ネガティブSEOとは?適切な評価を得るために知っておきたい見分け方と対処法

study

ネガティブSEOってなに?

ネガティブSEOを見分ける方法はあるの?

このような疑問をお持ちではないでしょうか。

SEOは検索エンジンで自分のWebサイトを上位表示する対策ですが、ネガティブSEOはそれとは異なる概念であり、理解しておかないとSEOの適切な評価を得ることができません。

そこでこの記事では、ネガティブSEOの概要や事例、対処法を解説します。

SEOで適切な評価を得たい方や、SEOにこれから注力したい方はぜひ参考にしてください。

ネガティブSEOとは?

ネガティブSEOとは、他社のWebサイトの順位を下げる行為を指します。

SEOは本来、自社サイトの順位を上げる対策。

対してネガティブSEOでは、他社サイトの順位を下げて自社サイトを相対的に上げる目的で行われます。

しかしGoogleは検索順位を不正にコントロールする行為を禁止しています。

そのためネガティブSEOを行うことで自社サイトの順位が下がったり、検索結果に表示されなくなるという可能性もあるのです。

ネガティブSEOで他社サイトの下げるよりも、自社サイトの順位を上げるまっとうなSEO対策を行いましょう。

逆SEOとの違い

ネガティブSEOと混同されがちな概念として、逆SEOがあります。

逆SEOとは、自社サイトの順位を上げることで他社サイトの順位を相対的に下げる対策を指します。

たとえば、飲食店のレビューサイトで事実と異なるレビューを書かれたり、悪意のあるレビューが書かれた場合には、そのレビューサイトが上位表示されると売上にも影響を及ぼしかねません。

このような場合に、他社サイトの順位を下げる目的で、逆SEOが使われます。

逆SEOとネガティブSEOの違いは対象サイトです

逆SEOでは対象が自社サイト、ネガティブSEOでは対象が他社サイトです。

ネガティブSEOは他社サイトに直接影響する行為ですが、逆SEOは自社サイトが対象なので、正しい対策を行えばペナルティを受ける可能性はありません。

逆SEOとネガティブSEOは別物だと覚えておきましょう。

次の章ではネガティブSEOの事例を紹介します。

ネガティブSEOの例

ネガティブSEOでは、検索順位を下げたいWebサイトに対して、スパムリンクを貼ることが一般的によく行われます。

具体的な手法としては、スパム認定されているWebサイトからのリンクを短期間で大量に貼ることが一般的です。

スパムリンクを大量に貼ることで、リンク先のWebサイトもスパム認定されるように仕向け、順位下落を狙うという仕組みです。

Webサイトがスパム認定されてしまうと検索順位が下がるだけでなく、Webサイトが検索結果に表示されなくなる可能性もあります。

そのためネガティブSEOを影響を受けないためにも、スパムリンクを見分けて対策する必要があります。

ネガティブSEOの見分け方

ネガティブSEOの影響を受けないためには、スパムを見分ける必要があります。

主に4つの見分け方があるので、参考にして自社がネガティブSEOを受けていないか確認してみましょう。

ネガティブSEOの見分け方

  • 海外からの覚えのない被リンク
  • コンテンツがほとんど無いウェブサイト
  • アンカーテキストがコンテンツと無関係
  • コピーコンテンツを利用したダミーサイト

