URLの変更時に必要な301リダイレクトとは?SEOへの影響と正しく設定する方法

study

301リダイレクトってなに?
301リダイレクトの正しい設定方法が知りたい。

この記事を読んでいるということは、あなたもこのような疑問をお持ちではないでしょうか?

リダイレクトにはさまざまな種類があり、しっかりと使い分ける必要があります

この記事では、301リダイレクトを設定する理由や設定が必要なケースを紹介した上で、正しい設定方法を紹介します。

301リダイレクトの知識を吸収したい方はもちろん、実装したい方も是非参考にしてください。

301リダイレクトとは

301リダイレクトとは、ステータスコードの1種です。

もともと存在したURLが変更された際に、指定したURLへ転送するために使われます

301リダイレクトを設定することで、指定したURLに半永久的に転送することができます。

これによりユーザーを正しいページに誘導することができ、機会損失を防ぐことが可能です。

また検索エンジンの評価も転送先のページに引き継げることから、SEOの観点でも設定が必要不可欠です。

301リダイレクトと302リダイレクトの違い

301リダイレクトの他に、302リダイレクトというものもあります。

この2つは何が違うのでしょうか?

以下の表に2つの違いをまとめました。

301リダイレクトと302リダイレクトの違い
 301リダイレクト302リダイレクト
役割半永久的に転送一時的に転送
使う場面サイト移転時やURLの正規化を行なうときスマホページへ転送するときやサイトのメンテナンス中
リダイレクト先指定したページ元ページ
ページの評価引き継がれる引き継がれる

大きな違いは、それぞれの役割です。

301リダイレクトは半永久的に転送するのに対して、302リダイレクトは一時的に転送します

そのため、それぞれ使用する場面も異なります。

詳細は後述しますが、301リダイレクトはサイトの移転時やURLの正規化を行なうときに使われ、302リダイレクトはスマホページへの転送やサイトメンテナンス中に使われます。

またリダイレクト先が指定したページか、元ページかも異なる点です。

次に301リダイレクトを設定する理由を紹介します。

301リダイレクトを設定する理由

301リダイレクトを設定する理由は主に2つあります。

301リダイレクトを設定する理由

  • 流入を逃さないようにする
  • 検索エンジンの評価を最適化する

301リダイレクトの効果を最大化するためにも確認しておきましょう。

流入を逃さないようにする

1つ目の理由は流入の機会を逃さないようにするためです。

301リダイレクトに限った話ではありませんが、リダイレクト設定をしていなければコンテンツが表示されないため、ユーザーは離脱してしまいます

リダイレクトを設定することで、ユーザーを正しいページに導くことができるため、流入機械の損失やユーザビリティを損ねる危険性を回避できるのです。

検索エンジンの評価を最適化する

もう一つの理由は検索エンジンからの評価を最適化することです。

リダイレクト設定を行なうことで、変更前のページからリダイレクト先のページへ検索エンジンの評価を引き継ぐことができます

Googleのゲイリー・イリェーシュ氏は、「30xのリダイレクトでPageRankが失われることはない」と公表しています。

URLの変更があるにもかかわらずリダイレクト設定をしないと、変更前のページへの検索エンジンからの評価がリダイレクト先のページに引き継がれません。

このようにユーザーや検索エンジンからの評価を損ねないために、301リダイレクトが使用されます。

301リダイレクトの設定が必要なケース

では次に301リダイレクトの設定が必要なケースを紹介します。

301リダイレクトの設定が必要なケースは、一言でいうと「URLの変更があるとき」です。

301リダイレクトの設定が必要なケース

  • サイトを移転した場合
  • ページの移転完了後に元のページに戻ることがない場合
  • URLの正規化を行なう場合
  • SSL化した場合

サイトやページの移転がある場合には、明らかにURLの変更があるため301リダイレクトを使いましょう。

また重複コンテンツを回避するためにURLの正規化を行なう場合や、httpsとhttpを統一するSSL化を行なう場合などURLの変更が比較的軽微であっても、301リダイレクト設定を行なう必要があります。

301リダイレクトの正しい設定方法

それでは301リダイレクトを正しく設定するにはどうすればよいのでしょうか。

この記事では手動で設定する方法とツールで設定する方法の2つを紹介します。

手動で設定する方法

301リダイレクトを手動で設定するには、.htaccessファイルに301リダイレクトの記述を行ないます

.htaccessとは、Webサーバーの動作を制御するためのファイルです。

301リダイレクトだけでなく、特定のIPアドレスからのアクセスを制限したり、ベーシック認証を設定したりと様々なことができます。

この.htaccessファイルに、以下の記述を含むことで301リダイレクトを設定できます。

新しいドメインに301リダイレクトする場合の記述

RewriteEngine on

Redirect permanent / https://example.jp/
※ドメインのみが変わり、下層ページのURLは変わらない場合のみ

wwwなしに統一する場合の記述

Options +FollowSymLinks

RewriteEngine on

RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www\.example\.jp$

RewriteRule ^(.*)$ https://example.jp/$1 [R=301,L]

index.htmlなしに統一する場合の記述

Options +FollowSymLinks

RewriteEngine on

RewriteCond %{THE_REQUEST} ^.*/index.html

RewriteRule ^(.*)index.html$ https://example.jp/$1 [R=301,L]

