示オプション

1つずつ、簡単に説明しますね。

電話番号表示オプション(Yahoo!「電話番号オプション」)

電話番号表示オプション-美容室 (1)

電話番号表示オプションは、広告に自社の電話番号を記載できるオプション機能です。

携帯で広告が表示された場合、電話番号を押せば電話が繋がります。

お問い合わせを増やしたい企業は電話番号表示オプションを設定すると良いでしょう。

サイトリンク表示オプション(Yahoo!「クリックリンクオプション」)

サイトリンク表示オプション 美容室 (1)

サイトリンク表示オプションとは、リンク先の特定ページを広告に表示できるオプションです。

一目でどのようなページがあるのかわかるので、ユーザーは気になったページへすぐにアクセスできます。

アクセス数を増やしたい場合におすすめのオプションです。

住所表示オプション

住所表示オプション 美容室 (1)

住所表示オプションは広告に住所や地図、距離を表示できるオプションです。

ユーザーが住所をクリックすれば、店舗の所在地やビジネス関連情報をまとめられたページが表示されます。

特に来店型ビジネスをおこなっている企業の広告に効果的です。

ただし、住所表示オプションを利用するにはGoogleマイビジネスに登録しなければなりません。

住所表示オプションを使用したい場合は、まずGoogleマイビジネスに登録しましょう。

価格表示オプション

価格表示オプション 美容室のコピー (1)

広告の下部に、商品名と価格、説明文を記載できるオプションです。

価格訴求は、ユーザーの関心を惹きやすいため、コンバージョンに繋がりやすくなります。

ただし、オプションに記載した内容がリンク先に乗ってない場合は、広告の審査に落ちる可能性があるため注意しましょう。

プロモーション表示オプション

プロモーション表示オプション 美容室 (1)

広告の下部に、商品・サービスの割引やプロモーション情報を訴求できるオプションです。

定期的に開催されているイベントや、期間限定セールをおこなっている企業の広告に有効です。

広告表示オプションを利用して、美容室の魅力をユーザーに伝えられるようにしましょう。

リスティング広告運用のコツ10.ローカル検索広告を利用する

ローカル検索広告とは、Googleマップ上に出稿できるリスティング広告です。

ユーザーが「場所」に関する検索をおこなった際に、検索結果画面にGoogleマップが表示されます。

Googleマップには自社の所在地や電話番号などのビジネス情報を記載でき、うまくローカル検索広告を利用すれば、マップの上位に広告表示できます。

美容室 ローカル検索広告

多くのユーザーに、美容室の存在を気付いてもらうには、検索上位表示は重要です。

ローカル検索広告を利用して、美容室の認知度拡大に努めましょう。

ただし、前述の「住所表示オプション」を設定しないと利用できないため、注意しましょう。

リスティング広告運用のコツ11.リマーケティング広告を利用する

リマーケティング広告とは、Webサイトにアクセスしたユーザーを追いかけて、他社Webサイトの広告枠(ディスプレイ広告)やアプリに自社広告を掲載できる機能です。

リマーケティング広告 図解

自社サイトに訪れたユーザーは、自社に興味を持っている可能性があります。

そのため、広告表示させることで見込み顧客に再度アプローチすることが可能です。

また、リマーケティング広告には、「検索広告型リマーケティング(RLSA)」と呼ばれる手法があります。

検索広告型リマーケティングとは、一度Webサイトにアクセスしたユーザーが、再度検索した検索語句で検索した場合に、リスティング広告を表示させる方法のことです。

そのため、広告掲載先は他社サイトではなく、Googleの検索結果になります。

検索広告型リマーケティングもおこなうことで、見込み顧客にアプローチできるため、実行してみると良いでしょう。

リスティング広告は代理店への依頼がおすすめ!

