広告のクリック単価「CPC」とは?CPCの計算と改善方法

study

CPCとは

インターネット広告の掲載に関連する単語であるCPC(クリック単価)について説明します。

CPCとは

CPCとは【Cost Per Click】の略称で、日本語ではクリック単価とも呼ばれ、1クリックあたりの費用のことを言います。

インターネット上の広告において1クリック毎に課金される方式の広告がありPPC(Pay Per Click)と呼ばれます。

その1クリックあたりの費用を指しCPCと呼びます。

CPCとは

例「あのアカウントのCPCって上昇した?」

CPCの計算方法

広告費の総額÷クリック数=CPC

例:広告費の総額が10万円でクリック数が5,000回だった場合にはCPCは20円

ちなみにこちらはカシオのke!sanというサイトでも計算ができます。
(参照:https://keisan.casio.jp/exec/system/1371524838)

CPCの相場の決まり方

自身が設定する入札単価に加え、自身の広告の品質、広告ランクの最低基準、ユーザーの検索状況、競合の入札状況などによって決定されます。

また、それらも一定ではなくユーザーが検索をする度にオークションが発生しており、CPCの管理は広告の運用上一つの重要な指標になっています。

また競合の入札状況は、一定の範囲で推測が可能になります。

例えば「1度に売り切り型の商品で、1度の取引で200円の粗利が発生するサービス」でCPCが200円を超えることはまずあり得ません。

競合サービスの立場から考えると自身が赤字になる施策は特別な状況をのぞいては考えにくいからです。

自社で広告を運用される際も自社のビジネスでだすことができる広告予算と、見込める成果などのバランスをもとにCPCなどの指標を決定するのがオーソドックスな手法です。

CPCの改善方法

CPCを改善するには広告の品質を高めていくことが重要です。*Googleによれば「品質スコアが高くなるほど、入札単価を低くおさえつつ、広告掲載順位を上げることができます。」と記載がされています。

広告の品質は以下3つの基準によって決まります。

1:推定クリック率
2:広告の関連性
3:ランディングページの利便性

このように3つの要素のスコアをあげながら広告の運用をしていくことを心がけましょう。

CPCに関連する記事
 参考:https://support.google.com/google-ads/answer/140351?hl=ja