【Webマーケターあるある7】広告運用者が広告運用以外で身についたスキル3選

COLUMNS

こんにちは!

Webma編集部の垣谷です。

2020年ももうすぐ終わりますね。

個人的にはかなり成長したと胸を張って言える1年でした。

仕事はもちろんプライベートも充実して、いろんなスキルが身につきました!

スキルといえばWebマーケターはその職業柄、対応する範囲も広いため実務以外のスキルも身に付くことが多いのではないでしょうか?

そこで今回は社内の広告運用者に、広告運用以外で身についたスキルをアンケートしました。

アンケート結果から3つ厳選して紹介するので、ぜひ仕事中の気晴らしにご覧ください。

広告運用者が広告運用以外で身についたスキル3選1.
工数のかかる作業はだいたいツールでどうにかできる

広告運用者の業務は手動でやると、かなり時間がかかってしまうものも多く、『こんなの一人じゃ終わらないよぉぉぉぉぉぉ!!!』と心の中で叫んでしまうケースも少なくありません。

しかしWebのプロである彼らは、Webにはそんな時間がかかってしまう業務を効率化するツールがWeb上にあることを、知っているのです。

仮に知らなかったとしても、ツールを見つけ出したりツールを組み合わせてなんとしてでも業務を効率化するのです。

特にGoogle Chromeの拡張機能は業務を効率できるものが多いので、ぜひいろいろ探してみてください。

また拡張機能やPCのアプリケーションでは解決できない問題も、スマートフォンのアプリなどで解決できるケースもあります。

就業規則を確認、上司に報告をして問題がなければ、スマートフォンのアプリもうまく活用して、業務効率改善を実現してみましょう。
※セキュリティ上、問題がないソフトやツールであるかを十分に確認した上で利用してください。

 

広告運用者が広告運用以外で身についたスキル3選2.
表計算ソフトがいつのまにかめっちゃ上達している

Webマーケターや広告運用と聞くとキラキラしたイメージを持つ方もいるかもしれませんが、実際の業務はパソコンに向き合ってコツコツと地道な作業も実は多いです。

表計算ソフトを利用して、フォーマットを作ってレポートや書類を作成することも多く、入社して間もない頃は慣れないソフトやツールに苦戦する人もしばしば。
(僕はいまだに苦手・・・。)

しかしそんな表計算ソフトも、業務で使っていくにつれていつの間にか使えるようになっていて、2年も経てば社内でもトップレベルで使いこなすようになっているのです。

この記事を読んでいる方の中にも、そういえば入社当時は表計算ソフトが全然使えなかったなとエモーショナルな気分になっている方もいるのではないでしょうか?

そうなんです。表計算ソフトは初めはみんな苦手なんです。

もしこの記事を読んでいる方の中に、いままさに表計算ソフトに苦戦されている方がいらっしゃれば、ぜひ諦めないでチャレンジしつづけてください。

そのお悩みはあなただけではありません。

広告運用者が広告運用以外で身についたスキル3選3.
ググり方が上手くなる

弊社マーケターYさんからの回答がこちら。

なにかと新しいことや、様々な業界知識・商材知識を理解しなければいけない職種である広告運用者。

必然的に検索エンジンを利用して、知識を吸収する回数も他の職種よりも多くなりますよね。

検索しても情報がなかなか見つからない場合でも、どうにかして情報を手に入れなければいけない状況に立たされることも少なくありません。

『このキーワードがダメなら、あのキーワードで!』と検索キーワードを工夫して、自分がほしい情報にたどり着く努力をしているのです。

その結果、日常的に自分がほしい情報にすぐにたどり着けるようになり、他の人よりも情報取得の効率が良くなるとのことでした。

たしかに、プライベートでも検索してもほしい情報が見つからないということはけっこうありますから、身に付けたいスキルでもあるかもしれませんね。

※動画に出てくるタコスミパスタの検索結果は弊社のオリジナルコンテンツなので、実際の検索結果とは異なります。
タコスミパスタがない理由は諸説あります。

【まとめ】広告運用者は広告運用以外のスキルも身に付く仕事

今回は『広告運用者が広告運用以外で身についたスキル』を紹介しました。

もちろん今回紹介したスキルは、広告運用者出なければ身につかないということはありませんが、このようなスキルも業務上必要であり、よく使われるということを知っていただけたなら幸いです。

広告運用者をはじめとしたはWebマーケターの業務は、多岐にわたるということはよく言われます。

しかし、実際に実務以外の業務やスキルに注目されることあまりない気がしたので、今回の記事を公開しました。

もしこの記事を読んでいるあなたが『Webマーケターのこういうところが知りたい』『広告運用者のこういう情報がネットにはない』など、Webマーケティングに関することで気になっていることがあれば、ぜひお気軽にお問い合わせください。