不動産商材にリスティング広告の効果はある?広告運用のポイントも解説

study

「不動産商材とリスティング広告は相性がいいのか?」「不動産商材はどのように広告運用すればいいか?」と、お困りではないでしょうか。

不動産商材は高額なだけあって、リスティング広告が本当に効果的なのか不安に思ってしまいますよね。

結論からいうと、リスティング広告は不動産業界でも効果はあります。

ただし、効果を出すためには企業のサービスに応じた運用が必要です

運用方法を間違えると思うような成果が得られないこともあるので、しっかり学ぶ必要があります。

そこで、今回の記事では、不動産業界におけるリスティング広告運用のポイントをまとめました。

この記事の内容

  • 「不動産業界におけるリスティング広告の効果」
  • 「広告運用のポイント」
  • 「代理店に広告運用を任せるメリット」

この記事を読むことで、不動産企業が成果に繋げられやすくするための運用方法がわかるようになります。

リスティング広告を使おうか悩んでいる会社の経営者の方や、広報担当の方はぜひ参考にしていただければと思います。

不動産商材に対してリスティング広告の効果はあるか?

結論、リスティング広告は不動産商材にも効果はあります。

ですが、効果を出すためには企業のサービス内容に応じた運用が必要です。

たとえば、都心部の人をターゲットにしている賃貸企業の場合。

人口が多い土地は成約に繋がるチャンスが増えるため、競合の数は多いです。

そのため、広告を出稿しても充分な成果を得られない可能性があります。

反対に、商材のターゲットが地方の場合。

地方は都心部と比べ競合が少ないので、成果獲得に繋がる可能性があります。

ただ、ターゲットが競合の多い都心部だからといって、効果が発揮されないわけではありません。

リスティング広告は商材や運用次第で成果の結果は変わるので、商材次第では都心でも成果が出る可能性はあります。

ターゲットにする土地だけで判断するのではなく、自社の商材も考慮して広告を運用することが大切なのです。

次の章では、不動産商材における広告運用の成功に必要なポイントを5つまとめています。

広告運用を成功に近づけたい方は、ぜひ読んでいただければと思います。

不動産商材でリスティング広告を成功させるポイント5選

いざ、リスティング広告を運用しようと思っても、どのように運用すればいいかわからないですよね。

この章では不動産業界が広告で集客を成功させるためのポイントを紹介しています。

リスティング広告を成功させるポイント5選

  • 成果のハードルを下げる
  • リンク先のWebサイトには物件の写真を貼る
  • 駅名を記載する
  • 検索意図によって訴求先の内容を調整する
  • リマーケティング広告を活用する

リスティング広告で成果を上げるために必要な施策なので、ぜひチェックしてください。

リスティング広告を成功させるポイント1.
成果のハードルを下げる

不動産商材でリスティング広告を運用するときには、求める成果のハードルを下げることが重要です。

ハードルを下げるとは、「物件の購入」をゴールにするのではなく、「資料請求」といったユーザーが行動に移しやすいことをゴールにするという意味です。

不動産の取引は高価なため、ユーザーは購入に対して慎重になります。

そのため、ユーザーが行動しやすいことを成果にして興味を持たせたほうが、最終的な利益に繋がりやすくなるのです。

ユーザーが行動しやすい成果例

  • 無料の資料請求
  • お問合わせ
  • 無料セミナーの予約

売上に直接繋がるわけではないので、一見遠回りに見えるかもしれません。

しかし、いきなりサービスの購入を促されると、ユーザーは商品を売り込まれている感覚を覚えるため、Webサイトから離脱するリスクは高くなります。

ユーザーを購入まで促すことを目的に運用してみましょう。

リスティング広告を成功させるポイント2.
リンク先のWebサイトには物件の写真を貼る

リンク先のWebサイトには、物件の画像を貼りましょう。

Webサイトのサービス内容を認識したり、どのような物件があるのかユーザーが想像できるようにするためです。

ユーザーが知りたい情報のあるサイトだと認識すれば、Webサイトに興味を持ってもらえる可能性があり、離脱率を下げられます。

たとえば、Webサイトのファーストビューに物件の画像がない場合、どのような内容のWebサイトかわかりにくいですよね?

Webサイトに自分の知りたい情報がないとユーザーが認識すれば、内容に興味を持ってもらえず、離脱してしまいます。

「どのような情報があるWebサイトなのか」をユーザーに伝えるためにも、物件の画像を入れるようにしましょう。

リスティング広告を成功させるポイント3.
駅名を記載する

企業のサービス内容に応じて、駅名を広告文もしくはWebサイトに記載しましょう。

なぜならユーザーは、駅名を含むキーワードで検索することが多いからです。

たとえば、「新宿 マンション」「目白 賃貸」などのキーワードが挙げられます。

都心は駅から目的地までの距離が近く、駅名を含むキーワードで検索される傾向があるので、キーワードに駅名を含むことをおすすめします。

ただしターゲットが地方の場合は、駅名より市区町村で検索されることが多いので注意しましょう。

なぜなら地方は都心部より駅数が少なく目的地までの距離が遠いため、駅名を含むキーワード検索に意味がないからです。

広告を出稿する地域によっても駅名が必要か判断するようにしましょう。

リスティング広告を成功させるポイント4.
検索意図によって訴求先の内容を調整する

検索されるキーワードの内容からユーザーの状況を判断し、与える情報を変えましょう。

当然ですが、ユーザーが知りたい情報とは違う内容を表示してもサービスの訴求には繋がらないからです。

たとえば、ユーザーが「賃貸 東京」と検索したとします。

検索キーワードより、ユーザーは東京の賃貸物件を探している状況だと考えられるでしょう。

しかしリンク先が東京の賃貸物件を探せるサイトではなかった場合、ユーザーの意図から離れていますよね。

自分の求める情報がないと認識すれば、ユーザーはWebサイトから離脱してしまいます。

また、検索キーワードとWebサイトの関連性が低すぎると、そもそも広告が表示されなくなる恐れがあります。

キーワードからユーザーの心情を読み取り、検索意図に沿ったWebサイトを反映できるようにしましょう。

リスティング広告を成功させるポイント5.
リマーケティング広告を活用する

リスティング広告を成功させたいのであれば、リマーケティング広告を活用するといいでしょう。

リマーケティング広告とは

Webサイトに訪問したことのあるユーザーを追いかけて、自社の広告を表示する仕組みを指します。リマーケティング広告は、企業情報に興味のあるユーザーに対してアプローチできるので、コンバージョン獲得に繋げやすい媒体です。

