Search Console のページエクスペリエンスレポートが簡素化 <2021年8月SEOニュース>

NEWS

こんにちは!Webma編集部です。

Webmaでは、日々の業務で忙しいWeb・SEO担当者のお役に立てるよう、SEOの最新情報を毎月ピックアップしてお届けします。

さて、今回は2021年8月のニュースの中から、編集部が厳選した3つのトピックをご紹介します。

2021年8月のSEOニュース

  • Search Consoleのページエクスペリエンスレポートから「セーフブラウジング」「広告に関する問題」が削除
  • 緊急事態宣言下の業界別SEO動向調査が発表!検索マーケット全体は活発化傾向
  • コアウェブバイタル改善にも役立つ!「Lighthouse」を使ったテクニカルSEOガイドが公開

さっそく見ていきましょう!

Search Console のページエクスペリエンスレポートから「セーフブラウジング」「広告に関する問題」が削除

Googleは2021年8月4日、検索セントラルブログにおいてSearch Consoleのページエクスペリエンスレポートを簡素化したことを発表しました。

変更内容

  • 「セーフブラウジング」の削除
  • 「広告に関する問題」の削除

この変更により、ページエクスペリエンスレポートに反映される指標は、現在以下の3つとなっています。

  • ウェブに関する主な指標
  • モバイルユーザビリティ
  • HTTPSの使用状況

詳細はGoogle公式の下記ページをご参照ください。

ページ エクスペリエンス レポートの簡素化

緊急事態宣言下のSEO動向が発表!検索マーケット全体は活発化傾向

株式会社フルスピードは、2020年8月〜2021年8月の検索流入数の変化を業界別にまとめた調査を公開しました(2021年8月17日)。

ポイント

  • 6業界全体での検索流入数は、前年比105%で増加傾向。検索市場全体としては活発化している。
  • 最も伸び率が高かったのは、生命保険業界で前年比140%。
  • 最も流入数が減ったのは、OTA(オンライントラベルエージェント)業界で前年比93%。

表やグラフ、考察も掲載されていますので、ぜひ下記ページで詳細をご確認ください。

【2021年】業界別SEO動向調査【8月前年同月比較】 緊急事態宣言下において検索マーケットはどう変化したか

コアウェブバイタル改善にも役立つ!「Lighthouse」を使ったテクニカルSEOガイドが公開

Search Engine Journal が、「Lighthouse」で確認可能な「パフォーマンス」項目を改善するためのガイドを公開しました。

Lighthouseとは、Webサイトを分析・監査するためのChrome拡張機能です。

「パフォーマンス」には、ページの読み込み速度や、ユーザーの操作に対する反応など、いわゆる「コアウェブバイタル」を含む6つの指標が含まれています。

詳しくは下記のページをご参照ください(海外サイトなのですべて英語で記載されています。翻訳機能を活用してお読みください)。

A Technical SEO Guide to Lighthouse Performance Metrics

最後に

当サイト「Webma」では、SEOやWeb広告など、Webマーケティングに関するお役立ち情報を定期的に発信しています。

各種SNSも運用していますので、ぜひフォローして次回の更新をお待ちください!

現在、SEOの無料診断サービスも提供しています。

もしSEOに関して何かお困りごとがございましたら、下記バナーよりお気軽にご相談ください。