ここまで読んでいただいたなかで、「リスティング広告を自分たちで運用するのは難しいかもしれない」と思われた方もいらっしゃるかと思います。

初めてリスティング広告を運用するとなると、覚えることが多すぎて気が遠くなりますよね。

ですが、代理店に依頼すれば、気が遠くなるような作業もすべて任せられます。

ぜひ、代理店に依頼することも視野に入れてみてください。

代理店に広告運用を依頼することがおすすめの理由2選

  • おすすめな理由1.ノウハウがなくても広告を出稿できるおすすめな理由2.広告運用の最新情報を手に入れられる

1つずつ解説しますね。

おすすめな理由1.工数と時間がかからない

代理店に依頼すれば、工数や時間をかけることなく企業は広告を出稿できます。

たとえば、広告作成するのには以下のような設定が必要です。

広告作成に必要な過程の例

  • キーワードの選定
  • 広告文とタイトルの作成
  • ターゲットの設定

自社だけで広告を出稿するとなると上記すべての過程を踏まなければなりません。

ですが、代理店に依頼すれば広告の作成から出稿・運用に至るまで代行してくれます。

その結果、企業は時間を割くことなく広告の出稿ができ、自社のサービスに専念できます。

おすすめな理由2.広告運用の最新情報を手に入れられる

依頼する代理店がGoogleやヤフーの正規代理店の場合、正規代理店でしか得られない情報を共有してもらえます。

以下が得られる情報の例です。

正規代理店でしか得られない情報の例

  • リスティング広告の新機能
  • 競合店の情報
  • リスティング広告の事例

情報を得ることで、さらに広告運用に活かせるようになります。

リスティング広告の旬な情報を教えてもらえるのも、広告代理店に依頼するメリットといえるでしょう。

リスティング広告の代理店をお探しならエクスコアへ

株式会社エクスコアでは、リスティング広告の運用代行もおこなっています。

2,000社以上のWeb広告の運用・販売を手がけてきた弊社のノウハウを駆使し、お客様のビジネスに合わせたプランを作成いたします。

エクスコアのサービスに興味をお持ちの方は、ぜひこの先もお読みください。

エクスコアのリスティング広告運用の強み1.充実したサポート体制

エクスコアの最大の強みは、お客様へのサポート体制が充実しているところです。

広告運用は常に効果が出ているか分析し、改善しながら企業の成果へ繋げなければなりません。

そのため、エクスコアでは弊社独自のマーケティング戦略を用いた施策を用意しています。

エクスコアのサポート例

  1. マーケティング戦略を用いた広告設計
  2. ペルソナに合わせたキーワード選定
  3. 広告作成
  4. 企業の業種・サービスに合わせたヒアリング
  5. 月に一回以上の運用報告
  6. 10パターン以上の分析レポートの用意

などをおこなえます。

広告運用のプロとして、お客様のビジネスをさらに活性化できるよう誠心誠意サポートいたします。

エクスコアのリスティング広告運用の強み2.薬機法管理者の資格保持者による広告・Webサイト制作

薬機法は内容が複雑なので、自分たちで広告やWebサイトを作るのは難しいですよね。

エクスコアでは、薬機法に抵触しない、かつ成果を上げるための施策を簡単におこなえます。

弊社には薬機法管理者の資格保持者が在籍しており、お客様の広告・LP・Webサイトのすべてを管理しております。

そのため、薬機法という制限がある中でも、集客や売上獲得に繋がる施策が可能です。

エクスコアのリスティング広告運用の金額

以下、エクスコアのリスティング広告運用にかかる費用です。

ぜひ、参考にしてください。

エクスコアのリスティング広告にかかる費用

最低利用金額

10万円/月

最短利用期間

3ヶ月

初期費用

0円

手数料※

広告費の約20%

レポート

月1回〜

※手数料は広告費によって変動します。

業種・業界によって広告費のて適正価格は変動します。

【まとめ】リスティング広告運用を理解して美容室への集客に活かそう

今回の記事は、美容室がリスティング広告をおこなう効果や運用ポイントを記載しました。

  • リスティング広告とは何か 
  • 美容室の集客にリスティング広告は効果的か
  • リスティング広告運用のコツ

リスティング広告は、運用次第で店舗の認知度拡大や売上に繋げられます。

成果を出すには、以下のようなポイントが重要です。

リスティング広告運用のコツ

  1. コンバージョンボタンをわかりやすい場所に設置
  2. コンテンツを充実させる
  3. 地域名をキーワードに含む
  4. マッチタイプを絞る
  5. 除外キーワードを設定する
  6. ターゲットに沿った広告文にする
  7. 広告配信地域の設定をする
  8. Googleマイビジネスに登録する
  9. 広告表示オプションを設定する
  10. ローカル検索広告を利用する
  11. リマーケティング広告を利用する

もし、リスティング広告の運用が難しいと感じるのならば、広告代理店に依頼する手もあります。

広告代理店でしたら、広告作成からその後の運用まで任せられます。

そのため、ご自身やスタッフの時間を割くことなく、広告運用が可能です。

弊社では、リスティング広告の運用代行をおこなっていますので、気になる方は以下のバナーをクリックしてお問い合わせください。