Twitterがテスト中の機能「フリート」とは?本導入された場合のマーケティングへの影響を考察

NEWS

Twitterがテスト中の機能「フリート」とは?本導入後のマーケティングへの影響

2020年3月4日、Twitterが新たな機能「フリート」のテストをブラジルで行なっていると、公式ブログで公表しました。

本格的な実装や日本での実装は未定ですが、筆者としては本格的に実装される可能性が高いと考えています。

実装されれば、今後のSNSマーケティングやTwitter広告にも影響があるでしょう。

そこで、今回は「フリートの機能紹介」と「実装された場合の影響」について、解説していきます。

Twitterがテスト中の機能「フリート」とは?

フリートはTwitterがブラジルでテスト中の新機能です。

フリート(Fleet)には「素早く動く」「急に過ぎる」などの意味があります。

その意味から伺える通り、フリートは投稿後24時間でコンテンツが削除されます。

いわば、Instagramのストーリーのような機能ですね。

フリートではツイート同様にテキスト・画像・動画・GIFを投稿でき、フリートを投稿したユーザーのフルプロフィールにアクセスできるユーザーのみが閲覧できます。

また、フリートへのレスポンスはダイレクトメッセージのみで、いいね・リツイート・コメントは行えません。

フリートの実際のインターフェースについては、以下のツイートをご覧ください。

フリートが生まれた背景としては、「通常のツイートに対してストレスやプレッシャーを感じるユーザーに、気軽に投稿してもらいたい」「アイデアや瞬間的な意見を共有するもの」というTwitter社の思いがあります。

Twitterでは炎上が生まれやすいこともあり、投稿を気軽に行えないユーザーがいることをTwitter社は問題視しているようです。

それを解決するためにフリートの開発・テストに踏み切ったと言うところでしょう。

【考察】フリートが与える影響

ここからはフリートが実装された場合の影響を考察します。

フリートが実装された場合、Twitterユーザーへの影響は当然大きいでしょう。

それに伴い、マーケティングにも影響があると考えています。

  • Twitterユーザーに与える影響
  • マーケティングに与える影響

上記2点について筆者の考察を述べていきます。

考察1.フリートがTwitterユーザーに与える影響

フリートが日本に実装された場合、通常のツイートが減るのではないかと筆者は考えています。

日本で24時間経過後に削除される投稿といえば、Instagramのストーリーが真っ先に思い浮かぶのではないでしょうか。

Instagramの場合、ストーリー機能が2016年に実装されて以来、ストーリーへの投稿が増加し、いまや通常の投稿を上回る勢いです。

このことから、Twitterでも通常のツイートが減少し、フリートの利用率が高くなるのではないかと考えています。

というのも、Twitterの特性上、炎上しやすいことが背景にあると考えています。

TwitterはテキストメインのSNSのため、個人の考えや主張が記載された投稿が多く、共感できなかったり齟齬が起きることも少なくありません。

また、拡散力が高いこともあり炎上が起こりやすいのです。

これは、ツイートがタイムラインに強制的に露出されることも要因の1つだと考えられます。

対して、フリートの場合はタイムラインに露出せず、フリート投稿ユーザーのフルプロフィールにアクセスできないため、炎上のリスクは軽減されるのではないでしょうか。

このような観点から、ツイートの投稿数が減少するのではないかと思います。

考察2.フリートがマーケティングに与える影響

フリートの登場により、ユーザー行動が変わるということは、マーケティングにも当然影響を与えます。

フリートが実装された場合に、確実視されるのはフリート広告の登場でしょう。

Instagramのストーリーは2016年に実装され、2019年にはInstagramを毎日利用する人がストーリーを投稿・閲覧する割合は7割」と報告されています。(引用:Instagramを毎日使う人の7割が「ストーリーズ」を利用–広告の成長に期待

この利用率の高さから、ストーリー広告は多くの広告主から利用されています。

ストーリーの実績を考えると、フリートも利用率の増加や広告の登場が実現するでしょう。

また、通常の投稿とフリートを掛け合わせたマーケティング施策も、重要になると考えられます。

フリートの詳細な仕様はまだ把握できていませんが、「拡散力が高く露出度が高いツイート」と「拡散力は低く露出度が低いフリート」を掛け合わせたマーケティング戦略が、今後のTwitterマーケティングを成功させる重要なポイントになるかもしれません。

まとめ

Twitterがテスト中の新機能「フリート」。

実装されれば、Twitterユーザーはもちろん、マーケティングにも大きな影響を与えそうな昨日ですね。

今回はフリートの機能と筆者の考察を紹介しましたが、実装された際には詳細な機能やマーケティングへの活用方法も紹介します。

Twitterマーケティングを行なっていらっしゃる場合には、今のうちからフリートを利用したマーケティング施策を考えておくと良いかもしれません。