Google広告とYahoo!広告の最新アップデートを紹介〈2021年8月Web広告ニュース〉

NEWS

こんにちは、Webma編集部です。

Webmaでは、広告運用やSEOに関する最新情報をピックアップしてお届けしています。

今回は、広告運用をおこなううえで知っておきたいアップデートを厳選して解説しています。

広告運用者の方は、ぜひ最後までご覧ください。

記事の内容

  • 【Yahoo!広告】ディスプレイ広告における自動運用ルール実行内容の追加・機能改善
  • 【Yahoo!広告】新形式の自動入札タイプ提供開始予定
  • 【Google広告】アトリビューションモデルがYouTube広告とディスプレイ広告にも対応可能に

一つずつ見ていきましょう!

【Yahoo!広告】ディスプレイ広告における自動運用ルール実行内容の追加・機能改善

ディスプレイ広告における自動運用ルール実行内容の追加・機能改善が2021年8月24日(火)に実施されました。

追加内容と改善内容は以下のとおりです。

ディスプレイ広告における自動運用ルール実行内容の追加・機能改善
追加内容・改善内容概要
実行内容の追加(運用型のみ)条件を満たした際に、1日の予算や入札価格、目標コンバージョン単価の変更が可能になりました。
実行条件の追加(運用型/予約型)
ルール作成時に、配信実績を基にしたルール実行条件が設定可能になりました。
関連付け設定の拡充(運用型のみ)
自動運用ルールの関連付け設定方法が増えました。
説明の追加(運用型/予約型)
ルールに任意の説明文を設定可能になりました。

参考:【ディスプレイ広告】 自動運用ルール 実行内容の追加など機能改善のお知らせ – Yahoo!広告

【Yahoo!広告】新形式の自動入札タイプ提供開始予定

検索広告の標準入札設定に、新しい形式の自動入札タイプが提供開始されます。

今までは、広告の掲載目的の変更に応じて、入札方法も変更しなければなりませんでした。

ですが新形式の自動入札タイプでは、入札方法を変更せずに、自動入札タイプのオプション設定で調整が可能になります。

そのため、柔軟なキャンペーン運用に対応できます。

提供開始日

広告管理ツール:2021年9月8日(水)
検索広告版キャンペーンエディター:2021年9月13日(月)
※日程は変更になる場合があります。

参考:【検索広告】新形式の自動入札タイプ提供開始について – Yahoo!広告

【Google広告】アトリビューションモデルがYouTube広告とディスプレイ広告にも対応可能に

Googleはこのアトリビューションモデル(ラストクリック アトリビューション以外)に対して、8月にアップグレードをおこないました。

アップグレードしたことで、YouTube広告とディスプレイ広告にも対応可能になりました。

またデータドリブン アトリビューション モデルでは、ユーザーが広告に対してどのような操作をおこない、どのようにコンバージョンを達成したかについても測定できるようになっています。

参考:アトリビューション モデルが YouTube 広告とディスプレイ広告にも対応するようになりました – Google 広告 ヘルプ

【最後に】

株式会社エクスコアでは、今後定期的に広告・SEOについての最新情報を発信いたします。

新しい機能や情報が知りたい方は、ぜひ今後ともご覧いただけると幸いです。

また、SEOや広告運用でわからないことがある場合は、以下のバナー広告をクリックしてお問い合わせください。

専門スタッフが丁寧にご案内いたします。