クロスSWOT分析

study

クロスSWOT分析とは

事業環境分析で行うSWOT分析で出てきた情報を掛け合わせて戦略を考える手法のことです。

SWOT分析で得られた解釈を一歩進めて戦略に落とし込む際に使われるフレームワークになります。

SWOT分析は事業環境を

  • 「Strength:強み」
  • 「Weakness:弱み」
  • 「Opportunity:機会」
  • 「Threat:脅威」

という4カテゴリに分類し分析する手法ですが、

この「Strength:強み」「Weakness:弱み」と「Opportunity:機会」「Threat:脅威」をそれぞれ掛け合わせます。

SWOT分析
クロスSWOT
  • 強みと機会:会社の強みを生かしどのように機会を最大限に活かせるのかを考えます。
  • 強みと脅威:強みを活かし脅威を避ける、もしくは脅威を機会に変えられるかを検討します。
  • 弱みと機会:機会を活かして弱みを克服する戦略を考えます。
  • 弱みと脅威:こちらは撤退を視野にいれ、いかに脅威からの影響を抑えるのかを考えるべきポイントです。

強みや弱み、機会と脅威に関しては事実ではなく主観的な要素であることを留意しましょう。

その時の状況によって、また商材、サービスによっては強みが弱みになったり弱みが強みになったります。

SWOT分析とは

SWOT分析を詳しく説明します。

SWOT分析とは事業環境を

  • 「Strength:強み」
  • 「Weakness:弱み」
  • 「Opportunity:機会」
  • 「Threat:脅威」

という4カテゴリに分類することで、戦略の策定を行う際に用いられる事業環境分析フレームワークの1つです。

分類の方法として「内部要因」「外部要因」と「好ましい傾向:プラス要因」と「好ましくない傾向:マイナス要因」の四象限のマトリックスに分けるかたちになります。

  • 「Strength:強み」:内部要因*好ましい傾向:プラス要因
  • 「Weakness:弱み」:内部要因*好ましくない傾向:マイナス要因
  • 「Opportunity:機会」:外部要因*好ましい傾向:プラス要因
  • 「Threat:脅威」:外部要因*好ましくない傾向:マイナス要因

事業環境の各要素は、マクロ環境分析のPEST分析3C分析で抽出することが一般的です。