それぞれ解説します。

見分け方1.海外からの覚えのないWebサイト

ネガティブSEOでよくあるリンクが、よくわからない海外サイトからの被リンクです。

そもそも海外展開していない企業のWebサイトに、海外からのリンクが貼られることは少ないです。

リンク元のWebサイトを見たときに、日本語以外の言語で特に自社に関係なさそうであれば、リンクを否認しましょう。

リンクの否認方法は、後の章で詳しく解説しています。

リンクをすぐに否認したい方は、以下のリンクから具体的な方法をご確認ください。
対処法1.リンクの否認

見分け方2.コンテンツがほとんど無いウェブサイト

コンテンツがほとんど無いWebサイトもネガティブSEOの可能性があります。

トップページのみのWebサイトや、更新がほとんどされていないWebサイトからリンクが貼られている場合にはリンクを否認しましょう。

またコンテンツが無いページからのリンクが、ネガティブSEOか判断できない場合にも、リンクの否認を推奨します。

GoogleはページランクというWebサイトの評価を、リンク先のWebサイトにも渡す仕組みを採用しています。

コンテンツが無いページはGoogleからの評価が低いことがほとんどなので、ネガティブSEOでない場合にも、被リンクの効果は期待できません。

そのため、コンテンツの無いWebサイトからのリンクは基本的に否認しても問題ありません。

見分け方3.アンカーテキストがコンテンツと無関係

ネガティブSEOを見分ける際にもう一つ重要視していただきたい要素が、アンカーテキストです。

※アンカーテキストとはリンクを表示する際の文言のこと。

アンカーテキストがリンク先のページと無関係な場合には、Googleが不適切なリンクだと認識してしまう可能性があります。

そのため、リンク元のアンカーテキストを確認して、自社ページとの関連性がない場合には、リンクを否認しましょう。

見分け方4.コピーコンテンツを掲載しているダミーサイト

ネガティブSEOはスパムリンク以外に、コピーコンテンツを掲載したダミーサイトを利用する場合もあります。

ダミーサイトを作成し、虚偽のDMCA申請を行うことで、検索結果から該当するサイトを削除するという手法です。

DMCAとは

DMCAとはアメリカ合衆国で1998年に成立・施行されたデジタルミレニアム著作権法。著作権侵害に対し無過失責任性をとっており、故意過失がなくても処罰の対象になります。
インターネットサービスプロバイダに対しては、著作権侵害に繋がる事態、もしくは著作権侵害行為に迅速な対処をすることで法的に罰せられることを回避する条項が設けられています。

コピーコンテンツやダミーサイトを見つけた場合には、Webサイトの運営者に連絡するか、DMCAの削除申請を行いましょう。

ネガティブSEOの対処法

ネガティブSEOは事前に予防することは難しいため、継続的に対策する必要があります。

主な対策は2つあります。

ネガティブSEOの対処法

  • リンクの否認
  • DMCAの削除申請

それぞれ解説します。

対処法1.リンクの否認

1つ目の方法はリンクの否認です。

リンクの否認はGoogleサーチコンソールを使い、次の手順で行いましょう。

リンクの否認手順

  1. スパムリンクを抽出する
  2. スパムリンクを否認する

1.スパムリンクを抽出する

Googleサーチコンソールを使えば、被リンクの一覧データを抽出することができます。

抽出したデータからスパムリンクを洗い出しましょう。

1.Googleサーチコンソールにログイン

サーチコンソールのログイン後画面

2.サイドバーの「リンク」をクリック

サーチコンソールの「リンク」画面

3.ページ右上にある「外部リンクをエクスポートする」をクリック

サーチコンソール 外部リンクのエクスポート

この手順で被リンクの一覧データを抽出できます。

抽出できたデータからスパムリンクをテキストファイルに1行ずつテキストファイルに書き出しましょう。

特定のWebページからのリンクのみを否認したい場合には、該当するWebページのURLを記載。

否認したいリンクが多すぎる場合には、ドメインを記述することで該当するWebサイト全体のリンクを否認することができます。

テキストファイルでのリンク記述例

https://example.com/blog/1234
https://example.jp/contents/5678
https://example.co.jp

※テキストファイルを保存するときには文字コードを「UTF-8」もしくは「7-bit ASCII」で保存してください。

2.スパムリンクを否認する

テキストファイルをまとめたら、リンクを否認しましょう。

リンクの否認はGoogleサーチコンソールの以下のページから行えます。

サイトへのリンクを否認する

上記のページにログインしたら、リンクの否認をクリックし、否認したいリンクをまとめたテキストファイルをアップロードし、送信ボタンをクリック

否認リストのアップロード

この手順でスパムリンクを否認することができます。

少し手間ではありますがペナルティを避け、SEOの適切な評価を受けるためにも定期的に実施することをおすすめします。

対処法2.DMCAの削除申請

2つ目の方法がDMCAの削除申請を行うことです。

前述した通り、アメリカではDMCA(デジタルミレニアム著作権法)という法律があり、著作権侵害を規制しています。

アメリカの法律なので日本では適用されませんが、Googleはアメリカの企業なのでDMCAの削除申請を行うことで、検索結果からダミーサイトを削除してもらえる可能性があります。

GoogleにDMCAの削除申請を行う場合は、以下のページから申請できます。

著作権侵害による削除

【まとめ】ネガティブSEOを対策して評価を最適化

SEOではネガティブSEOと呼ばれる、他社サイトの順位を下げようとする悪質な手法が行われることがあります。

ネガティブSEOは継続的に対策しなければ、自社サイトの評価が正しくされない可能性があります。

あなたがまだネガティブSEOの対策をしたことがないようであれば、今回紹介したネガティブSEOの見分け方や対処法を参考にしてください。

ネガティブSEOを対処してもSEOの評価が上がらない場合には、代理店への依頼を検討するべきかもしれません。

弊社エクスコアでは、現在、期間限定でSEOの無料診断を行っています。

下記のバナーからお問い合わせいただければ、弊社コンサルタントが無料でお客様のWebサイトに必要な施策をご提案いたします。

まずはお気軽にお問い合わせください。