たとえばユーザーがA社のWebサイトにアクセスしたあとに、他社のページにアクセスしたとしてもA社の広告を表示できます。

ユーザーは内容に興味があるからこそWebサイトにアクセスするので、アプローチをすることで広告内容に興味を持つ可能性があります。

自社の企業情報に関心のあるユーザーを集客するためにも、リマーケティング広告は積極的に活用すると良いでしょう。

ただし、リマーケティング広告は表示回数が多すぎるとユーザーから嫌悪される可能性があるので、慎重に設定してください。

リスティング広告は代理店への依頼がおすすめ

ここまで読んでいただいたなかで、「リスティング広告を自分たちで運用するのは難しいのではないか」と思われた方もいらっしゃるかと思います。

初めてリスティング広告を運用するとなると、覚えることが多すぎて気が遠くなりますよね。

ですが、代理店に依頼すれば、気が遠くなるような作業もすべて任せられます。

ぜひ、代理店に依頼することも視野に入れてみてください。

代理店に広告運用を依頼することがおすすめの理由2選

  • ノウハウがなくても広告を出稿できる
  • 広告運用の最新情報を手に入れられる

1つずつ解説しますね。

代理店がおすすめな理由1.
工数と時間がかからない

代理店に依頼すれば、工数や時間をかけることなく企業は広告を出稿できます。

リスティング広告を出稿するまでには、さまざまな作業があり、工数がかかる作業も少なくありません。

リスティング広告出稿の作業例

  • キーワードの選定
  • 広告文とタイトルの作成
  • ターゲットの設定

自社で広告を出稿するとなると、上記すべての作業を行う必要があります。

しかし代理店に依頼すれば広告の作成から出稿・運用に至るまで代行してもらえるため、自社への負担はほとんどありません。

その結果、企業は時間を割くことなく広告を出稿でき、自社のサービスに専念できます。

代理店がおすすめな理由2.
広告運用の最新情報を手に入れられる

依頼する代理店がGoogleやヤフーの正規代理店の場合、正規代理店でしか得られない情報を共有してもらえます。

以下が得られる情報の例です。

広告の最新情報例

  • リスティング広告の新機能
  • 競合店の情報
  • リスティング広告の事例

情報を得ることで、さらに広告運用に活かせるようになります。

リスティング広告の旬な情報を教えてもらえるのも、広告代理店に依頼するメリットといえるでしょう。

リスティング広告の代理店をお探しならエクスコアへ

株式会社エクスコアでは、リスティング広告の運用代行もおこなっています。

2,000社以上のWeb広告の運用・販売を手がけてきた弊社のノウハウを駆使し、お客様のビジネスに合わせたプランを作成いたします。

エクスコアのサービスに興味をお持ちの方は、ぜひこの先もお読みください。

エクスコアのリスティング広告運用の強み

エクスコアの最大の強みは、お客様へのサポート体制が充実しているところです。

広告運用は常に効果が出ているか分析し、改善しながら企業の成果へ繋げなければなりません。

そのため、エクスコアでは弊社独自のマーケティング戦略を用いた施策を用意しています。

エクスコアのサポート例

  • マーケティング戦略を用いた広告設計
  • ペルソナに合わせたキーワード選定
  • 広告作成
  • 企業の業種・サービスに合わせたヒアリング
  • 月に一回以上の運用報告
  • 10パターン以上の分析レポートの用意

広告運用のプロとして、お客様のビジネスをさらに活性化できるよう誠心誠意サポートいたします。

エクスコアのリスティング広告運用の金額

以下、エクスコアのリスティング広告運用にかかる費用です。

ぜひ、参考にしてください。

エクスコアのリスティング広告にかかる費用
最低利用金額

10万円

最短利用金額3ヶ月
初期費用0円
手数料広告費の約20% ※手数料は広告費によって変動場合もあります
レポート月1回〜

業種・業界によって広告費のて適正価格は変動します。

詳しい費用を知りたい方は、下記の弊社サイトのお問い合わせからご連絡ください。

インターネット広告運用代理店|株式会社エクスコア

【まとめ】リスティング広告を駆使して売上に繋げよう

今回の記事では、不動産業界におけるリスティング広告の効果や運用ポイントを中心に解説いたしました。

今回ご紹介した内容

  • 「リスティング広告とは何か」
  • 「不動産業界におけるリスティング広告の効果」
  • 「広告運用のポイント」
  • 「代理店に広告運用を任せるメリット」

リスティング広告はユーザーによって検索されたキーワードに連動し、表示される広告です。

リスティング広告は企業の商材・サービス内容・ターゲットなどによって効果は変わります。

ですが、運用次第では認知拡大・集客に繋がるので、利用することも視野に入れておくと良いでしょう。

エクスコアでは、Web広告の運用代行やWebサイト制作などのサービスを提供しています。

エクスコアの広告運用に興味のある方は、以下のバナー広告をクリックしていただきお問い合わせください。