【成長日記】広告運用者が仕事で大切にしているマインドとは?現役広告運用社にインタビューしてみた

COLUMNS

こんにちは!

Webma編集部の垣谷です。

突然ですが広告主のみなさま。こんなことをお考えになったことはないでしょうか?

『広告代理店と付き合いがあるけど、実際どんな人がうちの広告を運用してるんだろう?』

弊社も広告代理業を主幹事業としていますが、広告運用担当者が実際にお客様とお会いすることはほとんどありません。

おそらく他の広告代理業をメインとしている企業も、広告運用担当者が実際にお客様とお会いすることはほとんどないと思いますし、それが業界のスタンダードなのだと私も思っていました。

そこでこの記事では、弊社広告運用担当者の佐野にインタビューをおこない、広告代理店の広告運用者がどんな思いを持って仕事をしているのか聞いてきました。

広告主の方は、ぜひ参考にしてください。

弊社の広告運用担当者である佐野が登場しているので、彼女の人間味にも着目してご覧いただければと思います。

 

なぜ広告運用担当者になったのか?

新卒でこの会社に入ったんですけど、最初は営業職でした。

そこから同期の話を聞いて興味を持ったのがきっかけなんですけど、ちょうど興味を持ってるときに、事業部を大きくする時に上司からお声がけいただいたのが広告運用者になったきっかけです。

それで仕事の話を聞いていて、1つの課題に対して仮説たてて実施して、その結果を経て、次の施策はこうしようと考える仕事の過程がすごい自分の中で向いているなぁと思いましたね。

そしてなにより、この仕事好きなんじゃないかなと思ったのが広告運用者になった理由ですね。

実際に広告運用をやってみてどう感じている?

広告運用担当者になって感じたこと

自分が思ってた以上に考える領域が広いなと思いました。

広告運用担当になる前は、数字を確認してひたすら効果改善するんだろうなと思っていました。

しかし、そもそもどういった媒体で広告を出すとか、どういう訴求をするのかなど、考える分野がとても広いなと感じています。

そんななか、それぞれの広告媒体で新しい媒体・ターゲティングなどが、続々出てくるので常に情報をインプットしなければいけません。

それは大変ではあるんですけど、常に新しい知識を得たなと感じることができる点が広告運用者のいいところですね。

広告運用のやりがいは?

広告代理業のやりがい

担当する範囲がすごく広いので、広告運用以外の業務も担当させてもらえることがよいところだと思います。

例えばSEO・MEO・サイトの改善なども関わることができるので、自分の中でもスキルアップしている実感がありますね。

広告運用という仕事をどのように捉えているか?

広告代理業をどう捉えているか?

一番のミッションはクライアント様がやりたいっていう思いを、広告運用に具体的にアウトプットして実現することだと考えています。

お客さんの中でも、Web広告を全くやったことない、やってたけど全然やり方が分からなくて上手くいかなかった、というお客さんが多いんですね。

まずはそれをしっかりヒアリングしていきます。

  • どこが本質的な課題なのか
  • その課題を解決するにはどの広告媒体がいいのか
  • 広告をどのターゲット層にあてることがいいのか、

そういったところをだして、お客様自身が気づけていない課題の部分をより具体的にして解決していくっていう形ですね。 

佐野の広告運用担当者としての強み

佐野の広告運用者としての強み

色んな業界を広告の運用させてもらったとこが強みかなと思っています。

広告をはじめとしたマーケティングでは、BtoC・BtoBや商材によって、売り方や施策が変わります。

運用担当1年目のときに、いろんな業種を担当させてもらったので、そこは強みですね。

佐野が仕事で大切にしていること

仕事で大切にしていること

さまざまな観点から、視野が狭くならないように考え続けることを大切にしています。

運用改善に関してもこれが正解という、絶対的な施策が1個しかないというわけではありません。

色んな成功方法や、改善方法がいくらでもあります。

そのため、自分が今まで成功した経験が、それで本当にいいのかっていうのを定期的に考えることを大切にしています。

クライアントワークで大切にしていること

クライアントワークで大切にしていること

お互いの当たり前と思っていることが、本当に相手にとって伝わってるかをしっかり確認するようにしています。

弊社側でいうと、Web広告にとっての当たり前ですね。

どれくらいで成果がでるか、どこが難しいかなど、当たり前として理解していることがあります。

しかし、お客様は当然、全くわかっていらっしゃらないこともあるので、その当たり前をしっかりお互い理解して、納得した上で施策・運用に迎えているかは大事にしています。

私は運用担当なのでお客様と直接お話しすることはほとんどありません。

お客様とは営業担当が直接コミュニケーションをとります。

広告運用担当は、営業担当からお客様の情報を聞いて、施策に取り組むという流れですね。

そうなった時に私がAのお客さんに伝わったことを、そのままBのお客さんに同じように伝えようとしたときに、上手く伝わらない部分がどうしても出てくることは難しさを感じますね。

営業担当の方に確認したら、ここが理解できていないというギャップがお客さんによってあるので、それから気を付けるようになりました。

今後どういったことに挑戦してきたいか

今後どういったことに挑戦していきたいか

Web広告運用以外、特にSEO対策・サイト改善など、Web周りをスキルアップしていきたいと思っています。

現状はSEOやサイト改善の専属メンバーと、相談させていただきながらお客さんに提案するという形で対応しています。

それをもっと自分で一人で考えられるようになり、個人のスキルの幅を広げていくことによって、先方にあった良いプランを提供できるような体制にしていきたいですね。

【まとめ】

今回は弊社の広告運用者の佐野にインタビューしてきました。

広告主様からすると、コミュニケーションを取ることが少ない広告運用者が何をしているか、どんな思いで働いているのか、ということを疑問に感じている方も多かったのではないでしょうか?

この記事はあくまでも佐野の主観的な話がメインなので、この考え方が一般的とは言い切れません。

しかし佐野の考えに共感し、魅力的に感じた方は、広告運用を佐野に依頼してみてはいかがでしょうか?

佐野への依頼は以下の長方形の画像のリンク先からお願いいたします。

リンク先の問い合わせフォームに『会社名』『ご担当者名』『メールアドレス』『お問合せ内容』の4項目を記載していただくだけで、1分でお問合せが可能です。

問合せ完了後、3営業日以内に担当者からご連絡差し上げます。

どんな些細なお悩みでも、まずはお気軽にご相談ください。