リスティング広告とバナー広告の違いとは?おすすめなケースも紹介

study

リスティング広告 バナー

「リスティング広告とバナー広告はどちらが効果がでやすいの?」

「リスティング広告とバナー広告って何が違うの?」

この記事を読んでいるということは、あなたもこのようなお悩みを持っているのではないでしょうか。

リスティング広告とバナー広告はWeb広告のなかでもよく使われる広告ですが、運用を始めたてのときは違いをはっきりと理解するのは難しいですよね。

じつはこの2つの広告は同格の概念ではありません

つまりそもそもの概念から違うのです。

この記事ではリスティング広告とバナー広告の違いと、それぞれのメリット・デメリットを解説します。

少なくとも広告運用を担当する方は、広告効果を最大化するためにも広告を使い分ける必要があるため、理解しておきましょう。

リスティング広告とは?

リスティング広告は、Googleやヤフーなどの検索結果に表示される広告です。

リスティング広告という言葉自体は、広告の配信先を意味しています。

テキスト型の広告なので、画像や動画ではなく文字だけでユーザーにアプローチします。

検索結果に『広告』と表示されたエリアをみたことがあるのではないでしょうか?

リスティング広告とSEO掲載位置

これがリスティング広告です。

リスティング広告の特徴は売上に繋がりやすいという点です。

検索キーワードに連動して広告が表示されるため、リスティング広告のユーザーは『そのキーワードを知っている・興味がある顕在層』だといえます。

顕在層はそのキーワードに対して興味を持っている場合が多く、アクションしてもらいやすいため、売上に繋がりやすいのです。

バナー広告とは?

バナー広告ディスプレイ広告の1種です。

バナーとは旗や横断幕を意味しており、広告業界では画像形式の広告をバナー広告と呼びます。

以下の画像の赤枠のバナーは、弊社で実際に広告出稿していたものです。

バナー広告例

このような広告形式で出稿される広告がバナー広告です。

リスティング広告は配信面を意味する言葉なので、リスティング広告とバナー広告はそもそもの概念が違います。

バナー広告はポータルサイトやWebメディアなどに設けられた広告枠に、表示される広告です。

たとえばYahoo!JAPANでいうと、トップページのファーストビュー右上に、バナー広告が表示されることがあります。

バナー広告では画像でユーザーに訴求できるため、テキスト形式の広告よりも多くの情報をユーザーに届けられるメリットがあります。

ただし、バナー広告だけを出稿することはおすすめしません。

以前はバナー広告だけを出稿することもできましたが、現在は配信先に合わせた形式やサイズで広告が出稿されるレスポンシブ広告の1種として、バナー広告が表示されます。

現在でもバナー広告だけを意図的に出稿できますが、レスポンシブ広告を出稿するほうが効果は高いため、バナー広告だけだと広告効果を最大化できないのです。

表でわかる!リスティング広告とバナー広告の違い

ここからはリスティング広告とバナー広告の違いについて解説します。

ただし前提情報として知っておいていただきたいことは、リスティング広告とバナー広告は同格の概念ではないということです。

リスティング広告広告の配信面を示す用語なのに対して、バナー広告広告の表示形式を示す用語です。

これらの用語を並列で示すと、リスティングはディスプレイ広告と同格、バナー広告はテキスト広告と同格になります。

すこしややこしいですが、広告の理解を深めるために必要な情報なので、理解しておきましょう。

この前提情報を把握したうえで、リスティング広告とバナー広告の違いを確認していきましょう。

リスティング広告とバナー広告の違い
 リスティング広告バナー広告
広告フォーマットテキスト画像・動画がメイン
配信場所検索結果画面Webサイト
料金体系CPCCPC・CPMなど
広告効果コンバージョン獲得認知拡大・ブランディング

