ホテル業界必見!リスティング広告の効果と運用ポイントを解説

study

「リスティング広告ってホテル業界でも効果はあるの?」

「リスティング広告を使って集客したいけど、どのように運用したらいいの?」

とお悩みではないでしょうか?

2020年以降より、ホテル含め観光業の需要が大幅に減ってしまったので、集客に結びつけたいですよね。

今回の記事では、ホテル事業者の方に向けて「リスティング広告の効果」や「リスティング広告を運用する重要なポイント」を解説しています。

以下は記事の内容です。

記事の内容

  • ホテル業界でもリスティング広告の効果はあるか?
  • ホテル業界がリスティング広告を運用するための重要ポイント

この記事を読むことで、 集客をおこなうための広告運用の具体的なポイントがわかります。

集客に結びつけたいホテル経営者や広報担当の方は、ぜひ最後までご覧ください。

ホテル業界でもリスティング広告は効果ある? 

ホテル業界でも、リスティング広告運用の知識をつけて運用すれば集客や認知度拡大の効果が期待できます。

ホテル データ
参考:旅館・ホテル業界の最新M&A動向 | 山田コンサルティンググループ

上記の画像は山田コンサルティンググループ株式会社の「国内旅行の申込みによく使う方法」の結果をまとめたグラフです。

観光業では、おもにインターネット上のWebサイトからの申込みが多いとわかります。

そのため、インターネット上での集客施策に力を入れなければなりません。リスティング広告1
参考:「2020年 日本の広告費 インターネット広告媒体費 詳細分析」 – ニュースリリース一覧 – ニュース – 電通

2枚目の写真は、電通が公開した「広告費と広告媒体の内訳」です。

2019、2020年ともに検索連動型広告(リスティング広告)が最も多く利用されています。

つまり、リスティング広告に効果があると実感しているユーザーが多いことを意味しています。

リスティング広告は、検索したキーワードに連動して表示される広告のため、キーワードに興味のあるユーザーにアプローチ可能です。

そのため、効率的に集客を促せます。

ホテル業界は「ホテル名+地域名」のようなキーワードで検索されやすい業種なので、ユーザーの検索キーワードに一致すれば集客に結びつきやすくなるでしょう。

以下の章からは、リスティング広告運用するための重要なポイントを紹介します。

実践的な内容となっておりますので、 実際に実行してみましょう。

ホテル業界がリスティング広告を運用するポイント

この章では、ホテル業界の方がリスティング広告を運用するうえでの重要なポイントを紹介しています。

以下は、今回紹介する運用ポイントです。

リスティング広告の運用ポイント

  1. キーワードのマッチタイプを絞る
  2. 除外キーワードを設定する
  3. 広告のタイトルに地域名を入れる
  4. 広告表示オプションをつける
  5. リマーケティング広告を配信する
  6. Googleホテル広告と連携する