サイト全体でSSL化する場合の記述

RewriteEngine on

RewriteCond %{HTTPS} off

RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

.htaccessファイルは前述したとおり、リダイレクト以外の設定もできます。

記述をミスするとサイトにアクセスできなくなる可能性も0ではないため、記述が間違っていないか必ず確認しましょう。

ツールで設定する方法

サイトがWordPressであれば「Redirection」というプラグインを使うことで、簡単にリダイレクトの設定を行えます。

Redirectionプラグイン

使い方は簡単でフォームにリダイレクト元のURLとリダイレクト先のURLを入力するだけで、301リダイレクトの設定ができます。

手動での設定に抵抗を感じる方は、ぜひこちらのプラグインを使ってみてください。

301リダイレクトを設定する際の注意事項

最後に301リダイレクトを設定する際の注意事項を4つ解説します。

301リダイレクトを設定する前にこれらも押さえておきましょう。

301リダイレクトを設定する際の注意事項

  • サーバによって301リダイレクトが使えない場合がある
  • 最低1年は維持する
  • 流入が減少する可能性がある
  • robots.txtの制御を解除する必要がある

サーバによって301リダイレクトが使えない場合がある

利用しているサーバーによっては.htaccessが利用できないために、301リダイレクトは使えない場合があります

このような場合は301リダイレクト以外の方法で対処しましょう

301リダイレクト以外の対処方法

  • RubyやPHPなどのプログラムを使う
  • canonicalタグを使う
  • meta refreshタグを使う
  • JavaScriptを使う

RubyやPHPなどのプログラムでも301リダイレクトを設定することができます。

SEOの観点でも.htaccessで行なった場合と同じ結果を得られるため、.htaccessが使えない場合にはこの方法をまずは実践してみましょう

またcanonicalタグを使う方法もあります。

しかしこの方法は強制力はないため、必ずしも設定どおりになるわけではないため注意しましょう。

他にもmeta refreshタグやJavaScriptを使う方法もありますが、正しくリダイレクトできない可能性もあります。

もし.htaccessが利用できない場合には、RubyやPHPなどのプログラムやcanonicalタグを使うことをおすすめします。

最低1年は維持する

リダイレクトの設定は1年以上は維持しなければいけません

なぜなら1年以上リダイレクトを維持することで、検索エンジンからの評価の引き継ぎが完了するためです。

Googleのジョン・ミュラー氏は「リダイレクトの設定はどれくらいの期間維持するべきか?」という質問に対して、「少なくとも1年を目標にする必要がある」と回答しています。

また、同じくGoogleのゲイリー・イリェーシュ氏もTwitterで同様の投稿をしています。

これらのことから、リダイレクトの設定は1年を目処に解除しても問題ないでしょう。

ただし1年経過後もユーザーがリダイレクト前のURLにアクセスする可能性がある場合には、ユーザーの離脱やユーザビリティを損ねるため、リダイレクトの設定を維持しましょう。

流入が減少する可能性がある

301リダイレクトはページの評価を引き継ぐことができますが、実は流入が減る可能性もあります

Googleのジョン・ミュラー氏は、Twitterで「ウェブサイトを移動すると、ほとんどの場合、一時的な変動はすぐに収まりますが、別のドメインでまったく同じパフォーマンスが得られるという保証はありません。」と投稿しています。

検索エンジンのシステム上どうすることもできませんが、流入が減少する可能性があることは覚えておきましょう。

robots.txtの制御を解除する必要がある

301リダイレクトを設定する際には、robots.txtの制御を解除しましょう

robots.txtの制御が解除されていないと、リダイレクトの反映まで時間がかかってしまう可能性があります

検索エンジンはクローラーが回遊してリダイレクトを認識しているため、robots.txtが解除されていないとクローラーが回遊できず、リダイレクトの認識に時間がかかってしまうのです。

少し手間ですが、301リダイレクトを設定する際にはrobots.txtの制御を解除しましょう。

【まとめ】301リダイレクトを設定するページを見極めて適切なサイト運用

サイトの移転やURLを正規化する際には、301リダイレクトを設定する必要があります。

設定するページをしっかりと見極めた上で、正しく301リダイレクトを設定しましょう。

正しく設定することで、検索エンジンからの評価を適切に引き継ぐことができます

301リダイレクトを設定する際には、.htaccessファイルを使いましょう。

ただし記述ミスがないように確認を怠らないように注意しましょう。

またサーバーによっては.htaccessファイルを使えないため、その場合はcanonicalタグやRubyやPHPを使いましょう。

リダイレクトの設定はSEOのなかでもテクニカルな領域なので、設定が難航する場合には代理店へ依頼することも検討することをおすすめします。

SEOのその悩み、
エクスコアに相談してみませんか?/

  • 「SEOに取り組んでいるのに、
    上位表示されない」
  • 「上位を獲得しているけど、
    売上につながらない」
  • 「SEOを始めたいが、
    何から手をつけたら良いかわからない」

このようにお悩みなら、
ぜひエクスコアにご相談ください!
エクスコアではお客様のSEO対策を
サポートしております。

お問い合わせ・資料ダウンロードは、
どなたでも無料でご利用いただけます。
どうぞお気軽にお問い合わせください。