リスティング広告運用に役立つ資格|代表的な資格の概要から勉強法まで

study

リスティング広告の営業する際に、クライアントに対して「自らの知識を資格で証明できたら」と思った経験はありませんか?

リスティング広告運用は、高い専門知識と経験値を求められる業務です。

広告運用代行に問い合わせをいただいたものの、営業担当者の提案を「専門家の提案」として受け止めてもらえないケースもあありますよね。

そのような状況を打開する最適な方法が、リスティング広告運用の資格取得です。

資格を有していれば、提案営業の際に「専門家の提案」として受け止められ営業がスムーズに進む可能性が高まります。

本記事では資格の種類や概要、効率的な勉強法について紹介します。

運用担当者はもちろん営業担当者も参考にしてください。

リスティング広告試験の種類

リスティング広告といえば、Google広告Yahoo!広告が一般的によく使われる媒体です。

各社ともに運用者の専門知識を証明するための認定資格制度を設けています。

それがこちら。

リスティング広告の資格試験2種類

  • Google広告認定資格
  • Yahoo!プロモーション広告プロフェッショナル認定資格

※注意
Yahoo!プロモーション広告プロフェッショナル認定資格は、「Yahoo!広告」へのリニューアルにより認定試験が2019年9月末日をもって休止されています。
2020年10月現在、再開時期については正式な発表はありません。

いずれも、資格取得のためには試験を受ける必要があります。

リスティング広告試験の種類1.
Google広告認定資格試験

Google広告認定資格は、6種類あります。

資格の種類と、各試験の出題内容は次のようになっています。

Google広告認定資格試験の種類
検索広告Google検索連動型広告の作成および運用についての専門知識
ディスプレイ広告Googleディスプレイ広告(GDN)の作成および運用についての専門知識
動画広告YoutubeとGoogleの動画広告の作成と運用についての専門知識
広告の測定最適化のために広告の実績を計測するための専門知識
ショッピング広告ショッピング広告の作成と運用についての専門知識
アプリ広告アプリ広告の作成および運用するための専門知識

取得した資格には有効期限があり、取得日から1年間が期限です。

Web業界は変化が激しいため、常に最新の知識を習得しておく必要があります。

そのため、Googleは定期的に知識をアップデートしてもらうことを目的に、1年の有効期限を設定しているということです。

リスティング広告試験の種類2.
Yahoo!プロモーション広告プロフェッショナル認定試験

Yahoo!の認定試験には「ベーシック」「アドバンス」の2種類の資格があります。

Yahoo!プロモーション広告プロフェッショナル認定試験の種類

  • ベーシック・・・運用に必要な基礎知識を試験
  • アドバンス・・・知識をもとに運用への応用力を試験

Google同様、Yahoo!の認定資格にも有効期限があり、受験日より2年間となっています。

Googleと比較して有効期限は1年長くなっていますが、こちらも定期的な知識のアップデートが必要です。 

Google広告認定資格試験の概要

Google広告認定資格試験の概要を表にまとめました。

Google広告認定資格試験の概要
受験方法パソコンからオンライン受験
受験費用無料
試験時間75分
出題内容各資格の基礎的内容
合格ライン正解率80%以上
出題数40〜50問(選択式)

Google広告の認定資格試験は、パソコンで受験できます。

Googleの「スキルショップ」 というサイトからオンライン受験が可能です。

スキルショップを利用するには、Googleアカウントが必要なのでご注意ください。

ログイン後、各認定資格の「理解度テスト」を受験し、合格すると認定資格を取得できます。

いつでも受講できますが、不合格の場合は24時間以内は再受験ができません。

出題される問題は比較的やさしく、引っかけ問題はほとんど出ません。

スキルショップを熟読したら合格できるレベルです。

また試験料が無料なので金銭的負担なく何度でも再受験ができます。

ちなみに「Google広告認定資格」は個人の資格ですが、代理店がGoogle Partnerの認定を受けるには、この資格の取得者が社内に1名以上いなければなりません。

Yahoo!プロモーション広告プロフェッショナル認定資格試験の概要

Yahoo!プロモーション広告プロフェッショナル認定資格試験の概要を表にまとめました。

Yahoo!プロモーション広告プロフェッショナル認定資格試験の概要
 ベーシックアドバンス
受験方法

47都道府県約100箇所にあるテストセンターで会場に用意されたコンピュータを利用して受験

受験費用7,179円(税込)
試験時間60分80分
出題内容検索広告、ディスプレイ広告(YDN)、Yahoo!広告サービス全般、マーケティング全般に関する基礎知識検索広告、ディスプレイ広告(YDN)、Yahoo!広告サービス全般、マーケティング全般に関する応用
合格ライン

認定スコア(200~1000点)により評価。合格・不合格がない。

860点以上の得点で、プロフェッショナル認定ロゴが利用できる。

出題数60問(選択式)80問(選択式)