1つずつ解説しますね。

リスティング広告の運用ポイント1.キーワードのマッチタイプを絞る

マッチタイプとは、検索キーワードに対して広告表示範囲を設定できる機能です。

マッチタイプには3種類あり、それぞれの広告出稿範囲が異なります。

マッチタイプの種類

  • 完全一致
  • フレーズ一致
  • 部分一致

※2021年7月より、Googleのアップデートによりマッチタイプの種類・機能が変わります。

そのため、アップデート後の内容を記載しています。

マッチタイプを絞らないと、検索キーワードに関係ないキーワードでの広告表示をされる可能性があるため、注意しなければなりません。

関係ないキーワードで広告表示されれば、ユーザーのニーズと異なるため、成果に繋がりにくくなります。

たとえば「ホテル 東京」で広告のキーワードを設定したのに、「観光 東京」で広告表示がされたとします。

「観光 東京」で検索したユーザーは、東京で観光できる場所を探しているニーズが汲み取れるため、ホテルの予約に結びつけるには難しいです。

成果を得るためには、ある程度キーワードの広がりを抑えることが必要です。

「フレーズ一致」に設定すれば、キーワードの表示範囲をある程度絞れるので、リスティング広告に慣れていないうちは利用すると良いでしょう。

リスティング広告の運用ポイント2.除外キーワードを設定する

キーワードのマッチタイプを絞れたら、次は「除外キーワード」を設定しましょう。

除外キーワードとは、広告表示してほしくない語句を設定できるシステムです。

設定することでユーザーによる意図しないキーワードでの広告表示を防げます。

除外キーワードで設定するべき語句は、主に「ネガティブ要素があるキーワード」や「おこなっていない仕事や設備」です。

以下は、除外キーワードの例です。

除外キーワードの例

ネガティブ要素のあるキーワード→「クレーム」「批評」等
おこなっていない仕事や設備→「送迎バス」「天然温泉」等

除外キーワードを設定しないと、ホテルにとって不利なキーワードでの広告表示をされてしまう可能性があります。

そのため、設定をおこない、ホテルの評判を落とすようなキーワードの除外が必要です。

リスティング広告の運用ポイント3.広告のタイトルに地域名を入れる

広告のタイトルにはホテルのある地域名を記載しましょう。

なぜなら、ユーザーは自分が利用したいと思う地域名でホテルを検索するからです。

タイトルに地域名が入っていれば目立つため、その地域のホテルを利用したいユーザーに注目されます。

ホテル 広告文(地域名)

また、画像のようにタイトルと検索されたキーワードが一致すれば太文字になり、より認知されやすくなります。

広告のタイトル欄にはホテルがある地域名を入れて、ユーザーが関心を持つように工夫しましょう。

リスティング広告の運用ポイント4.広告表示オプションを付ける

広告表示オプションを利用して、ホテルの魅力をユーザーに伝えましょう。

広告表示オプションとは、広告文に載せきれなかったホテルの魅力や、サービス内容などの事柄を表示できるオプション機能です。

利用することで、ユーザーにホテルの情報を多く伝えられます。

オプション機能は全部で11種類あります。

なかでも、ホテルの広告でおすすめなオプションは「サイトリンク表示オプション」「電話番号表示オプション」です。

サイトリンク表示オプション

サイトリンク表示オプション ホテル

サイトリンク表示オプションとは、リンク先のWebページを表示できる機能です。

画像のように「トップページ」「お問い合わせ」などのWebページが一目でわかるため、ユーザーは興味があるページにすぐアクセスできます。

電話番号表示オプション

電話番号表示オプション-ホテル

電話番号表示オプションとは、広告に電話番号を記載できる機能です。

携帯で広告が表示された場合、電話番号を押せばそのままお問い合わせができる仕組みです。

お問い合わせを増やしたいときには、電話番号表示オプションを利用すると良いでしょう。

また、広告表示オプションを利用すれば、広告の表面積が広がりユーザーの目に止まりやすくなるメリットもあります。

広告表示オプションを積極的に利用して、ユーザーにホテルの魅力をたくさん伝えていきましょう。

リスティング広告の運用ポイント5.リマーケティング広告を配信する

リマーケティング広告とは、ユーザーが一度アクセスしたウェブサイトの広告を、別のWebサイトの広告枠に表示できる機能です。

リマーケティング広告を利用することで、自社ホテルに興味や関心があるユーザに対してアプローチできます。

特にホテル業界は、他社のホテルと比較検討されやすいため、 ユーザーに対するアプローチが重要となってきます。

アプローチをするうえでリマーケティング広告は、 効果が期待できる施策といってもいいでしょう。

リスティング広告の運用ポイント6.Googleホテル広告と連携する

リスティング広告だけではなく、Googleホテル広告も出稿しましょう。

Googleホテル広告とは、ユーザーがホテルに関してGoogle検索すると、ホテルの宿泊情報が表示される機能を指します。

利用すれば、ユーザーにホテルの空き状況や料金などの宿泊情報を表示できます。

ホテル Googleホテル広告

Googleホテル広告は各予約サイトの宿泊料金を比較できる機能があるため、ユーザーにとって利便性が高いといえるでしょう。

ユーザーがキーワード検索した際、通常はリスティング広告が検索結果画面の上部に表示されます。

ですが、検索するキーワードによってはGoogleホテル広告が優先的に表示されることもあるので、リスティング広告と併用するといいでしょう。

リスティング広告は代理店への依頼がおすすめ!

