投資対効果の指標「ROI」とは?計算方法と効果的な使い方について

study

ROIとは

広告投資や事業投資の際の効果測定で用いられることが多いROIについて、正しい意味を解説します。

ROIとは

ROIとはReturn on Investmentの頭文字をとった略称です。

日本語に訳すと「投資対効果」や「投資利益率」と呼ばれ、投資した資本においてどれほどの収益性があるのかを測る指標のことです。

企業や事業における収益力や投資資本の運用効率を見る際に役立ちます。

事業や企業単位で見ることも可能な指標であるが、インターネット広告では広告投資に絞って計算をすることも多いです。

ROIの計算方法

ROI = (平均利益単価 × コンバージョン個数 ― コスト) ÷  コスト × 100

ROI

例えば「インターネット広告に60万円」投資をされた広告主が、広告経由から利幅5,000円の商品を300個販売した場合のROIの計算式は以下のようになります。

(5,000円× 300 – 600,000円) ÷ 600,000円 × 100=150%

このようにROIが100%を超えている場合は、投資効果があると分析することができ、広告のキャンペーンや事業毎にROIを計算することで収益性の高い収益性の低い広告キャンペーンや事業を把握することができるようになります。

ROIは高ければ高いほど、その投資の効果が高く出たと判断ができます。

ROASとの違いについて

よく混同されるROASとの違いについて説明します。

似たような概念で混同しがちになりますが、違いを抑えて今後の広告運用に役立てていきましょう。

※ROASに関する詳しい内容は下記の記事をご覧ください。

こちらで解説:ROASとは? / エクスコア Webma

ROI=「広告費に対する利益を表す」指標のこと

ROAS=「広告運用に対する売上を表す」指標のこと

ROIは利益のパフォーマンスを見る指標であり、ROASは売上のパフォーマンスを見る指標です。

ROI、ROASは片方だけではなく、どちらも算出して投資に見合った効果が出ているのかを確認する方法で活用していきましょう。

ROIの性質をふまえた効果的な使い方

ROIは広告費に対する利益を表しているため、どの広告がどれだけ採算が取れているかを数値として可視化することができます。

例えば、ある企業がROI=-10%の広告AとROI=40%の広告Bを運用していたとします。

この場合、この企業は利益が上がっていない広告Aの運用をやめ、利益が上がっている広告Bにより広告費を費やす施策をとるでしょう。

このように、ROIを用いることでより採算性の高い広告に投資することができます。

一方、長期的な施策に関する広告運用の効果を測る指標としては適切でないので、注意が必要になります。

上記の例ですと、ROIを判断基準にしている場合は広告Aが長期的な施策であり、1年後には広告Bよりも利益が得られる施策だとしても広告Bよりもないがしろにされてしまう可能性が高くなってしまうからです。