 Yahoo!の認定資格試験を受験するためには、47都道府県約100箇所にあるテストセンターに出向く必要があります。

会場に用意されたコンピュータを利用してテストを受けなければなりません。

また受験料が有料であることもGoogleと異なる点で、気軽に何回でも受験できるものではありません。

リスティング広告の資格試験でおすすめの勉強方法

ここからは、各資格試験の勉強方法をご紹介します。

試験別の勉強方法

  • Google広告認定資格:「スキルショップ」
  • Yahoo!プロモーション広告プロフェッショナル認定資格:「公式ラーニングポータル」


1つずつご紹介します。

Googleの勉強方法:スキルショップ

Google広告認定資格のおすすめの勉強方法は、スキルショップ」(旧称 Academy for Ads)というトレーニングプラットフォームを活用することです。

スキルショップは誰でも登録が可能で、Google広告ヘルプよりわかりやすく実践に即した知識を学習できるプログラムです。

「検索広告」「ディスプレイ広告」「動画広告」「広告の測定」「ショッピング広告」「アプリ広告」の各広告のキャンペーン作成と運用管理の基礎知識を体系的に習得できるほか、Googleの広告マーケティングに関する考え方が理解できます。 

Yahoo!の勉強方法:公式ラーニングポータル

Yahoo!にも「公式ラーニングポータル」という学習サイトが準備されており、記事がテーマごとにまとめられているので、こちらで基礎的な知識を獲得できます。

上記のサイトで調べてもわからない場合は、ヘルプセンターに電話で問い合せをすることも可能です。

リスティング広告の資格を持つメリット

リスティング広告の資格を持つと、次の3つのメリットがあります。

資格を持つメリット

  • 専門知識があることを証明できる
  • より効果的な広告運用ができる
  • 会社をパートナー登録に繋げる条件の1つを満たせる


それでは、詳しくみていきましょう。

資格を持つメリット1.
専門知識があることを証明できる

GoogleやYahoo!が公認する認定資格なので、専門知識やスキルがあることをクライアントに対して証明することができます。

また、保有している資格は履歴書の資格欄に記載することができるため、転職・就職の際にも有利になるでしょう。

その他にも、FacebookやLinkedinといったSNSのプロフィール欄に資格を記載すれば、リスティング広告の運用スキルを習得していることをアピールできます。

また、フリーランスで広告運用代行を受注する方々にとっては、資格の有無は受注率に大きく影響します。

資格を持つメリット2.
より効果的な広告運用ができる

知識とスキルがあれば、実際の広告運用でのパフォーマンスが向上します。

資格試験にむけて学習をおこなうということは、Google広告やYahoo!広告の詳細な仕様を理解し、正しい知識を習得することになります。

したがって、運用スキルを向上させることが可能だということです。

資格には有効期限があるため、資格を維持するためには継続的な学習も必須となります。
結果的に、日進月歩する運用システムの最新知識が習得できるというわけです。

新しい知識やスキルを継続的に仕入れることで、運用実績の向上につながるのです。

資格を持つメリット3.
会社をパートナー登録に繋げる条件の1つを満たせる

認定資格それ自体は個人のスキルを証明する資格です。

しかし、GoogleにもYahoo!にも広告代理店などの法人を対象とした、認定資格と同様のパートナー制度があります。(Googleは「Google Partener」、Yahoo!は「Yahoo!マーケティングソリューション パートナー」という名称です。)

そのパートナー認定を受けるための必須条件のひとつが、「認定資格者が1名以上所属していること」となっています。

つまり、個人が認定資格を所有していれば、会社のパートナー認定にも貢献できるということです。

企業としてパートナーに認定された場合、GoogleとYahoo!の公式サイトにある認定パートナー一欄に掲載されるほか、認定パートナーのロゴをサイトや名刺に記載できるようになります。

結果として、会社全体の信頼・評価が高まり、新規クライアントの獲得にもつながっていくでしょう。

【まとめ】広告運用の正しい知識を学び、事業に活かしましょう

リスティング広告の認定資格について、これまでの内容を以下にまとめます。

リスティング広告の主要な資格は2つあります。

リスティング広告の資格試験

  • Google広告認定資格(Adwords認定資格)
  • Yahoo!プロモーション広告プロフェッショナル認定試験(Yahoo!広告にリニューアル予定)

Google広告認定資格の受験は無料でオンライン受験が可能です。

一方、Yahoo!プロモーション広告プロフェッショナル認定試験は受験料7,179円(税込)が必要で、指定会場においての受験となります。

資格試験合格の勉強は、GoogleとYahoo!それぞれでeラーニングサイトを用意しています。

こちらで基礎的な知識を把握してください。

リスティング広告の資格を取得するメリットは3つあります。

資格を取得するメリット

  • 知識や能力の証明になる
  • 細かい仕様を把握できるので、運用に活かせる
  • 会社をパートナー登録に繋げる条件の1つを満たせる(会社のサイトや名刺にロゴを記載できる)

リスティング広告の運用において資格は必須ではありません。

しかし、資格は運用者並びに営業担当者としての知識や経験の証明になりますので、ぜひ資格取得に向けて頑張ってください!