ここまで読んでいただいたなかで、「リスティング広告を自分たちで運用するのは難しいかもしれない」と思われた方もいらっしゃるかと思います。

初めてリスティング広告を運用するとなると、覚えることが多すぎて気が遠くなりますよね。

ですが、代理店に依頼すれば、気が遠くなるような作業もすべて任せられます。

ぜひ、代理店に依頼することも視野に入れてみてください。

代理店に依頼するおすすめの理由

  • おすすめな理由1.工数と時間がかからない
  • おすすめな理由2.広告運用の最新情報を手に入れられる

1つずつ解説しますね。

おすすめな理由1.工数と時間がかからない

代理店に依頼すれば、工数や時間をかけることなく企業は広告を出稿できます。

たとえば、広告を作成するのには、以下の工程が必要です。

広告作成でおこなう設定の例

  • キーワードの選定
  • 広告文・タイトルの作成
  • ターゲットの設定

自社だけで広告を出稿するとなると上記すべての過程を踏まなければなりません。

ですが、代理店に依頼すれば広告の作成から出稿・運用に至るまで代行してくれます。

その結果、企業は時間を割くことなく広告の出稿ができ、自社のサービスに専念できます。

おすすめな理由2.広告運用の最新情報を手に入れられる

依頼する代理店がGoogleやヤフーの正規代理店の場合、正規代理店でしか得られない情報を共有してもらえます。

以下が得られる情報の例です。

正規店で手に入れられる最新情報の例

  • リスティング広告の新機能
  • 競合店の情報
  • リスティング広告の事例

情報を得ることで、さらに広告運用に活かせるようになります。

リスティング広告の旬な情報を教えてもらえるのも、広告代理店に依頼するメリットといえるでしょう。

リスティング広告の代理店をお探しならエクスコアへ

株式会社エクスコアでは、リスティング広告の運用代行もおこなっています。

2,000社以上のWeb広告の運用・販売を手がけてきた弊社のノウハウを駆使し、お客様のビジネスに合わせたプランを作成いたします。

エクスコアのサービスに興味をお持ちの方は、ぜひこの先もお読みください。

エクスコアのリスティング広告運用の強み1.充実したサポート体制

エクスコアの最大の強みは、お客様へのサポート体制が充実しているところです。

広告運用は常に効果が出ているか分析し、改善しながら企業の成果へ繋げなければなりません。

そのため、エクスコアでは弊社独自のマーケティング戦略を用いた施策を用意していま

エクスコアのサポート例

  • マーケティング戦略を用いた広告設計
  • ペルソナに合わせたキーワード選定
  • 広告作成
  • 企業の業種・サービスに合わせたヒアリング
  • 月に一回以上の運用報告
  • 10パターン以上の分析レポートの用意

などをおこなえます。

広告運用のプロとして、お客様のビジネスをさらに活性化できるよう誠心誠意サポートいたします。

エクスコアのリスティング広告運用の強み2.薬機法管理者の資格保持者による広告・Webサイト制作

薬機法は内容が複雑なので、自分たちで広告やWebサイトを作るのは難しいですよね。

エクスコアでは、薬機法に抵触しない、かつ成果を上げるための施策を簡単におこなえます。

弊社には薬機法管理者の資格保持者が在籍しており、お客様の広告・LP・Webサイトのすべてを管理しております。

そのため、薬機法という制限がある中でも、集客や売上獲得に繋がる施策が可能です。

エクスコアのリスティング広告運用の金額

以下、エクスコアのリスティング広告運用にかかる費用です。

ぜひ、参考にしてください。

エクスコアのリスティング広告にかかる費用

最低利用金額

10万円/月

最短利用期間

3ヶ月

初期費用

0円

手数料※

広告費の約20%

レポート

月1回〜

※手数料は広告費によって変動します。

業種・業界によって広告費のて適正価格は変動します。

【まとめ】リスティング広告を理解してホテルの集客に繋げよう

今回は、ホテル事業者がリスティング広告を運用するためのポイントをまとめました。

以下の運用ポイントをおこなうことで、ホテルの集客に繋がりやすくなります。

リスティング広告の運用ポイント

  1. キーワードのマッチタイプを絞る
  2. 除外キーワードを設定する
  3. 広告のタイトルに地域名を入れる
  4. 広告表示オプションをつける
  5. リマーケティング広告を配信する
  6. Googleホテル広告と連携する

上記のポイントは、実用的な内容となっていますので、ぜひ積極的に活用してください。

もし「リスティング広告運用をおこなうのが難しい」と感じるようでしたら、広告代理店に広告運用を依頼すると良いでしょう。

代理店が広告運用することで、自身やスタッフの時間を割くことなく、Web広告を出稿できます。

弊社は、Web広告の運用をおこなっていますので、もし気になる方は以下のバナーをクリックしてお問い合わせください。

どんな些細な疑問や不安も、専門のスタッフが丁寧に対応させていただきます。