Google広告で最新のアトリビューションモデルを構築〈2021年10月Web広告ニュース〉

NEWS

こんにちは、Webma編集部です。

今回は、10月に発表されたWeb広告の最新情報を紹介しています。

広告運用者の方は、ぜひ最後までご覧ください。

2021年10月Web広告ニュース

  • 【Google広告】2021年10月から「データドリブンアトリビューション」を展開
  • 【Google広告】特定の広告主が過去30日間以内に掲載した広告をユーザーが閲覧可能に
  • 【Yahoo!広告】ディスプレイ広告(運用型)がLINEアプリ配信を開始

1つずつ見ていきましょう!

【Google広告】2021年10月から「データドリブンアトリビューション」を展開

Googleは、ユーザーがコンバージョンに至った全ての関連データを評価するデータドリブンアトリビュージョン」と呼ばれる機能を構築しました。

データドリブンアトリビュージョンは高度な機械学習機能を使用されています。

ユーザーのプライバシーを尊重しながら、各広告がコンバージョンにどのように貢献したかを正確に理解します。 

2021年10月以降にデータドリブンアトリビュージョンを展開していき、2022年の初めまでにすべてのGoogle広告アカウントに導入すると発表されています。

参考:The future of attribution is data-driven

【Google広告】特定の広告主が過去30日間以内に掲載した広告をユーザーが閲覧可能に

Googleは、広告主が過去30日以内に掲載した広告内容をユーザーが確認できるように、広告開示を強化しています。

広告主ページを確認すれば、Webサイトへのアクセスや商品購入の前に、広告主について詳しく知ることができます。

また、ユーザーはどのような広告主か理解できると同時に、広告がポリシー違反していると感じれば、広告をGoogleに報告できます。

広告主のページは、今後数か月以内に米国で公開され、2022年には徐々に多くの国に展開される予定です。

参考:ユーザーにGoogle広告エクスペリエンスの透明性を高める

【Yahoo!広告】ディスプレイ広告(運用型)がLINEアプリ配信を開始

Yahoo!のディスプレイ広告(運用型)の提携パートナーサイトに「LINE」が追加されました。

10月13日からLINEアプリへの配信がスタートされています。

最初は少量の配信量から始め、徐々に配信料を増やしていく予定であると発表。

配信対象の広告タイプ

レスポンシブ(画像)

 ※ピクセルサイズ300×300、アスペクト比1.91:1のいずれも対象です。

参考:【ディスプレイ広告(運用型)】LINEアプリ配信について – Yahoo!広告

【最後に】

株式会社エクスコアでは、今後定期的に広告・SEOについての最新情報を発信いたします。

新しい機能や情報が知りたい方は、ぜひ今後ともご覧いただけると幸いです。

また、SEOや広告運用でわからないことがある場合は、以下のバナー広告をクリックしてお問い合わせください。

専門スタッフが丁寧にご案内いたします。