広告の顧客獲得単価「CPA」とは?計算・目安・活用方法について

study

CPAとは

インターネット広告の広告評価指標として非常に重要なCPA(Cost Per Action/Cost Per Acquisition)について解説します。

CPAとは

CPAとはCost Per ActionまたはCost Per Acquisitionの頭文字をとった略称です。

日本語に直すと顧客獲得単価といわれておりますが、詳しくは「コンバージョン(成果)1件あたりにかかった広告費用」のことを意味します。

CPAの計算について

計算方法

CPAは、コンバージョンの総費用をコンバージョンの総数で割って算出することができます。

計算式にすると

「顧客獲得単価(コンバージョン単価、CPA、Cost Per Acquisition)=コスト÷獲得数」

CPAとは

例えば、広告経由でコンバージョンが2回発生し、費用がそれぞれ200円と400円だった場合、CPAは300円となります。

「600円(コスト)÷ 2件(獲得数) = 300円 」

このようにシンプルな計算式でCPAを求めることが可能です。

数値からわかること

上記の計算方法で原価などと比較して考えることで、その商品を売って最終的に利益につながるかどうかを判断する指標になります。

CPAの数字が実際にかけているコストを上回っている場合の広告運用は、うまく効果が出せていないという判断ができます。

逆に少ない広告費で多数のコンバージョンを生み出せる広告はよい広告という判断となります。

つまり、CPAは広告の費用対効果を示す、webマーケティングには欠かせない指標なのです。

参考:平均コンバージョン単価 / Google広告ヘルプ

CPAの目安

リスティング広告の相場は、サービス単価、商品価格に応じて大きな幅があります。

企業として広告を出稿する場合、1ヶ月あたりの広告費用は30〜50万円前後が目安となるでしょう。

CPAは許容できる広告費用から逆算して設定をおこないますが、単純に安く抑えればよいというものではなく、リスティング広告においては入札額に応じて掲載順位が決定されるため、CPAの設定が顧客獲得規模に大きく影響します。

まずはテストで出稿をおこない、おおよその広告効果を把握してから許容CPAの制限をどこに置くかを検討するのがよいかもしれません。

CPAの活用方法

それでは最後に、CPAがなぜ非常に重要となってくるのかという理由と活用方法について説明します。

リスティング広告においてはいかに低コストでコンバージョンを増やすかが大切になります。費用対効果を上げる際にCPAの理解が非常に重要となってくるのです。

広告費における費用対効果を測定するうえで、最も理解しやすいのがCPAの数値です。

では、CPAの数値を追うことだけで最良の広告となり、課題が解決されるのかというとそうではありません。

コンバージョンにつなげるまでの過程で、CPCやCVRなど、CPAと一緒に利用されることが多い指標も分析すべき数値の対象となります。

※CPCに関する詳しい内容は下記の記事をご覧ください。

こちらで解説:CPCとは? / エクスコア Webma

費用対効果を追求するためには深く課題を調査する必要があり、関連する数値の理解もマストとなってきます。

CPAをはじめとする関連用語の理解と適切な活用が広告出稿の最適化を実現し、低コストで顧客を獲得できる近道かもしれません。