表を用いて詳しく解説していきます。

リスティング広告とバナー広告の違い1.広告フォーマット

リスティング広告とバナー広告のもっとも大きな違いは、広告フォーマットです。

リスティング広告テキスト形式なのに対して、バナー広告はその名のとおりバナー(画像)形式です。

リスティング広告はテキスト広告なので、ユーザーにより具体的な内容を伝えられます。

一方、バナー広告のフォーマットは画像・動画形式で出稿されることが一般的です。

バナー広告でもテキスト形式の広告を出稿できますが、テキスト形式にしてしまうとバナー広告のメリットがなくなることから一般的にはあまり使われていません。

バナー広告は商品イメージや企業イメージなど、ブランディング効果も期待できます。

画像や動画によって、文字では伝えきれないニュアンスや世界観を伝えられるからです。

そのためバナー広告は集客よりも、認知拡大・ブランディングに効果を発揮します。

広告フォーマットの違いによって、広告の効果も変化するので目的に応じて適切な広告を選ぶことが重要です。

リスティング広告とバナー広告の違い2.配信場所

リスティング広告とバナー広告では配信場所も違います。

リスティング広告の配信場所検索結果画面の広告枠です。

検索キーワードに連動して広告が表示されるため、そのキーワードに対して興味を持っているユーザーにアプローチできます。

そのため、アクションしてもらいやすく売上につながりやすいです。

一方、バナー広告GoogleやYahoo!JAPANのWebサイトや、ヤフーやGoogleと提携しているWebサイトにも広告が表示されます

ターゲティングの設定などによって、その広告に適切だと思われるユーザーに広告を表示するため、高い認知拡大効果が期待できるでしょう。

リスティング広告とバナー広告の違い3.料金体系

リスティング広告とバナー広告では料金体系にも違いがあります。

リスティング広告クリック課金型(CPC)で、広告がクリックされた数に応じて広告費が発生する課金方式です。

対してバナー広告は、クリック課金型の他にインプレッション課金型(CPM)という料金体系もあります

インプレッション課金型は、広告の表示回数に応じて広告費が発生する課金方式です。

バナー広告を利用する場合には、表示回数とクリック数を比較して、お得に広告が出稿できる方を選びましょう。

リスティング広告とバナー広告の違い4.広告効果

ここまででもリスティング広告とバナー広告の違いについて解説してきましたが、これだけは覚えておいていただきたいことが、広告によって広告効果も違うという点です。

繰り返しになりますが、リスティング広告は検索キーワードに連動して広告が表示されるという特性上、顕在層にアプローチできます。

悩みをすでに持っていて、その悩みを解決したいと考えているユーザーにアプローチできるので、売上への貢献が期待できます。

反対にそのキーワードを知らないユーザーや、そのキーワードを検索しないユーザーにはアプローチできません。

そのためリスティング広告は認知拡大には不向きです。

対してバナー広告認知拡大やブランディングに効果的な広告です。

バナー広告はディスプレイ広告の一種なので、あらゆるWebサイトで広告が表示されます。

まだ悩みを抱えていないユーザーや、悩みが具現化していない潜在層にアプローチできるのが強みです。

そのため、売上に直接的に貢献するというよりも、自社の商材を知ってもらって悩みができた段階で解決法の選択肢に入れてもらって、将来的な売上に貢献することが期待されます。

まとめると、売上を上げたい場合はリスティング広告、認知拡大・ブランディングが目的の場合はディスプレイ広告をそれぞれ用いると、広告効果を最大化できるということです。

ただし、広告の効果を最大化するには、適切なタイミングで適切な広告を出稿することが重要です。

自社商品が世の中に知れ渡っていないのに、自社商品の名前でリスティング広告を出稿しても検索されず、広告の効果はでません。

まずはディスプレイ広告で認知拡大し、ユーザーの悩みを具現化しましょう。

ユーザーの悩みが具現化されれば、

このように広告によってその効果は変化します。

目的に応じて適切な効果がある広告を選択できると、広告効果を最大化しやすくなるので、何を目的として広告をだすのかを明確にして広告を選んでみましょう。

リスティング広告がおすすめなケース

リスティング広告がおすすめのケースは以下2つのケースです。

リスティング広告がおすすめなケース

  • 自社の商材が認知されている
  • 商材に関するトピックやキーワードが明確である

このように自社商材や、それに関する市場ができている場合にはリスティング広告がおすすめです。

リスティング広告は検索に連動する広告なので、『検索されるキーワード』で広告を出稿する必要があります。

仮に検索数が0回のキーワードで広告をだしても、そもそも広告をみるユーザーが存在しないため、時間が無駄になってしまいます。

そのため、自社商材やそれに関連するトピックやキーワードが明確になっていて、検索される状態ができている場合にはリスティング広告がおすすめです。

自社が広告を出稿しようとしているキーワードが、検索されるキーワードかわからない場合は、Googleが提供しているキーワードプランナーを利用してみてください。

キーワードプランナーについては、当サイトの別記事で詳しく解説しています。

キーワードプランナーの使い方が知りたい方は、ぜひご一読ください。

キーワードプランナーへの内部リンク

バナー広告がおすすめなケース

バナー広告は以下のようなケースでおすすめです。

バナー広告がおすすめなケース

  • 自社の商材がまだ世間に認知されていない
  • 社会的にサービスが浸透していない

このような場合には、そもそもユーザーが検索をおこなえないため、リスティング広告の効果が期待できません。

つまり、自社商材が認知されていない場合や、市場自体ができあがっていない場合には、まず認知拡大をおこなう必要があるのです。

その認知拡大のためにバナー広告を利用しましょう。

バナー広告はディスプレイ広告の一種なので、あらゆるWebサイトに広告を出稿でき、認知拡大に向いています。

悩みを解決する方法を知らないユーザーや、自身の悩みに気づいていないユーザーなど、潜在層にアプローチできます。

バナー広告では、そのようなユーザーにアプローチすることによって、認知拡大・悩みの顕在化を促進し、将来的に商材を購入してくれる顧客を獲得できるのです。

【まとめ】マーケティング目標に合った広告で効果を最大化しよう

リスティング広告とバナー広告の違い、それぞれの広告がおすすめなケースを紹介しました。

リスティング広告は顕在層にアプローチする広告なので、商材の認知拡大ができている状態で利用することをおすすめします。

反対にバナー広告は潜在層にアプローチする広告です。

商材の認知拡大ができていない場合には、ディスプレイ広告の一種であるバナー広告をおすすめします。

マーケティングの目標に合った広告を利用することで、広告の効果を最大化できるでしょう。

リスティング広告とバナー広告で迷った場合には、まずは広告出稿するサービス・商品のマーケティング目標を振り返ってみてください。